フェアリーステークス2019の過去10年データ分析|パワー勝負の舞台で輝くのは?

Pocket

フェアリーステークス2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
フェアリーステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

年末年始休暇が終わり、今週は3連休

そして、3日間開催といきなりトップギアに入ったJRA

スタートダッシュがエグイですね~

 

私が2019年に一番期待している馬を挙げたいと思います。

 

それは ”エタリオウ” です。

 

エタリオウは未だに1勝馬の身ですが

菊花賞2着、神戸新聞杯2着、日本ダービー4着、青葉賞2着

と、世代トップの力を見せてくれています。

 

いやいや、エタリオウに期待する前に
この馬にGIで勝った馬がいるでしょ?

と、思うかもしれませんが

日本ダービーを勝った ワグネリアン や

菊花賞を勝った フィエールマン

は、ディープインパクト産駒なんですよね~

 

今年の有馬記念でも思い知ったように

ディープインパクト産駒って早熟傾向にあるんですよね~

サトノダイヤモンドとかマカヒキとかが3歳時に活躍した後は
これらの馬なら古馬になっても活躍してくれるかも…

と、期待したんですけど、やっぱり先細ってしまいました。

 

やっぱりディープインパクト産駒は成長力に難ありです。

それなら皐月賞の頃は条件戦に出ていながら

日本ダービーで善戦して、菊花賞で勝ちに等しい競馬をした
エタリオウなら古馬になって大きく成長してくれるのではないか

と、期待してしまうんですよね~

 

エタリオウの春初戦は見所たっぷりですね。

 

という事で、フェブラリーステークスのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

フェアリーステークスは中山競馬場芝1600mで行われています。


(フェアリーステークス2018 プリモシーン)

昨年はプリモシーンが中山の舞台をもろともせず
豪脚を披露して勝利したレースです。

冬の中山競馬場で行われるレースという事で

スピードや瞬発力よりもタフさが問われるレースです。

そんなフェアリーステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

日経新春杯はあの馬を買えば楽に的中できるレースだ!

【2018年無料予想11週連続的中の実績がある競馬サイト!】
2018年は年間を通して大暴れ

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料で日経新春杯の極秘情報を公開します。

「2019年スタートダッシュを決めたい」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」の日経新春杯情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  日経新春杯の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

フェアリーステークス過去10年のデータ分析

中山競馬場で差してこられる牝馬は皆無!

まず、最初に注目したのはフェアリーステークスの脚質です。
以下はフェアリーステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

「先行馬優勢が顕著です」

 

中山競馬場芝1600mという舞台は

三角形のような形をした形態になっており
不器用な馬にはこなせない舞台になっています。

 

コーナーでのカーブの角度も急なため

後方でじっと脚を溜めている馬は
4コーナーで加速をつけづらく、差してきづらいコースになっています。

また冬の中山芝マイル戦はタフなコースとなっており
パワーに劣る牝馬は差してこられない馬が多数現れます。

 

ここで、フェアリーステークスにおける
過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

こちらの成績を見てみても

上がり3ハロンで速い末脚を使っている馬は
平均値と比較すると、それほど良い成績を残せていません。

 

このデータを見る限りフェアリーステークスは

「先行馬有利の舞台」

と言えますね。



 

パワー勝負の舞台は体力のある馬を狙おう!

次にフェアリーステークスの前走距離別成績を見てみましょう。

前走と同じ距離を走った馬の成績が

複勝率 24.4%  複勝回収率 76%

であることに対して、

前走1800m以上のレースを使っていた馬の成績は

複勝率 33.3%  複勝回収率 183%

前走で長い距離を走ってきた馬が活躍をしています。

 

先ほども話した通り

冬場の中山芝1600mはタフな舞台

前走で1800m以上と本来のマイル戦よりもスタミナを要する
レースを走ってきた馬の方が
フェアリーステークスへの対応が出来やすくなっています。

 

逆に前走1400m以下のレースを使ってきた馬は

複勝率 14.3%  複勝回収率 46%

と、全く勝負になっていません。

前走で長い距離を使ってきた馬を狙っていきたいですね。

 

開幕して間もない京都競馬場の馬場は軽く
スピード勝負になっている

という事が分かりますね。

 

また種牡馬別の成績を見てみると

1位ネオユニヴァース

3位ファルブラヴ

4位ダイワメジャー

と、パワー適性のある馬が好成績を残しています。

 

ディープインパクト産駒の素質の高さには
一目置くとしても

フェアリーステークスはパワーが必要

という事が分かります。

 




 

適性重視の舞台は波乱含み

最後にシンザン記念の前走着順別成績を見てみましょう。

前走で1着に入った馬は成績を残せておらず

前走で6着以下と惨敗した馬が活躍して居ます。

フェアリーステークスはパワーとスタミナを要するレース

その馬が持っている全体能力よりも
馬の適性が結果に大きな影響を与えるので

前走の着順はそれほど気にする必要がありません。

 

またフェアリーステークスにおける過去10年の枠順別成績を見てみると

外枠に入った馬が優勢となっています。

冬場の中山競馬場の馬場は荒れ模様となっているので

荒れた内を通るよりも馬場の良い外を走った方が
好成績に繋がると言えます。

適性面のみならず、枠順にも注目しておきたいですよね。

 

以上がフェアリーステークス2018を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

フェアリーステークスは冬場の
中山芝1600mというパワー条件で行われるので

原則的に先行馬が有利なレースです

先行馬が有利であることに合わせて

”パワーとスタミナのある馬が活躍するレースです”

過去の走りや血統面からパワー適性のある馬を見つけて

大胆に攻めていくという事が必要になりそうですね。

 

私がフェアリーステークス2019で注目しているのは
中山のパワー勝負は持ってこいであろうあの馬です。

人気もなさそうですし、ここは一発かましたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。