【弥生賞2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【弥生賞2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは弥生賞2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

弥生賞は皐月賞の最重要トライアルレースです。


(写真は2018弥生賞 ダノンプレミアム)

弥生賞はGI皐月賞の最重要トライアルレースとして
位置づけられているレースです。

スプリングステークスや若葉ステークスと比べて

「条件が皐月賞と同じである点」
「レース間隔に余裕がある点」

などからクラシックで活躍する馬を多数輩出しました。

昨年はダノンプレミアムこそクラシックで活躍できませんでしたが
2着のワグネリアンが日本ダービーを制覇

一昨年はマカヒキが日本ダービーを制覇

2014年の弥生賞2着ワンアンドオンリーも日本ダービーを制覇

過去の勝ち馬を見ると皐月賞よりも日本ダービーとの関連性が深く
春のクラシックを占う上で注目のレースだと言えますね。

そんな弥生賞2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ラストドラフト ルメール 3.0倍
カントル デムーロ 4.2倍
ニシノデイジー 勝浦 5.7倍
サトノラディウス 武豊 8.4倍
ブレイキングドーン 16.0倍
メイショウテンゲン 池添 33.8倍
ヴァンケドミンゴ 125倍

 



 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

重賞2勝の ニシノデイジー

札幌2歳ステークス、東スポ杯2歳ステークスと
重賞2勝の実績を持つニシノデイジー

前走のホープフルステークスではサートゥルナーリアに完敗しましたが
位置取りを下げ過ぎて難しい競馬になってしまったように
決して悲観する内容ではありませんでした。

例年弥生賞はゆったりした流れになるレース
ここで好走して再びクラシックの主役を狙いたいところです。

京成杯を完勝した ラストドラフト

前走の京成杯ではルメール騎手を背に完勝したラストドラフト

ノヴァリスト産駒に初の重賞勝利をもたらした
ラストドラフトの母親は桜花賞馬のマルセリーナ

ノヴェリストの持久力にマルセリーナのスピードが合わさって
能力のバランスが良いラストドラフト。
皐月賞を狙う為には前哨戦の弥生賞でしっかり結果を出しておきたいです。

武豊が騎乗する サトノラディウス

前走の梅花賞では単勝1.5倍という圧倒的な人気に推されつつ
完勝を収めたサトノラディウス

葉牡丹賞ではシークレットラン、ランフォザローゼスを相手に
後れを取りましたが、ディープインパクト産駒らしく
末脚が活かせる舞台で輝くタイプの馬

武豊騎手を背にして弥生賞では更なるパフォーマンスアップを狙いたいところです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ弥生賞2019の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。