【中山牝馬ステークス2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【中山牝馬ステークス2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは中山牝馬ステークス2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

中山牝馬ステークスは牝馬同士で行われる重賞レースです。


(写真は2018中山牝馬ステークス カワキタエンカ)

中山牝馬ステークスは牝馬同士で争われる中距離重賞という事で
ヴィクトリアマイルへと続いていくレースになっていますが

東京芝1600mと中山芝1800mの適性が全く違うので
GIへのつながりは薄く、中山牝馬ステークスを勝つために戦うレースになっています。

昨年の勝ち馬はカワキタエンカ、2着馬はフロンテアクイーンと
重賞級の馬がワンツーを決めましたが
ヴィクトリアマイルやエリザベス女王杯には繋がらず

今年もこの2頭が出走を予定していますが
中山牝馬ステークスを目標とした馬同士の勝負が見られそうです。

そんな中山牝馬ステークス2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ミッキーチャーム 川田 2.5倍
ノームコア 4.1倍
フロンテアクイーン 6.3倍
アドマイヤリード 6.8倍
ランドネ 8.0倍
ウラヌスチャーム 9.4倍
クロコスミア 10.7倍
カリビアンゴールド 13.6倍
ワンブレスアウェイ 15.0倍
フローレスマジック 15.9倍
カワキタエンカ 17.1倍
アッフィラート 19.7倍
レイホーロマンス 21.4倍
デンコウアンジュ 25.6倍
ウインファビラス 43.9倍

 

毎週重賞で万馬券を狙える馬をピックアップしてくれるサイトです。

万馬券総合研究所への無料登録はコチラ

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

秋華賞2着の ミッキーチャーム

秋華賞ではアーモンドアイに次ぐ2着に入ったミッキーチャーム

アーモンドアイの実力を考えると
事実上、秋華賞勝ち馬のレベルにある事は明らか

エリザベス女王杯には出走しませんでしたが
年明け初戦となる中山牝馬ステークスで好結果を出して
ヴィクトリアマイルでGIを狙いたいところです。

昨年の勝ち馬である カワキタエンカ

昨年の勝ち馬であるカワキタエンカ

2018年の春シーズンは充実した走りを見せてくれた
カワキタエンカですが、ヴィクトリアマイルで14着と敗れてから
秋シーズンは惨敗続きとなってしまいました。

メリハリの利いた逃げを打つ馬なので
惨敗がある事は仕方がないのですが
カワキタエンカが今年復活できるかどうかは
中山牝馬ステークスの結果が握っていそうです。

復活の気配を見せる アドマイヤリード

前走の中山金杯では先行策から4着を確保したアドマイヤリード

ヴィクトリアマイルを勝利して以降はスランプが続いていましたが
2走前のディセンバーステークスと中山金杯を連続で好走

鞍上の横山典弘騎手との相性も良く
持っている力を100%発揮しているレースが続いているので
東京新聞杯でもアドマイヤリードの走りを見せてくれそうです。

安定感が際立つ フロンテアクイーン

昨年の中山牝馬ステークス2着であるフロンテアクイーン

昨年はこのレースでの2着をはじめ
クイーンステークス2着、府中牝馬ステークス3着
エリザベス女王杯7着、ターコイズステークス4着と
極めて安定した成績を見せてきました。

ずっと重賞で安定した走りを見せ続けただけに
調子が維持できるかどうかが
フロンテアクイーンにとって重要な課題となります。

愛知杯で3着に粘った ランドネ

前走の愛知杯では逃げて3着に粘ったランドネ

3歳の秋からはGIをはじめとしたオープンクラスで崩れず、
自分の競馬をしているランドネ

ここにきて精神的な成長が見込める馬なので
愛知杯に続き、中山牝馬ステークスも十分に好走する余地があります。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ中山牝馬ステークス2019の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック