有馬記念2018血統予想|中山芝2500mに適応出来るのはどんな血統?

Pocket

有馬記念2018において中山芝2500mコースに
適応した血統はどんな血統か?

という点について過去の実績を踏まえて
血統面から気になる馬場適性を話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は有馬記念が行われますね。


(2017有馬記念 キタサンブラック)

私は今まで「血統」とうい要素をそれほど入れてなかったんですが
馬場適性やコース適性を読むのには非常に有効だと思っています。

ですので、血統予想を少し掘り下げてみて
ブログに載せてみようかなと思い、有馬記念2018を取り上げてみました。

人気馬が強い有馬記念ですが、好走馬の血統を探ってみると
結構共通点があるので、予想に役に立ちそうなんですよね。

ただ、一般的なゴリゴリの血統論ではなく
大枠で特徴を捉える血統論を使って予想に活かしていきたいと思います。

 

有馬記念は中山芝2500mという特殊条件で行われるレースなので
パワー勝負・スタミナ勝負という認識での予想をしていくと
的中に近づいていくレースになります。

ですので、中山芝2500mという条件で
パフォーマンスを上げてきそうな血統の馬と
逆にパフォーマンスを下げてきそうな血統の馬を挙げてみました。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

今年の有馬記念はレイデオロではなく、あの関西馬だ!

チェックメイトでは有馬記念において

“レイデオロを上回る存在である関西馬”
の存在を掴んでいます。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
有馬記念で爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

有馬記念の馬場傾向

有馬記念に合う血統の馬を探す前に
どういった馬が有馬記念で
活躍しているのかを探していきましょう!

 

過去10年における有馬記念
における種牡馬別成績を見てみます。

なんといっても真っ先に目につくのは

“ディープインパクト産駒の不振”

です。

 

ディープインパクト産駒の武器といえば

「スピード」と「瞬発力」ですから

この2つの武器が活きない舞台

という事が言えますよね。

 

また、有馬記念は世代を代表するトップホースが活躍するレース

スーパーホースであった

オルフェーヴル、キタサンブラック、ブエナビスタ

ジェンティルドンナ、ダイワスカーレット

などを除外して考えると

パワー系の馬が好成績を残している事が分かります。

 

次に過去10年における有馬記念の
4コーナーでの順位別成績を見てみます。

 

率でいえば、先行馬が好成績です、回収率の面ではほぼ互角

脚質の有利不利が少ないレースだと言えますね。

 




 

有馬記念過去3年のレースから見る傾向

続いて、過去3年の有馬記念の結果を見て
近年の有馬記念の傾向も探っていきましょう。

< 2017年 有馬記念 良馬場 >

1100m通過タイム 1分8秒1

1着 キタサンブラック 2分33秒6
3コーナー順位 1位 4コーナー順位 1位  上がり3F 35.2秒

2着 クイーンズリング 1馬身1/2差
3コーナー順位 5位 4コーナー順位 3位  上がり3F 35.1秒

3着 シュヴァルグラン ハナ差
3コーナー順位 8位 4コーナー順位 8位  上がり3F 34.8秒

 

< 2016年 有馬記念 良馬場 >

1100m通過タイム 1分7秒5

1着 サトノダイヤモンド 2分32秒6
3コーナー順位 3位 4コーナー順位 3位  上がり3F 35.5秒

2着 キタサンブラック クビ差
3コーナー順位 2位 4コーナー順位 2位  上がり3F 35.8秒

3着 ゴールドアクター 1/2馬身差
3コーナー順位 3位 4コーナー順位 3位  上がり3F 35.7秒

 

< 2015年 有馬記念 良馬場 >

1100m通過タイム 1分8秒9

1着 ゴールドアクター 2分33秒0
3コーナー順位 5位 4コーナー順位 3位  上がり3F 34.8秒

2着 サウンズオブアース クビ馬身差
3コーナー順位 5位 4コーナー順位 6位  上がり3F 34.7秒

3着 キタサンブラック 3/4馬身差
3コーナー順位 1位 4コーナー順位 1位  上がり3F 35.1秒

 

過去3年のレース結果を見ると

とにかく逃げ・先行馬が来ている

という感じがしますね。

キタサンブラックやサトノダイヤモンドといった
強豪馬もいつもより前で競馬をしており

“近年は前の位置を取れる器用さとスタミナ”

この2つが必要になっている事が分かります。

 

という事で

有馬記念の馬場適性と近3年の傾向を合わせた
条件に当てはまる馬を探していきましょう。

 



 

有馬記念出走有力馬の血統と馬場適性分析

レイデオロ

父 キングカメハメハ
母父 シンボリクリスエス

スタミナを中心にバランスの取れた能力を持つキングカメハメハと
全体的に平均的な能力を持つシンボリクリスエスとの組み合わせ

スタミナ色が強く出ている配合で
スピード勝負、瞬発力勝負という点では脆さを見せるタイプ

天皇賞秋ではキセキが飛ばしたことで
持久力勝負に持ち込めたので好走出来ましたが

本質的には有馬記念のようなコースが向いている馬

中山芝2500mの舞台は絶好の条件ですね。

 

キセキ

父 ルーラーシップ
母父 ディープインパクト

闘争心をベースにスタミナと持久力を持つルーラーシップに
スピードと瞬発力の鋭いディープインパクトとの組み合わせ

3歳夏頃はディープインパクトの瞬発力が色濃く出ており
末脚勝負をするタイプの馬でしたが

今年の秋はルーラーシップの闘争心とスタミナを武器に
前々での大量勝負を仕掛ける馬に変わりました。

今回の有馬記念は脚質的には向きますが
スピード溢れる逃げを見せるキセキにとって距離は未知数

自分のリズムで逃げられれば、三度好走が見れらそうですね。

 

サトノダイヤモンド

父 ディープインパクト
母父 Orpen

スピードと瞬発力の鋭いディープインパクトに
スピードに特化したOrpenとの組み合わせ

Orpenは現役時代は未勝利と続くモルニ賞(GI)を制していますが
以降4戦は惨敗しており、6戦4勝で現役を引退した馬です。

血統面だけを見ると短距離で持ち味を発揮しそうな馬ですが
サトノダイヤモンドの過去のレースを見ると
ゆったりとしたスタミナ色の強い走りをしています。

血統面と実際の走りは合致していませんが
スタミナ色の強いレースぶりは有馬記念には向いています。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

有馬記念は馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」はジャパンカップを馬連1点で的中

“有馬記念”はジャパンカップ以上に自信のある【馬連1点勝負】を予定
そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

モズカッチャン

父 ハービンジャー
母父 キングカメハメハ

豊富なスタミナを持つハービンジャーに
スタミナを中心にバランスの取れた能力を持つキングカメハメハとの組み合わせ

血統的にはスタミナ優位で体力勝負を仕掛けるような形ですが
モズカッチャンの実際の走りを見てみると

馬群に怯まない勝負根性と立ち回りの上手さを備えた器用なタイプで
従来のハービンジャー産駒とはひと味違います。

有馬記念については体力勝負型の方が有利な事が多いですが
内枠を引くことが出来れば、ロスのない競馬が出来そうです。

 

ブラストワンピース

父 ハービンジャー
母父 キングカメハメハ

豊富なスタミナを持つハービンジャーに
スタミナを中心にバランスの取れた能力を持つキングカメハメハとの組み合わせ

双方ともスタミナのあるタイプの馬で
ブラストワンピースもこのスタミナを大いに受け継いでいます。

末脚の切れ味がある馬ではありませんが
豊富な体力でずっと伸び続ける馬なので
有馬記念という舞台に適性のある舞台だと言えますね。

 

マカヒキ

父 ディープインパクト
母父 フレンチデピュティ(Cactus Ridge)

スピードと瞬発力の鋭いディープインパクトに
パワーとスピードを持ち合わせるフレンチデピュティとの組み合わせ

フレンチデピュティはクロフネの父親として有名ですが
クロフネ以外にもアドマイヤジュピタやエイシンデピュティなど
中長距離でも力を発揮していますが、スピードも持ち合わせています。

マカヒキ自身としては弥生賞や皐月賞で強い内容の競馬を見せているように
ディープインパクトらしい瞬発力を持ち合わせながら
力の要る条件でもパフォーマンスを発揮していました。

瞬発力が通用せず、ディープインパクト産駒が苦戦している有馬記念において
マカヒキは不向きな馬だと言えますね。

 

ミッキーロケット

父 キングカメハメハ
母父 ピヴォタル

スタミナを中心にバランスの取れた能力を持つキングカメハメハと
スピードに特化しているピヴォタルとの組み合わせ

ピヴォタルはキャリア6戦しかしておらず
重賞は2勝しておりいずれも1000mのレース

ノーザンダンサー系のスピードを色濃く継いでいる馬です。

ミッキーロケット自身はキングカメハメハからスタミナと
ピヴォタルのスピードが上手く合わさり
3歳時は後方からの末脚勝負で持ち味を発揮してきました。

現在はスピードが少し衰えてきて
スタミナと持久力で勝負するタイプの馬になっており
有馬記念の舞台はミッキーロケットに合っていますね。




 

まとめ

とここまでの話をまとめると

有馬記念に一番フィットした血統を持つ馬は

レイデオロ

二番目にフィットした血統を持つ馬は

ミッキーロケット

であると結論付けます。

 

有馬記念はスピードや瞬発力よりも
“スタミナとパワー”が必要となるレースなので

スタミナのある血統、パワーを保持している血統を持つ馬が買いやすいですね。

 

という事で、有馬記念の予想を頑張りましょう!!

 

私が有馬記念2018で注目している馬は
豊富なスタミナを持つ血統で、有馬記念で激走の気配を見せているあの馬です。

有馬記念では人気の盲点となりそうですし、狙える馬ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。