中山金杯2019展開予想!タニノフランケルの一人旅で重賞制覇なるか?

Pocket

ここでは中山金杯2019の展開予想について分析をしていきます。

中山金杯は中山芝2000mという舞台で行われるレース

皐月賞と同じ舞台でタフなコース設定となっていますが
過去の傾向を見ると

「差し馬よりも先行馬が有利というレース」

先行力があり、スタミナとパワーを持ち合わせた馬が活躍するレースになっています。

中山金杯2019ではどの馬が先手を取るのか?

出走予定メンバーから展開を予想していき、どのように馬券を組み立てるのか
参考になる見解を提供できればと思っています。

 

 

どうも、MOTOです。

年末年始はどのようにお過ごしでしょうかね~

JRAのプログラムを見てみると

12月28日にホープフルステークスがあって
1月5日に中山金杯、京都金杯があるという事で

「全然休みがない!!」

 

馬券買う側はいいのかもしれないけど

「競馬関係者が大変過ぎない??」

と、思ってしまいます。

 

そして、競馬予想をする私も

意外に大変なんです(汗)

もともと年末年始とか関係なく
競馬予想家としての活動を行っているのでいいんですけどね。

ホープフルステークスはいらないんじゃないかと

思ってしまう今日この頃です。

 

という事で中山金杯2019における展開の話題にいきましょう。

 




 

という事で、今週は中山金杯2019が行われます。


(中山金杯2018 セダブリランテス)

言わずもがな、1年で一番最初に行われる重賞レースです。

 

展開の話をする前に、まずは中山金杯の過去10年における
4角順位別成績を見てみましょう。

好走率の面でも、回収率の面でも

「先行馬有利のレースです」

 

ここ3年の勝ち馬を見てみると

2018年の勝ち馬セダブリランテスと
2着ウインブライトは道中3番手からの粘り込み

2016年の勝ち馬ツクバアズマオーは道中7番手からの差し切り勝ちですが
2着のクラリティスカイは道中3番手からの粘り込み

2015年の勝ち馬ヤマカツエースは道中2番手からの押し切りで
2着のマイネルフロストは大逃げを打っての2着

と、過去3年を見ると

「先行馬が有利な結果」

という傾向が見えますね。

 

中山金杯2019の展開予想と展開を馬券に活かすにあたって

“先行馬が有利”

という前提で考えなくていきたいと思います。

 

という事で、中山金杯で逃げる馬であろう馬
追い込むであろう馬について分析をしていきたいと思います。

そのバランスを見て中山金杯2019で
展開の恩恵を受けそうな馬を探していこうと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

栗東関係者が口を揃えて「穴はこれ」という馬とは?

チェックメイトでは中山金杯において

“必勝体制の大ヤリ関西馬”
の存在を掴んでいます。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
中山金杯で爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

中山金杯2019の展開予想

中山金杯2019で逃げる馬はどの馬?

まずは中山金杯で逃げる馬を探っていきましょう。

今年の中山金杯2019の出走予定メンバーは以下の通りです。

登録馬を見てみると、前に行きそうな馬が結構いて

ウインブライト、タニノフランケル、マイネルハニー、マウントゴールド

と、パッと4頭の名前が挙がってきます。

 

この4頭の中で逃げを打ちそうなのは

タニノフランケル

です。

この馬は逃げないと持ち味が発揮できないんですよね~

逃げないと持ち味を発揮できない馬は
精神力が弱い馬が多くて

セントライト記念ではジェネラーレウーノに突かれて惨敗しているように
中山金杯で逃げを打ってもマウントゴールドらに突かれてしまうと弱さを見せそうです。

 

タニノフランケルに続きそうな馬は

マウントゴールド

です。

マウントゴールドは2走前のオクトーバーステークスこそ逃げていますが、

前走のチャレンジカップ、3走前の小倉記念では
好位を追走して直線でなだれ込む競馬を見せています。

タニノフランケルがいる今回の中山金杯では
好位での競馬が予想されますが、自在性があるしぶとさも持っている馬なので

先行馬有利の恩恵を受けそうな馬だと言えます。

 

そしてもう1頭は

ウインブライト

です。

ウインブライトは昨年の中山金杯で2着に入った馬で
先行力を活かした競馬が得意な馬です。

前走のマイルチャンピオンシップでは4番手集団でレースをして
GIという舞台で0.4秒差に入っている事から
今回の中山金杯でも先行してくれそうです。

マウントゴールドと同様に展開の恩恵を受けられそうな馬ですね。

 

先行すると目されるもう1頭の マイネルハニー は高齢という事もあり

行き脚も弱くなってきているので苦戦しそうですね。

 




 

人気のエアアンセム、ステイフーリッシュはどの位置で競馬を進める?

逃げ馬を探ったところで、人気馬の出方を考えてみます。

 

まずは函館記念を勝った エアアンセム

エアアンセムは函館記念で見せた競馬が本質で
中団からやや前目で競馬をして

直線で上手く馬群を縫って抜け出すような競馬があっている馬です。

枠順にも寄りますが、中団(5~7番手)で競馬をすることが予想されます。

 

上手く位置を取れれば、好走確率はグンと上がりそうですね。

 

次に京都新聞杯 ステイフーリッシュ

菊花賞こそ道中14番手と後方からの競馬を余儀なくされましたが

前走のチャレンジカップや3走前の神戸新聞杯では
好位でレースを進めている馬。

脚を溜めて、直線で末脚を爆発させるタイプではないので
先行しての競馬を見せたいところ。

エアアンセムと同様に、中団(5~7番手)で競馬をすることが予想されます。

 



 

有力馬はどの位置で競馬を進める?

逃げ馬と人気馬の位置取りを予想したところで
他の有力馬がどの位置で競馬をしていくのかを考えていきます。

 

まずは前走で復活した アドマイヤリード から見ていきます。

アドマイヤリードは前走のディセンバーステークスで
4角8番手から一気の差し切りを見せたように

後方からレースを進めて持ち味を発揮する馬です。

中山金杯でも後方からの競馬が予想されます。

 

続いて、日本ダービー3着の コズミックフォース を見ていきます。

前々からの競馬で日本ダービー、プリンシパルステークスと結果を出したコズミックフォース

セントライト記念や菊花賞でも先行して結果は出ませんでしたが
キングカメハメハのスタミナで勝負する馬なので
中山金杯でも先行策を取りたいところですね。

 

鳴尾記念を勝利している ストロングタイタン

前走の中日新聞杯ではプラス36kgと大幅に体重を増やしながらも
3着と好走したストロングタイタンですが、
レースは6番手で行っていました。

パワータイプの馬で、脚を溜めての爆発力はなく
先行してそのまま押し切る競馬が合っている馬

中山金杯でも前々で競馬を進めたいところです。

 

小倉記念2着の実績がある サンマルティン

2着に入った小倉記念では後方からの捲り
勝利した都大路ステークスでは後方一気の末脚

と、末脚勝負で実績を残している馬です。

中山金杯でも後方からの競馬を見せそうですね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

中山金杯は馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」はジャパンカップを馬連1点で的中

“中山金杯”はジャパンカップ以上に
自信のある【馬連1点勝負】を予定しています。

そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まとめ

中山金杯2018の展開ですが

1番手(逃げ) タニノフランケル

2~4番手 ウインブライト、マウントゴールド、マイネルハニー

5~7番手 エアアンセム、コズミックフォース、ストロングタイタン

8~11番手 ステイフーリッシュ、タイムフライヤー、ランガディア

12番手以降 サンマルティン、アドマイヤリード、ブラックバゴ

という隊列が予想されます。

 

一番のポイントとなるのは

タニノフランケルのペース

ですね。

逃げ馬ですが、それほど速いペースで走らないタニノフランケルなので
それほど展開が速くならないことが予想されますが

ウインブライトやマウントゴールドがどの段階で仕掛けるのか

によって、先行馬に対する展開の負担が変わってきそうです。

 

私の見解としては、

内で脚を溜められる先行馬にチャンスがある

と、見ています。

 

差し馬よりも先行馬で勝負をしたいですね。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。
中山金杯で注目しているのは
このレースにフィットした適性を持っているあの馬です。

混戦が予想され、人気馬に全幅の信頼がおけないレースなので
穴馬を指名して高配当を狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。