【日経賞2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【日経賞2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは日経賞2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

日経賞は天皇賞春のステップとなる重賞レースです。


(写真は2018日経賞 ガンコ)

日経賞は天皇賞春のステップレースとして
位置づけられている重賞ですが

関東で行われるレースである事や
有馬記念と同じ条件で行われている事から
舞台適性のある馬が上位に来やすいレースとして知られています。

また、昨年の勝ち馬ガンコや一昨年の勝ち馬シャケトラは
春に勢いをつけて重賞を駆け上がってきた馬なので
調子のいい馬が台頭するレースという側面もあり
馬券的には一筋縄ではいかないレースになっています。

そんな日経賞2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

エタリオウ 2.4倍
ルックトゥワイス 戸崎 5.7倍
クリンチャー 三浦 8.2倍
メイショウテッコン 武豊 10.5倍
ゴーフォザサミット 石橋脩 11.3倍
サクラアンプルール 13.1倍
チェスナットコート 坂井 15.7倍
カフェブリッツ 21.6倍
ブラックバゴ 27.9倍
サトノティターン 67.2倍
アクションスター 110倍
グランアルマダ 121倍

 



< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

最強の1勝馬 エタリオウ

1勝馬でありながら菊花賞で2着に入ったエタリオウ

勝ち星はないものの神戸新聞杯2着、日本ダービー4着と
内容の濃い走りを続けている点から能力がある事は明白です。

ステイゴールド産駒らしいパワーが持ち味の馬なので
中山芝2500mで行われる日経賞は舞台が合います。

春のGIを勝つためにここでの凡走は許されない馬です。

昨年の2着馬である チェスナットコート

昨年は条件戦を連勝して臨んだ日経賞で
2着と好走して見せてチェスナットコート

続く天皇賞春も5着と踏ん張り秋の飛躍が期待されましたが
目黒記念で11着と大敗して、オーストラリア遠征でも
コーフィールドC13着、メルボルンカップ14着と惨敗

完全に一時期の勢いを亡くした形となりました。

チェスナットコートの復活を占う意味でも
今回の日経賞は大きな意味を持つレース

無様な競馬は見せられません。

日経新春杯では惨敗した メイショウテッコン

前走の日経新春杯では早めの仕掛けで捲るも
直線で失速してしまったメイショウテッコン

昨年の神戸新聞杯では今回人気になりそうなエタリオウに肉薄しているように
自分のリズムで競馬が出来れば、GI上位入線馬とも互角に戦える力があります。

名手武豊が日経賞でどんな競馬を見せるのか。
馬にも騎手にも注目の一戦です。

昨年の3着馬である サクラアンプルール

昨年の日経賞では3着に入ったサクラアンプルール

GIだとどうしてもワンパンチが足らず
善戦止まりに終わってしまう馬ですが
G2,G3では堅実な走りを見せ続ける馬です。

広々としたコースよりも小回りや特殊コースで
持ち味を発揮するタイプなので
サクラアンプルールにとって今回の日経賞はチャンスのある舞台です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ日経賞2019の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。