京成杯2019の過去10年データ分析|ディープ不振のスタミナ勝負

Pocket

京成杯2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京成杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

2019年が始まっていきなりの3日間開催

そして、その3日間開催を締めくくる京成杯が行われます。

このレースは皐月賞と同じ中山競馬場芝2000mで
行われるレースで個人的には結構重要なレースだと思っています。

 

昨年の京成杯を勝ったジェネラーレウーノも
皐月賞では3着に入りましたからね~

年末にホープフルステークスが京成杯と同じ条件で
行われるようになったとしても

京成杯は皐月賞に向けて重要なレースである事には変わりありません。

 

という事で、京成杯のデータ分析に行ってみましょう。

 




 

京成杯は中山競馬場芝2000mで行われています。


(京成杯2018 ジェネラーレウーノ)

冒頭でも話しましたが、皐月賞と同じ
中山競馬場芝2000mで行われるレースで
スピードよりもパワーやスタミナが重要視されるレースになっています。

そんな京成杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

日経新春杯で買えるのは1頭だけ!
勝負気配が突き抜けているあの馬に注目!

突き抜けた情報力を持つ競馬サイト「コイン」

今週のメインレースは日経新春杯

コインでは日経新春杯の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「コイン」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『コイン』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

当サイトからご紹介出来るのは30名様のみ!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

京成杯過去10年のデータ分析

タフな舞台でも差しが決まってくるレース

まず、最初に注目したのは京成杯の脚質です。
以下は京成杯での4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

「先行馬と差し馬の成績が互角です」

 

京成杯と同じ条件としては中山金杯が挙げられますが
中山金杯は前が残りやすいレースになっています。

中山金杯から一週進んだことで馬場が更に荒れて

先行馬が止まり、差し馬が届きやすい馬場になっている

という事が言えますね

 

また、京成杯における過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロンのタイムが6位以下になると
複勝率は1桁で複勝回収率は10%台

昨年のジェネラーレウーノは番手からの
粘り込みを果たしましたが、

基本的には差し馬が優勢なレースである

と言えますね。

 



 

若駒の重賞は勢いのある馬が強い!

次に京成杯の前走着順別の成績を見てみましょう。

前走で勝ち星を挙げた馬が好成績を残している事は
言うまでもありませんが

前走で6着以下に敗れて馬は巻き返し困難である

事が分かります。

 

まだデビューして間もない3歳馬は
疲労やストレスといった体調面でのマイナス要素が少ないので

現段階での体調の良さが馬を見極めるポイントになりそうですね。

 

また京成杯における過去10年の人気別の成績を見てみると

1,2番人気の成績が良い点が目立ちます。

 

人気馬が期待に応えるレースという事は

前走で好成績を残した馬が強い

ということ。

 

京成杯は捻った予想ではなく

シンプルな能力比べで良さそうです。

 




 

ディープインパクト産駒不振のパワー勝負

最後に京成杯の種牡馬別成績を見てみましょう。

リーディングサイアー1位のディープインパクト産駒が不振です

 

ディープインパクト産駒の持ち味と言えば

「スピード」と「瞬発力」

京成杯はこの2つの要素が通用しないという事が分かります。

 

「スピード」と「瞬発力」と相反する要素と言えば

「パワー」と「推進力」です。

 

サンデーサイレンス系の中でも
パワー系種牡馬の ステイゴールド

重い馬場が得意な バゴ

スタミナがあり、総合力の高い キングカメハメハ

など、今の中山競馬場の重い馬場を表す成績となっています。

 

ここからも

「京成杯はパワー勝負」

という事が分かります。

 

パワー系の馬をチョイスしたいですね。

 

以上が京成杯2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

京成杯は冬場の中山芝2000mというタフな舞台で行われるので

先行馬が止まりやすいレースです

前に行った馬が止まるくらいに
重い馬場である事から

ディープインパクト産駒は苦戦傾向にあり

パワー系の種牡馬が活躍する舞台となります。

また、条件戦からでも十分に通用する勢い重視のレースなので
前走強い内容の競馬を見せてきた馬を狙っていきたいですね。

 

私が京成杯2019で注目しているのは
前走で好内容の競馬を見せて勢いに乗っているあの馬です。

大穴は狙えなさそうですが
しっかりと確率の高い馬を狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ