過去のプロキオンSの舞台|阪神ダート1400m戦の特徴とデータ

Pocket

ダート重賞プロキオンSは今は中京競馬場で行われますが
以前は阪神競馬場で行われていました。
舞台はダート1400m

この舞台は未勝利・500万条件で良く行われているので
1日競馬場で遊ぶなら是非知っておきたいコースです。

最初にコースの特徴をラップタイムを踏まえて分析していきます。

阪神ダート1400mラップ別成績

スタート後の直線は543m
2ハロン目からスピードにのり、3コーナーから下り坂を
通ってもスピードは落ちず352mの直線へ
ラスト1ハロンの急坂で一気にペースダウンというコース設計

次に脚質別の成績です。

阪神ダート1400m脚質別成績

ダートコースなので、逃げ・先行有利は変わりません。
ラスト1ハロンは時計がかかるので、差しは届きそうですが
2,3着までという展開が多い。

追い込み馬はかなり苦しい成績です。

続いて枠順の有利不利について考えてみましょう。

阪神ダート1400m枠順別成績

ゆったりしたコースなので枠ごとのハンデはさほどありませんが
阪神競馬場の特徴である下り坂が緩やかに続く点から
外枠が若干いい数値を出しています。

続いて、種牡馬別の成績

阪神ダート1400m種牡馬別成績

1位はキングカメハメハ産駒ですが
ブライアンズタイム、ゴールドアリュール、シンボリクリスエスなど
スピードとパワーのバランスがとれたタイプが回収率が良いです。

騎手別の成績も載せてみました。

阪神ダート1400m騎手別成績

関西若手の2トップ、川田将雅騎手と浜中俊騎手が成績優秀
池添謙一騎手や和田竜二騎手なども好成績です。
ベテランよりも若手よりの騎手を選択しましょう。

最後に人気別の成績を載せてみました。

阪神ダート1400m人気別成績

8番人気、9番人気が抜けていい成績を収めていますが
標準分布から外れておらず、一般的には
人気通りに収まる舞台だといえます。

以上が特徴となります。

まとめです。

際立った特徴はありませんが、狙うべきはパワーだけでなく
スピードも兼ね備えたタイプの先行馬
枠順の有利不利もないので、実力のある馬が順当に収まる舞台です。

ここではコースの分析を行っていますが
これらを総合的に組み合わせた馬券攻略については
メールマガジンで行っています。

無料で登録出来るので、馬券でプラスが出ていないのであれば
是非登録して下さい、世界が変わります。

メールマガジンの無料登録はココをクリック