シンザン記念2019の過去10年データ分析|内枠有利のスピードレースだ!

Pocket

シンザン記念2019を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
シンザン記念で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

2019年の年末年始はカレンダーの都合で
10連休となる人が多いようですね。

よく、連休が続くと

「お金が持たないよ~」

とか、いう人が出てきますが

 

お金不足にならないよう

馬券で稼ぎましょう(笑)

 

例年、中山金杯と京都金杯が1月5日に行われて
それからしばらくしてシンザン記念などの重賞レース

という形になりますが、

今年は中山金杯、京都金杯の翌日にシンザン記念

という事で、”いつものプログラム”という感じがしますね。

 

まあ、気を抜かないでやっていきましょう。

競馬は楽しいものですから

いつも通りに競馬が開催される幸せを実感しながら
馬券を買っていきたいものです。

 

という事で、シンザン記念のデータ分析に行ってみましょう。

 




 

シンザン記念は京都競馬場芝1600mで行われています。


(シンザン記念2018 アーモンドアイ)

なんといっても昨年は後に怪物となるアーモンドアイが出走して

物凄い末脚で勝ちきりましたよね~

昨年の印象が強いレースですが
例年はそこまで大物は出てこない訳で

じっくりと冷静に予想をしていく必要がありそうです。

そんなシンザン記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 



 

シンザン記念過去10年のデータ分析

年始の京都開催は先行馬有利!

まず、最初に注目したのはシンザン記念の脚質です。
以下はシンザン記念での4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

「先行馬優勢が顕著です」

 

京都競馬場芝1600mという舞台は

マイルチャンピオンシップが行われている舞台で
末脚勝負、瞬発力勝負になるイメージがありますが

年始に開幕して日が立たない中でのレースという事で差しは利きません。

 

 

ここで、京都金杯における過去10年の上がり3ハロン順位別成績を見てみると

こちらの成績を見てみても

上がり3ハロンで速い末脚を使っている馬は
平均値と比較すると、それほど良い成績を残せていません。

 

このデータを見る限りシンザン記念は

「先行馬有利の舞台」

と言えますね。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

シンザン記念2019、ここに全てを賭けているのはあの実力馬!!


徹底分析して出てきた結論から
シンザン記念はあの馬の1強レース!!

細部にわたる情報を活かす競馬サイト「TAZUNA」

今週のメインレースはシンザン記念

TAZUNAではシンザン記念の無料情報公開が決定しています。

「TAZUNA」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『TAZUNA』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

馬場の軽いレースはスピード志向の馬を狙おう!

次にシンザン記念の牝馬成績を見てみましょう。

全体の平均値が

複勝率 28.3%  複勝回収率 98%

であることに対して、

牝馬の成績は

複勝率 35.7%  複勝回収率 99%

 

期待値の面では大差がないものの

”牝馬が優勢なレース”

となっています。

 

牝馬が優勢という事は

「パワー勝負になっていない」

という事。

 

開幕して間もない京都競馬場の馬場は軽く
スピード勝負になっている

という事が分かりますね。

 

枠順別の成績を見てみると

と、内枠が圧倒的に有利となっています。

馬場が軽く、前が止まらない競馬になるので

「純粋に内枠に入った馬の成績が良くなる」

という事も頭に入れておきたいですね。

 




 

適性重視の舞台は波乱含み

最後にシンザン記念の人気別成績を見てみましょう。

2番人気の馬は頑張っていますが

全体的に人気に支持されている馬の成績は低調

枠順や展開に左右される面が大きいので
力通りに収まらないレースになっている

という事が分かりますね。

 

またシンザン記念における過去10年の前走着順別成績を見てみると

前走で1着だった馬の成績が良くありません。

能力で負けてしまった馬が
京都競馬場の適性で巻き返す

そんな図式が見て取れますね。

 

ちなみにシンザン記念における過去10年の前走クラス別成績を見てみると

前走でGIを使った馬は成績を残せていません。

シンザン記念は先行力がものを言うレース

GIで力を使ってしまった馬は

シンザン記念の軽いスピード勝負に対応出来ていない

という事が分かりますね。

 

以上がシンザン記念2018を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

シンザン記念は開幕して間もない
京都芝1600mというスピード条件で行われるので

原則的に先行馬が有利なレースです

先行馬が有利であることに合わせて

”内枠有利、外枠不利が顕著なレースです”

波乱傾向も見せているので

過去の走りや血統面からスピード勝負に適性のある馬を見つけて

大胆に攻めていくという事が必要になりそうですね。

 

 

私がシンザン記念2019で注目しているのは
京都のスピード勝負は持ってこいであろうあの馬です。

人気もなさそうですし、ここは一発かましたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。