有馬記念2018枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

有馬記念2018の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた有馬記念2018での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今年のグランプリである有馬記念の枠順が発表されましたね。

 

この枠順を見た私の感想はというと…

「よしっ!!」

という感じです。

 

当日の天気は雨予報が出ていて
その点はちょっと微妙ですが

枠順としては

「今年の有馬記念は勝負できる枠になったな」

という感じですね~

昨年はキタサンブラックから買って
スワーヴリチャード、シュヴァルグランを切ったのにハズレ

一昨年は堅すぎる決着に手も足も出ず

と、近年は結果の出ていない有馬記念ですが

2018年の有馬記念はぶちかましたいですね~

 

という事で、有馬記念2018の枠順確定後の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

有馬記念は馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」はジャパンカップを馬連1点で的中

“有馬記念”はジャパンカップ以上に自信のある【馬連1点勝負】を予定
そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

有馬記念2018の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず有馬記念(中山芝2500m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・展開不問の力勝負

・外枠は不利、5枠以内が有利なレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の土曜日・日曜日は雨の可能性があり
良馬場か稍重馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 オジュウチョウサン

障害を含めて現在11連勝中、
武豊騎手が騎乗することで話題になっている
オジュウチョウサンは最内枠をゲットしました。

単純に物理的な面だけを考えると悪くないのですが
スタミナ豊富なオジュウチョウサンにとって
揉まれる可能性のある最内枠は危険要素

1000万条件から一気にGIになった時に
思ったポジションで競馬が出来るかもわからず
リスクの高い枠順になってしまいましたね。

 

2枠3番 モズカッチャン

昨年のエリザベス女王杯を制している
モズカッチャンは2枠3番に収まりました。

モズカッチャンの過去のレースぶりを見てみると
オークスもフローラステークスもエリザベス女王杯も
内から抜け出しての競馬で
立ち回りの上手さと一瞬の鋭さで勝負する馬だという事が分かります。

今回の3番枠は絶好の枠をゲットできたと言えますね。

 

2枠4番 マカヒキ

天皇賞秋では人気を裏切ってしまったマカヒキは
2枠4番という内枠をゲットしました。

日本ダービーでは内枠から馬群を縫う形で
伸びてきているように本質的には内枠は合うタイプです。

ただ、フランス遠征から勝負根性が少しなくなってきているので
どれだけ前向きな気持ちを保っているのかが焦点となりそうです。

 

3枠5番 パフォーマプロミス

前走のアルゼンチン共和国杯で改めて能力のあるところを見せた
パフォーマプロミスは3枠5番と内目の枠に入りました。

日経新春杯、アルゼンチン共和国杯と上手く好位をキープして
直線で反応よく抜け出してくるレースぶりを見ていると
内枠で上手く立ち回りたいタイプだという事が分かります。

今回の有馬記念の枠である3枠5番は
パフォーマプロミスにとってプラス要素だと言えます。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

有馬記念で勝利を確信しているのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料で有馬記念の勝負馬情報を教えます。

有馬記念の重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

3枠6番 サトノダイヤモンド

一昨年のチャンピオンであり、今回が引退戦となる
サトノダイヤモンドは3枠6番に収まりました。

今年の大阪杯では内枠に入り、馬群に揉まれ
何も出来ずに負けているように
本質的には豊富なスタミナを活かして
外枠から揉まれずに競馬をして持ち味を活かすタイプ

今回の枠順はサトノダイヤモンドにとって良くないですね。

 

4枠8番 ブラストワンピース

今年の有馬記念で唯一の3歳馬となる
ブラストワンピースは4枠8番と真ん中の枠を引きました。

サトノダイヤモンドと同様に体力を活かして勝負するタイプで
内枠に入って馬群に揉まれるのは嫌でしたが
今回は真ん中の4枠8番

外枠だと距離ロスが発生することを考えると
今年の有馬記念でベストの枠順を引いた馬だと言えますね。

 

5枠10番 ミッキースワロー

札幌記念では大敗したもののジャパンカップでは
復活を印象付ける5着に入ったミッキースワロー

体力がある反面、スピード能力に欠ける馬で
内枠に入ると後方まで下げさせられそうでしたが
今回は真ん中の偶数枠という絶好の条件

ブラストワンピースと同様にベストの枠に入りましたね。

 

6枠11番 ミッキーロケット

今年の宝塚記念を勝利して充実期を迎えている
ミッキーロケットは6枠11番と外目の枠に入りました。

今年の天皇賞春や宝塚記念では上手く立ち回って
距離ロスのないインコースを走ってきた
ミッキーロケットにとって、今回引き当てた11番枠はそれほど良くありません。

もう少し内目の枠を引きたかったですね。




 

6枠12番 レイデオロ

秋シーズンはオールカマー、天皇賞秋と連勝
有馬記念2018では一番人気が予想される
レイデオロは6枠12番と外目の枠を引きました。

有馬記念という舞台において6枠よりも外はマイナス要素ですが
レイデオロ自身の適性として考えると
馬群に揉まれるよりも外からゆったりと競馬をした方が良いタイプなので
今回の12番枠は決して悪い枠ではありません。

レイデオロの力は出せる枠順に入ったと言えますね。

 

7枠14番 キセキ

天皇賞秋、ジャパンカップと今年の秋GIを
大いに盛り上げてくれているキセキは
7枠14番と外目の枠を引きました。

レイデオロのところでも話した通り
有馬記念では原則外枠は不利な枠です。

ただ、キセキの場合は逃げ戦法をとっており
前に出てしまえば、距離ロスを被ることもないので
それほど悲観することのない枠順だと言えます。

 

8枠15番 シュヴァルグラン

昨年の有馬記念では3着と好走した
シュヴァルグランは8枠15番と外目の枠を引きました。

シュヴァルグランは純粋な差し馬なので
今回の外枠は顕著に距離ロスのリスクが襲い掛かりそうです。

ここは痛恨の枠順を引いてしまいましたね。




 

まとめ

有馬記念2018で良い条件の枠をゲットしたのは

4枠8番 ブラストワンピース

5枠10番 ミッキースワロー

2枠3番 モズカッチャン

今回はこの3頭を挙げたいと思います。

レイデオロが中心となる今年の有馬記念

ですが、展開のカギを握るのはキセキ。

キセキがどれくらいのペースで逃げるのか?

そして、キセキについていく馬はどの馬なのか?

このあたりで展開や着順が大きく変わってきそうですね。

 

私が有馬記念2018で注目している馬は
今回は良い枠順を引いて、一発をかましてくれそうな気配を見せているあの馬です。

末脚勝負になってしまうと難しいですが
自分で競馬を動かせれば、十分に勝負できる馬ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。