東海ステークス2019の過去10年データ分析|人気には逆らえない銀行レース

Pocket

東海ステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
東海ステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週の日曜日は東海ステークスが行われますが

ダート戦の予想って結構苦手だったりします。

芝レースの方がスピードを求められて
馬場もダートと比べると硬いので

反動とかを読みやすいんですよね~

 

あと芝のレースは瞬発力が発揮できるので
不利とかも分かりやすいので

”この馬は強いけど、実力を出せないまま負けたな”

という事が分かりやすいんですよね。

 

ダートは実力馬が勝ちやすい舞台ですし
勢いのある馬が一気に歩を進めていきやすいので

人気薄の馬を狙うと結構痛い目に遭います。

 

「じゃあ、シンプルに予想しておけよ!」

と、思いますよね。

 

はい、今年のダート戦はシンプルに予想をしていこうと思います。

 

という事で、東海ステークスのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

東海ステークスは中京競馬場ダート1800mで行われています。


(東海ステークス2018 テイエムジンソク)

2012年までは5月に京都競馬場で開催されていましたが
2013年から今回と同じ条件で行われるようになりました。

過去にはグレープブランデー、コパノリッキーがここを勝って
フェブラリーステークスも制しているように
強い馬が勝つレースとしても知られています。

そんな東海ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

東海ステークスが中京ダート1800mという条件になってから
6回レースが行われていますので
同じ条件で行われた6年間のデータから傾向を探っていきたいと思います。

サンプルが少ないので、参考までにして頂けると幸いです。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

東海ステークス2019、ここに全てを賭けているのはあの実力馬!!


徹底分析して出てきた結論から
東海ステークス2019はあの馬の1強レース!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースは東海ステークス

TAZUNAでは東海ステークスの無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

東海ステークス過去10年(6年分)のデータ分析

定石通りにダート戦は先行馬が強い

まず、最初に注目したのは東海ステークスの脚質です。
以下は東海ステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

「先行馬が優勢です」

 

”ダート戦は前にいる馬が有利である”

という事が競馬界のルールにありますが

東海ステークスにおいてはそのルールに沿った結果が出ています。

 

また、東海ステークスにおける
過去10年(6年分)の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロンが遅い馬は活躍できていません。

 

先行馬が有利な舞台ですが、上がりの脚が速い馬が強いレースです。

先行馬が強く、上がりの速い馬が強い

という事は、

強い馬が強い競馬をするレース

だという事です。

 

東海ステークスは先行馬が有利なレースですが

単純に強い馬を買いたいですね。



 

1番人気馬は強い!人気通りに収まるレース

次に東海ステークスの人気別成績を見てみましょう。

過去6年で1番人気馬が【4.0.0.2】と
パーフェクトに馬券に絡んでいます。

 

東海ステークスはフェブラリーステークスの前哨戦で
GIを狙える有力馬が出走してくるレースです。

また、有力馬のライバルは東京大賞典や川崎記念
根岸ステークスといったような他のレースに散らばるので

抜けて強い馬が1頭東海ステークスに出走してくる

というような現象が起こりやすくなります。

 

昨年のテイエムジンソクや3年前のコパノリッキーなど
1強がそのまま強いレースを展開しています。

 

また東海ステークスにおける6年分の前走着順別の成績を見てみると

前走で6着以下に負けている馬の複勝率は15%以下となり
5着以内に入っていると比較すると

好走率は2,3倍低くなってしまいます。

 

東海ステークスは強い馬がしっかりと結果を出していくレース

という結果になっていきそうですね。

 




 

枠順などの外部要素はそれほど影響なし

最後に東海ステークスの枠順別成績を見てみましょう。

1枠の馬こそ馬券に絡んではいませんが
特に枠順の有利不利はありません。

 

また、東海ステークスの馬体重別成績を見てみると

500kg未満の馬も十分に成績を残しています。

ダートの一流馬は500kgを超える大型馬が活躍する傾向にありますが、
東海ステークスは馬体の軽い馬にもチャンスはあります。

 

枠順にしても、馬体重にしても

フラットな条件で行われるレースである

という事が言えますね。

 

以上が東海ステークス2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

東海ステークスは中京ダート1800mという舞台で行われますが

原則的に先行馬が有利なレースです

先行馬が有利であることに合わせて

”強い馬が強い競馬をするレース”

という事も言えます。

 

フェブラリーステークスの前哨戦なので
GIで有力視される馬が出てきた場合は

シンプルに高い評価をした方が良さそうですね。

 

 

私が東海ステークス2019で注目しているのは
シンプルに実力上位と言えるあの馬です。

フェブラリーステークスに向けて好レースをしてくれそうですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。