ブエナビスタ妹がやった!フローラS、マイラーズC、福島牝馬S回顧

Pocket

先週行われた重賞は3つ

オークストライアル「フローラS」
安田記念トライアル「マイラーズC」
ヴィクトリアマイルトライアル「福島牝馬S」

一つずつ回顧して次回につなげていきましょう。

まずはブエナビスタの妹サングレアルが勝利したフローラS

この馬はスピードよりもパワーが勝ったタイプで
今回スピード勝負になると厳しいと思っていましたが
瞬発力を必要としない展開も味方して勝利しました。

ゼンノロブロイ産駒らしく、延々と緩く伸び続ける末脚は
距離が延長されるオークスでも有効でしょう。

2着にはブランネージュ

内をうまく捌いて伸びてきました。
スタミナのある走りで距離は伸びても対抗が利きそうです。

期待したマジックタイムは伸びを欠き6着に敗れました。
後藤騎手が落馬負傷で乗れなくなってしまったという点は
否めませんが、ちょっと期待外れでしたね。

今回は急な乗り変わりだったので、
次走もう一度見直してみてもいいでしょう。

その他ではイサベルが7着
さすがに1戦1勝で外枠ではなかなか厳しいものがありました。
素質はありそうなので、自己条件から出直しですね。
いずれにしても本格化は来年でしょう。

もう一つ日曜日に行われた重賞マイラーズC

こちらはワールドエースが復活、素晴らしい勝ち方でした。

復活しても沈没してもおかしくない状況の中、見事な勝利。
この勝ち方を見ると適距離はマイルと判断していいでしょう。
一気に安田記念の主役に躍り出たと言えます。

期待したフィエロは2着。

こちらも素晴らしいパフォーマンスでしたが
相手が一枚上だという事ですね。十分に強い馬です。

エキストラエンドが3着に入りましたが完全に力負けです。
GIで通用する馬とそうでない馬の違いを見た気がします。

レッドアリオン、オースミナイン以下
その他の馬も実力通りと言える結果でした。

最後に福島牝馬Sを振り返ります。

逃げたケイアイエレガントが勝利

前走の中山牝馬Sといい、小回り・パワー型が
合言葉となっている馬です。
次走はヴィクトリアマイルでしょうが、買う要素はありません。

期待したキャトルフィーユが2着

4コーナーでは手応えが悪かったですが
直線ではジリジリと伸びてきました。
こちらもケイアイエレガント同様、
切れ味勝負にならない舞台で勝負出来る馬でしょう。

その他では10着に負けたアロマティコ

この馬はそもそも福島が向きません。
上の2頭とは逆に広いコースで真価を発揮する馬です。
ヴィクトリアマイルに出走してきたら買う要素のある
唯一の馬だと言えます。

今回はGIに直結するレースだったので
しっかりと本番に向けてデータをインプットして下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。