日経新春杯2019の過去10年データ分析|内枠の先行馬を狙え!

Pocket

日経新春杯2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
日経新春杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週の日曜日は日経新春杯が行われますが

この時期の重賞は3歳重賞と古馬重賞が混ざって行われますよね。

日本ダービやオークスへと続く道なので
3歳重賞が多くなるのは仕方がないのですが

個人的には古馬重賞の方が好きです。

 

ただ、日経新春杯って相性が悪いんですよね~

というのも日経新春杯ってG2の割に
「格」が通用しないんですよ。

昨年もパフォーマプロミスが勝利して、ガンコが3着

一昨年はシャケトラが条件戦から一気に2着

 

ハンデ戦という事もあるのかもしれませんが

馬の地力や実績を信用すると痛い目に遭うレース

というイメージがあります。

 

京都芝2400mって大好きな舞台なんですが
京都大賞典と共にそれほど成績が良くないので

日経新春杯2019はデータを駆使して
一発狙えるような馬券を買いたいと思います。

 

という事で、日経新春杯のデータ分析に行ってみましょう。

 




 

日経新春杯は京都競馬場芝2400mで行われています。


(日経新春杯2018 パフォーマプロミス)

冒頭でも話しましたが、近年は実績馬よりも
勢いのある馬がそのまま突き抜けやすいレースになっています。

そんな日経新春杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

日経新春杯で楽勝宣言が出ているはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で1レースの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

日経新春杯過去10年のデータ分析

冬の京都競馬場は先行して良さが出る!

まず、最初に注目したのは日経新春杯の脚質です。
以下は日経新春杯での4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

「先行馬優勢が顕著です」

 

冬の京都競馬場芝2400mという舞台は

”内の馬場が良いので、内枠の先行馬が有利”

道中で脚を溜めて、後方からの外回しをしてくる馬は通用しません。

 

また、日経新春杯における
過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロン1位の馬は5勝を挙げて 複勝率80%超

上がり3ハロン3位の馬も 複勝率80%超

 

先行馬が有利な舞台ですが、上がりの脚が速い馬が強いレースです。

先行馬が強く、上がりの速い馬が強い

という事は、

内を走った馬が速い上がりを使っている

という事です。

 

日経新春杯は先行馬が有利なレースですが

溜めが利いて、末脚を持っている馬をピックアップしたいですね。



 

冬の京都は内枠が有利が鉄則!

次に日経新春杯の枠順別成績を見てみましょう。

1~3枠の複勝回収率はいずれも90%以上

5枠より外の馬の成績が振るわないように

「内枠有利が顕著です」

 

先ほどの脚質の部分で話している通り

冬場の京都競馬場は内の馬場がいいコース

 

昨年の京都開催は外差しが決まる馬場でしたが

例年、冬の京都開催は馬場が良いので
内枠に入った馬がアドバンテージを握る事を覚えておきたいですね。

 

また日経新春杯における過去10年の馬体重別の成績を見てみると

馬体の軽い馬の方が好走率が高い事が分かります。

 

一般的に馬体の軽い馬の方が小回りが利き
器用さを求められるコースが得意。

このデータからも内で上手く立ち回った馬が強い事が分かりますね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

日経新春杯、万馬券を演出するのはあの馬だ!!

今年の日経新春杯は勢いのある馬が集まってきましたが
関係者の話を聞くとあの穴馬の評価が抜けています。

「万馬券総合研究所」ではその穴馬の情報を公開しています。

高配当を生み出すのはどの馬なのかは
今週「万馬券総合研究所」の無料会員になって頂いた方に無料公開

登録は無料なので、是非確かめてください。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

↑ ↑ ↑  上をクリック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ハンデ戦ながら実績よりも勢い重視のレース

最後に日経新春杯の前走着順別成績を見てみましょう。

ハンデ戦なので、前走で凡走した馬が
軽ハンデを貰って好走するようなイメージがありますが

実際問題は、前走で好走した馬が日経新春杯でも好走しています。

 

日経新春杯はタフさが求められないスピード重視の舞台なので
前走で好走した馬が、そのままの勢いを出せています。

 

最後に日経新春杯における過去10年の年齢別成績を見てみると

と、年齢の若い馬が好成績を収めています。

 

若駒が活躍するレースはスピードを中心とした能力重視

ベテランが活躍するレースはパワーを中心とした適性重視

となっているので、

日経新春杯では能力重視のレースになっている

という事が分かります。

 

以上が日経新春杯2019を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

日経新春杯は冬場の京都芝2400mという軽い舞台で行われるので

原則的に先行馬が有利なレースです

先行馬が有利であることに合わせて

”内枠が圧倒的に有利なレースです”

条件戦からでも十分に通用する勢い重視のレースなので
過去の戦績は気にせず、若い馬を狙っていきたいですね。

 

私が日経新春杯2019で注目しているのは
実績は足りなくても、勢いで乗り切れそうなあの馬です。

人気もなさそうですし、ここは一発かましたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ