AJCC2019予想、フィエールマンの1強レース?それとも危険な人気馬?

Pocket

ここではAJCC2019の予想をしていきます。
ちなみにAJCCはアメリカジョッキーズクラブカップの略称です。

古馬G2という重厚な条件に加え
中山芝2200mというタフなコースで行われるので
実力勝負となりやすいレースになっています。

本命党が喜びそうなレースですが
そんなAJCC2019をどう攻めていくのか?

どういうスタンスで馬券を買えばいいのか?
堅い決着なのか?荒れるレースなのか?
穴馬は存在するのか?

AJCC2019の雑感についても話していきたいと思います。

 

 

こんにんは、MOTOです。

 

夏競馬は盛り上がらないですが
冬競馬って意外に盛り上がりますよね。

年明けの京都金杯、中山金杯から始まって
古馬G2であるAJCC、京都記念、日経新春杯が行われますし

明け3歳の世代からクラシックを狙うような
共同通信杯、きさらぎ賞、京成杯といった重賞もあれば

フェブラリーステークスを見据えた
根岸ステークスや東海ステークスも行われて

かなり番組が豊富です。

 

で、私が個人的に好きなのは「古馬G2戦」です。

先週行われた日経新春杯はハンデ戦という事で
格の重さがないので、それほど好きではないのですが

AJCCとか京都記念とかは大好きです。


(2018京都記念 クリンチャー)

 

昨年もレイデオロが京都記念に出てきましたよね。

今年のAJCCもこの時期のG2としては超豪華メンバーなので
楽しみで仕方がありません。

 

という事で、AJCC2019の話に行きましょう。

 




 

AJCC2019はどんなレース?

 

今週の日曜日はAJCCが行われます。


(2018AJCC ダンビュライト)

 

AJCCは中山芝2200mという変則コースで行われます。

 

このレース過去の傾向を見てみると

重賞で実績のある馬、格のある馬が強いんですよね~

そして、ベテラン勢が活躍しているように
能力よりも適性が重視されるレース。

 

ですので、パワーがある馬、先行力がある馬を狙っていきたいですね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

格段にパワーアップしているのはあの馬!

競馬セブンではAJCCで激走するべく
状態面が最高潮である馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そしてAJCC3点勝負買い目も無料公開します!

天皇賞秋を1点的中させた極秘情報を堪能して下さい。

AJCC3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

1番人気フィエールマンは信頼できるのか?

 

さて、今年のAJCC2019のメンバーを見てみると
圧倒的な1番人気になる馬の名前があります。

その馬が

フィエールマン です。


(圧倒的な人気が予想される フィエールマン)

フィエールマンは言わずと知れた菊花賞馬で

全成績は【3.1.0.0】とパーフェクト

おそらく単勝は1.5倍前後になるのではないかなぁ

と思っています。

 

今年の明け4歳馬は強いですし
まあそれだけの人気になるのは当然と言えば当然ですよね。

 

ただ、私はフィエールマンを軸にはしません。

軸にしない理由は、

単勝1倍台で買ってもつかないから
というしょうもない理由ではありません。

ズバリ

”未知の要素がたくさんあるから”

です。

 

このレースは明確にパワー適性が高い馬が強いレースです。

ただ、フィエールマンにそれがあるのかが分からないんですよね~

 

前走出走した菊花賞の内容を見てみると

1000m通過タイムが1分2秒7

2000m通過タイムが2分6秒9

(間の1000mタイムは1分4秒2)

と、超絶スローペースでした。

 

その結果、上がり33秒台の馬が5頭出てくるような

距離適性が全く問われないレース

でした。

 

言い方を変えれば、

長距離(特殊条件)が苦手な
ディープインパクト産駒が走りやすい流れだった

という事です。

 

過去のAJCC種牡馬別成績を見てみると
ディープインパクト産駒は2勝2連対を果たしているので

ディープインパクト産駒でも全然走れるじゃん!!

 

と、思うかもしれませんが

勝ち馬はディサイファ、ダノンバラードと
パワーに寄った持久力型のディープ産駒

2着に入ったサクラアルディートも瞬発力があった馬ではありません。
(もう1頭のゼーヴィントはディープっぽさはありますが)

 

ディープインパクト産駒らしい切れ味を持っている

フィエールマンは適性面では他の馬に大きく劣ります。

まあ、能力的には現時点で一番高いと思うので
適性の薄さを能力でカバーされてこられたら

まぁ、仕方がないのですが、単勝1倍台の馬だったら
頭にしない方が断然期待値は高いと思っています。

 

当てたいと思ってしまうと切れない馬ですが

1年単位で勝負をしている私としては

十分切るに値する馬だと思っています。

 

フィエールマンが本命にはならないと決めても
替わりに買う馬が決まっていないと
馬券的な勝負はしづらくなります。

 

という事で、AJCC2019でフィエールマンに続く
人気馬について話をしたいと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

フィエールマンを倒すのはあの馬!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
AJCCの無料予想を公開します!!

今年のAJCCは3連単10万円を
記録した菊花賞よりもおいしいレース!

以下をクリックして登録して下さい。

AJCC予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

AJCC2019でフィエールマンに続く人気馬は?

 

という事で、AJCC2019でフィエールマンに続く
人気馬になるであろう馬についてお話をしましょう。

 

まずは昨年のチャンピオンである

ダンビュライト です。

 

ダンビュライトは昨年のAJCCで勝利しているように
中山芝2200mへの適性がある馬です。

昨年秋のオールカマーでは3着と負けていますが

このレースは明らかに騎手の乗り方が悪くて
ダンビュライトの持ち味を発揮できていませんでした。

 

ダンビュライトはスタミナとパワーが持ち味なので
後方で脚を溜めてもあまり威力を発揮しないんですよね。

昨年のAJCCでデムーロ騎手が見せたような騎乗が理想形です。

今年は北村友一騎手が手綱を取りますが

昨年のAJCCのように乗る事が出来れば
十分に上位に入れる器です。

 

 

2頭目はセントライト記念勝ち馬の

ジェネラーレウーノ です。

 

昨年秋の菊花賞では大敗していますが

ジェネラーレウーノの持ち味は速いペースで飛ばして
最後まで粘り切るスタミナです。

前走は長距離の菊花賞という事で
速いペースで逃げなかったので
完全なる力負けだとは思えません。

 

AJCCと同じ舞台であるセントライト記念を勝っていますし
中山の方が持ち味を発揮する馬なので

今回巻き返してくる可能性は十分にあります。

 

 

3頭目は2017札幌記念勝ち馬の

サクラアンプルール です。

 

サクラアンプルールではGIでこそ力が及びませんが

昨年は日経賞3着、中山記念4着

と、中山のG2戦で実績を残しています。

有馬記念も絶望的な位置から追い込んで7着と
内容は悪くないので、格下げ戦であるAJCCなら
十分に力が足りそうです。

 

と、2~4番人気になるであろう3頭について

見解を述べていきましたが

フィエールマンよりも力は劣るものの
適性面では明らかにフィエールマンよりも上です。

オッズとの兼ね合いもありますが

本命馬は上の3頭のうちから選んでいこうと思います。

 



 

まとめ

と、ここでまとめましょう。

AJCC2019は

フィエールマンが圧倒的な人気になるレースです。

ただ、コース適性という観点から考えると未知の部分が多く、
100%のパフォーマンスを出せない可能性があります。

逆にフィエールマンに続く人気が予想される

ダンビュライト、ジェネラーレウーノ、サクラアンプルール

は、AJCCへのコース適性がある馬なので
本命馬としては上位3頭の内から選んでいこうと思います。

 

古馬G2戦のガチンコ勝負!!

フィエールマンに圧勝されたら潔く諦めたいと思います。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。

AJCC2019で注目しているのは
上記3頭の中で、もっとも期待値が高いと判断しているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ