ホープフルステークス2018の過去10年データ分析|皐月賞と同じタフな舞台を前提にする

Pocket

ホープフルステークス2018を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
ホープフルステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

有馬記念も終わって、今週はホープフルステークスが行われます。


(2017ホープフルステークス タイムフライヤー)

昨年はGI初年度という事で
ホープフルステークスと同じ舞台で行われる
皐月賞の活躍馬を出してくれるのかなぁ

と、期待していましたが

1着 タイムフライヤー

2着 ジャンダルム

3着 ステイフーリッシュ

ど、どの馬もクラシックで見せ場を作れず…

 

4着だったサンリヴァルが唯一皐月賞で2着に入り
かろうじて意地をみせましたが

GIの価値を感じないレースになってしまいましたね~

 

昨年がたまたまメンバーが揃っていなかったのか

それとも2歳のこの時期に中山芝2000mというタフな舞台で
目一杯のレースをすると馬に多大な影響を与えるのか?

 

今年のホープフルステークスでは素質馬が出走しますので
今後もクラシックとの繋がりを見ていきたいですね。

 

そんな、ホープフルステークスのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

ホープフルステークスは中山芝2000mで行われています。

以前はオープン特別として行われていましたが
数年前にG2に昇格、そして昨年はGIに昇格と
JRAの意図が見えるプログラムに変わってきました。

皐月賞と同じ舞台で行われるレースなので
ホープフルステークスで好成績を収めた馬は
クラシックに向けて注目する存在になりますが

そんなホープフルステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ホープフルSはあの馬を買えば楽に的中できるレースだ!

【2018年無料予想11週連続的中の実績がある競馬サイト!】
2018年秋のGIウィークでも大暴れ

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料でホープフルステークスの極秘情報を公開します。

「秋競馬でなかなか調子が上がらない」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」のホープフルステークス情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  ホープフルステークスの予想をチェック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ホープフルステークス過去10年のデータ分析

原則先行馬有利も、差し馬の存在感が増してくる!

まず、最初に注目したのはホープフルステークスの脚質です。
以下はホープフルステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

データを見てみると

先行馬が優勢である事は分かりますが
逃げ馬は苦戦を強いられています。

 

中山競馬場のコース形態を見てみると

ホープフルステークスはコースを1周するレースになっており
中山の急坂を2度超えるタフなコース

直線が短い事も手伝って
脚を溜めて直線で末脚爆発とはなりづらい形態です。

 

逆にタフな舞台であるだけに逃げ馬にとっても楽な舞台ではなく

好位の位置で競馬を進めた馬が
直線で持続力を活かしてなだれ込んでいる

と言えますね。

 

ただ、重賞レースに格上げされてからのレースを見てみると
少し毛色が変わってきます。

GIに昇格された昨年のホープフルステークスは

1着 タイムフライヤーが 4角9番手
2着 ジャンダルムが 4角7番手
3着 ステイフーリッシュが 4角8番手

と、差し馬3頭での決着

 

レースの格が上がり、流れが激しくなりやすい

という点だけは押さえておきましょう。



 

タフなレースで揉まれるのは辛い!

次にホープフルステークスの枠順別成績を見てみましょう。

オープン特別時代の成績も含まれていますが

「外枠が有利」

であることが分かります。

 

ホープフルステークスはタフな舞台で行われるレース

内枠に入った馬は距離ロスを避ける事が出来て
物理的な優位を得る事が出来ますが

その分、馬群に揉まれて精神的な負担を強いられます。

2歳のこの時期にタフなレースをするのはかなり厳しく

のびのびと外で競馬が出来た方が良いパフォーマンスを見せられている

という事が分かりますね。

 




 

2歳GIは素質重視!格よりも前走内容に注目!

最後にホープフルステークスの
前走クラス別成績を見てみましょう。

前走でオープン特別以上のレースを走った馬よりも
条件戦を走った馬の方が圧倒的に好成績を収めています。

朝日杯フューチュリティステークスや
阪神ジュベナイルフィリーズなどもそうなのですが

この時期の2歳GIは格というものが存在せず
現状の能力、スケールなどが、そのまま反映するパターンが多くなります。

素質重視、能力重視という事で予想をしていく方が
的中に近づけると言えますね。

 

ただ、ホープフルステークスはGIに昇格したので

重賞で実績を残している素質馬がこのレースを狙ってくる

という形は今後想定されます。

 

最後にホープフルステークスにおける過去10年の種牡馬別成績を見てみましょう。

キングカメハメハ、ディープインパクト、ステイゴールド

が好成績を収めているように

「素質重視」

が顕著に現れています。

 

キングカメハメハ産駒の レイデオロ

ディープインパクト産駒の シャイニングレイ

ハーツクライ産駒の タイムフライヤー

素質のある血統には注目が必要です。

 

以上がホープフルステークス2018を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

ホープフルステークスは
中山芝2000mという皐月賞と同じタフな条件で行われるので

原則的に先行馬が有利なレースです

ただ、重賞競走に昇格してからは差し馬も台頭しているように

”流れが速くなると前崩れにもなるコースです”

予想の期待値を上げるには

「前崩れ」か「前残り」かを決め打ちする

という事が大切になるレースですね。

 

私がホープフルステークス2018で注目しているのは
サートゥルナーリアでもニシノデイジーでもありません。

上の2頭よりも圧倒的に期待値が高いと思っているあの馬です。

大穴を狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ