日経新春杯2019枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

日経新春杯2019の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた日経新春杯2019での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

この前、ZOZOTOWNの社長である前沢さんが

「100人に100万円を配る」

という1億円キャンペーンをやっていましたね。

 

私は申し込みそびれてしまったのですが

「そういう企画があるなら絶対に申し込んだ方がいいですよ」

だって、チャンスは多い方がいいじゃないですか。

 

額面上お金を払う訳ではないのですが
ツイッターでリツイートするという広告費を
前沢さんに払っている訳ですからね。

貰えるチャンスがあるものは堂々と貰いに行きましょう。

 

生活するのにお金は絶対に欠かせないものですからね。

芸能人とかで批判している人もいますが

基本的に彼らはお金が有り余っています。

お金に困る事がないという段階をピョーンと飛び越えているんですから

庶民の気持ちなんて少しも分からない訳で…

 

批判を気にする必要は全くないと思いますよ。

宝くじのような期待値が低いうえに
当たっても外れても幸せになれないようなギャンブルはオススメしませんが

期待値の高い勝負はどんどんやっていた方がいいと思います。

 

という事で、日経新春杯2019の枠順確定後の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

日経新春杯はあの馬を買えば楽に的中できるレースだ!

【2018年無料予想11週連続的中の実績がある競馬サイト!】
2018年は年間を通して大暴れ

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料で日経新春杯の極秘情報を公開します。

「2019年スタートダッシュを決めたい」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」の日経新春杯情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  日経新春杯の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

日経新春杯2019の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず日経新春杯(京都芝2400m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬が有利なレース

・内枠が有利なレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土曜日・日曜日は晴れ予報で
良馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠2番 グローリーヴェイズ

菊花賞で5着と掲示板に入り評価が上がっている
グローリーヴェイズは1枠2番と内枠に入りました。

ディープインパクト産駒らしいスピード型の馬で
外を回るスタミナレースだと不安があったので
2番枠という枠順は絶好の枠順だと言えます。

今回の日経新春杯は重賞制覇のチャンスですね。

 

2枠4番 アフリカンゴールド

穴人気に推された菊花賞では惨敗してしまったアフリカンゴールド

スタミナタイプの馬で一瞬の脚がない馬なので
馬群に入ってしまう内枠は良い枠だとは言えません。

先行してのレースも経験しているので
日経新春杯では先行して前々から押し切る競馬を見せたいですね。

 

3枠5番 シュペルミエール

サトノダイヤモンドと同世代ながら
長らく休養に入っていたシュペルミエール

菊花賞は6着でしたが、それ以外のレースは常に
馬券圏内に入っている堅実派

裏を返せば相手なりの競馬が出来るという事なので
1頭離れたポジションで競馬をしてしまう可能性の高い外枠よりも
馬群の中でレースを運べる5番枠は好枠だと言えます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

日経新春杯で楽勝宣言が出ているはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で1レースの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

3枠6番 サラス

オルフェーヴル産駒のサラス

オルフェーヴルから受け継いだ激しい気性を持っている馬で
レースで折り合いをつけられるかどうかが
好走の鍵を握っています。

サラスにとって前に馬を置ける内枠はプラスだと言えます
そもそも折り合いをどれだけつけられるかがポイントになります。

 

5枠10番 ルックトゥワイス

前走は初めての中山コース、そして右回りコースながら
心配を払しょくするような完勝撃を見せたルックトゥワイス

今回の日経新春杯では前走に続いての右回りコースですが
平坦の新潟でも実績を残している事から、コースへの心配はなさそうです。

アルゼンチン共和国杯ではスローペースに負けたように
展開次第でパフォーマンスが変わってくる馬ですが
位置取りを決めやすい10番枠は好枠を引けたと言えますね。

 

6枠11番 ノーブルマーズ

昨年の宝塚記念で3着に入りながら
秋からは思ったような成績を残せていないノーブルマーズ

先行して、好位を取って競馬をする馬なので
本音を言えば内枠に入りたかったですね。

日経新春杯は平坦コースなので
この点の適性もマイナス要素だと言えます。



 

6枠12番 メイショウテッコン

昨年はラジオNIKKEI賞を勝ち、神戸新聞杯では
ワグネリアン、エタリオウに次ぐ3着に入ったメイショウテッコン

メイショウテッコンは先行馬なので、
ポジションを取るには本来内枠が良いのですが
菊花賞で揉まれ弱さを見せたように
馬群に入らず競馬をした方が良い馬です。

今回の12番枠は決して悪い枠ではありません。

 

8枠16番 ムイトオブリガード

アルゼンチン共和国杯では強烈な末脚を見せたムイトオブリガード

後方からの強烈な末脚が持ち味の馬ですが
外枠から大外を回すと展開に負けてしまう可能性があるので
日経新春杯での16番枠は痛恨の枠順だと言えます。

もう少し内目の枠が良かったですね。




 

まとめ

日経新春杯2019で良い条件の枠をゲットしたのは

1枠2番 グローリーヴェイズ

5枠10番 ルックトゥワイス

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

カッコたる中心馬がいない今年の日経新春杯

ただ、各馬ともまだ未知の部分が多く

どの馬からでも攻められそうなレースです。

馬場状態で着順も大きく変わってきそうで
京都金杯の結果は見逃せないですね。

 

私が日経新春杯2019で注目している馬は
枠順はボチボチですが、今最も勢いのあるあの馬です。

京都競馬場がスピード勝負でも対応出来そうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。