ワールドエース復活なるか?2014マイラーズC、フローラS予想

Pocket

4/27(日曜日)に行われる重賞は
「京都競馬場のマイラーズC」と
「東京競馬場のフローラS」です。

どちらもG2という事で、GIを見据えた戦いになる訳ですが
なかなか難解なメンバーが揃いました。

メンバーの中で一番の注目は長期復活明けから復活して
初めてのマイル戦となるワールドエースです。

まずはこちらの方から予想していきましょう。

マイラーズC 勝負度合い 30%

まずは京都芝1600m外回り戦の特徴からおさらいしていきます。

京都芝1600m戦外回りの特徴

内枠が有利なのが京都マイル戦の特徴で
スピードとパワーのバランスが整った馬が活躍する舞台です、

先ほど話題に出したワールドエースをはじめ
有力馬は全てディープインパクト産駒と偏ったメンバー構成ですが

本命は フィエロ です。

前走の六甲Sは非常に濃い内容でした。

阪神の重馬場と京都の良馬場がリンクするのか、
という問題がありますが
1月に京都で行われた新春Sも良い内容で
そもそも能力が高い、と断言できます。

今回は好枠を引き、鞍上も京都のマイルを良く知っている武豊騎手
人気にはなってしまいましたが、ここは本命に推します。

難解ですが、対抗は オースミナイン とします。

前走の京都金杯では最後内を割って2着
本来であればもう少し前で競馬が出来るタイプで
過去はスローからの瞬発力勝負を勝ってきた馬です。

取り立てて速いペースで引っ張る馬もいなさそうで
この馬の得意なペースになりそうです。

3番手はエキストラエンド
本来は本命を考えていた能力の高い馬ですが、痛恨の外枠
4コーナー外々を回ってくるようだと最後脚が鈍るシーンもありそう。

続いてアドマイヤドバイ、アクションスター
最後にワールドエースとします。

カオスモス、レッドアリオンは中山向きのパワー型なので
今回は軽視しました。特にカオスモスは危険な人気馬ですね。

馬券はフィエロ、オースミナインの2頭軸で3連複4点流しとします。

もう一つの重賞はオークストライアル「フローラS」もいきましょう。

フローラS 勝負度合い 65%

最初に東京芝2000mの特徴から確認しましょう。

東京芝2000mの特徴はコチラ

天皇賞の時によく言われる外枠有利は絶対的条件と言えますね。

こちらの注目は賞金が足りているにも関わらず
桜花賞には目もくれず、ここに駒を進めてきたマジックタイムです。

前走のクイーンCは非常に濃い内容でした。
直線出るところがなく、かなり不利があった中で
フォーエバーモアに詰め寄りました。
内容はフォーエバーモア以上に優秀でしたので

素直に本命は マジックタイム とします。

血統からも距離延長は問題なさそうで
ここはきっちりと結果を出しておきたいですね。

相手は非常に不確定な点が多いですが
人気のマイネグレヴィル、サングレアルはパワー型で
東京コースの適性は厳しく、1戦1勝イサベルは8枠へ

相手は適性があって、コースの恩恵がありそうな馬を選んでいきます。

対抗は ブランネージュ です。

東京は初見参ですが、阪神よりも京都に良績を残しているあたり
東京競馬場の適性も期待出来ます。

3番手はハピネスダンサー

意外にも東京コース走るメイショウサムソン産駒
前で競馬出来る点でも、レースをコントロールできそうで良いですね。

以下、デルフィーノ、プロクリス、ムードウィングスを相手にとります。

マジックタイムからの馬連5点勝負と3連複1頭流し10点勝負とします。

勝負できる重賞はマイラーズCよりもこちらのフローラSなので
大きな的中が欲しいですね。