有馬記念2018過去10年のデータ分析|クセがありそうでフラットなレース

Pocket

有馬記念2018を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
有馬記念で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は有馬記念が行われます。


(2017有馬記念 キタサンブラック)

 

有馬記念といえば、普段競馬をやらない人も多数参加する

「国民的行事」

昨年の有馬記念は国民的行事に相応しく
日本を代表する名馬キタサンブラックが勝利

引退戦をしっかりと勝利で飾ってくれました。

 

過去にはディープインパクト、オルフェーヴルといった
日本を代表する名馬が引退戦を飾っており
綺麗に花道を飾れる舞台となっていますね

上記2頭以外にもジェンティルドンナ、シンボリクリスエスが勝利していますが

ゴールドシップ、ブエナビスタ

あたりは惨敗して競走生活を終えているように
競走馬のドラマが見られるところが

ただのGIレースではない存在感を出していますね。

 

ちなみに馬券的には2012年の有馬記念が最もインパクトがありました。

このレースは伏兵馬に魅力的な馬がおらず
予想的にはゴールドシップとルーラーシップが優勢

ただ、この2頭を1,2着に勝っても仕方がないという事で

サンドイッチにする形で3連単1,3着流しで馬券を購入

有馬記念に強いステイゴールド産駒で
ルメール騎手が騎乗したオーシャンブルーも相手に入れていたので

3連単 242.5倍 を的中!!

回収率1000%を超える配当を手にすることが出来ました。

 

一方、一番印象深かったのが4着のエイシンフラッシュです。

このレースは朝一で三浦皇成騎手に乗り替わったんですよね~
(もともとは誰だったな?デムーロかな?)

もともと買う予定がなかったんですけど、
三浦皇成騎手に乗り替わったことで

「よし!これは絶対に来ないぞ!」

と思い自信満々に馬券を買ったんですが

4コーナーでエイシンフラッシュが抜け出してきたんですよね~

あの瞬間は本当にビビりました。

 

結果的には完全なる仕掛け早だったので、
エイシンフラッシュは最後失速してしまいましたが

外人騎手だったら普通に来ていたでしょうね~

 

競馬には運とか流れが必要なんだなぁ

という事が分かった有馬記念でした。

 

という事で、有馬記念2018のデータ分析に行ってみましょう。

 




 

有馬記念は中山芝2500mで行われています。

中山芝2500mというタフな条件で行われるだけに
精神的にも肉体的にも強くないと勝てないレースです。

特殊コースで傾向が浮き彫りになりやすい
有馬記念を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

有馬記念はあの馬を買えば楽に的中できるレースだ!

【2018年無料予想11週連続的中の実績がある競馬サイト!】
2018年秋のGIウィークでも大暴れ

絶好調の「俺の競馬」ですが、この俺の競馬の情報精度を
是非、貴方にも体験してほしいので
今週「俺の競馬」の無料会員に登録してくれた人には
無料で有馬記念の極秘情報を公開します。

「秋競馬でなかなか調子が上がらない」
という人は登録して無料情報を手に入れてください。

登録費用無料の『俺の競馬』は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「俺の予想」の有馬記念情報を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  有馬記念の予想をチェック  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

有馬記念過去10年のデータ分析

脚質の有利不利はなし!強い馬が勝つ実力勝負

まず、最初に注目したのは有馬記念の脚質です。
以下は有馬記念での4コーナーでの順位別成績です。

好走率だけで見れば先行した馬が好成績を収めていますが
回収率の面だけで考えると

“脚質の有利不利はなく互角”

という事が言えます

 

ディープインパクト、オルフェーヴル、シンボリクリスエスなど
後方から捲って4コーナーで先頭に立ち、そのまま突き放す

というようなイメージが強い有馬記念ですが

昨年の有馬記念はキタサンブラックの逃げ切り

一昨年はサトノダイヤモンドが3番手追走からの抜け出し

3年前はゴールドアクターが3番手追走からの抜け出し

と、近年は先行した馬が活躍しているレースです。

 

ちなみに過去10年の人気別成績を見てみると

1番人気馬の複勝率は90%

と安定した成績を見せています。

 

唯一、人気を裏切ったのは2015年のゴールドシップ

この年のゴールドシップは

宝塚記念15着、ジャパンカップ10着の後の臨戦で
全盛期を超えているのに引退戦という事で人気になった年でした。

有馬記念は特殊コースで行われますが

“脚質の有利不利がなく、実力通りに決まるレース”

という事を覚えておきたいですね。



 

脚質の有利不利がなくとも距離ロスのある外枠は難しい!

次に有馬記念の枠順別成績を見てみましょう。

8枠の成績が抜けて悪い点が気になります。

7枠の馬を見てみても

複勝回収率は 30%

そして、6枠の馬を見てみても

複勝回収率は 54%

と、外に入れば入るほど
成績が悪くなっている点が気になります。

 

有馬記念はスタートしてすぐに3コーナーに突入するコース

スタートからゴールまでコーナーが6回あるという事に加えて
スタートしてからすぐにコーナーを迎えるコースである事から

“外を回る馬は圧倒的に不利”

という結果に繋がっています。

 

有馬記念の牝馬成績を見てみると

複勝率及び複勝回収率は平均値よりも上です。

 

先ほども話しているように

“有馬記念は外々を回ってくる馬が不利”

歴代の名馬がやってきたような捲り戦法は通用せず

極端なスタミナ勝負になっていないことが分かります。

 

有馬記念はタフな条件でありながら
スタミナ勝負になっていない

という事が分かります。

 




 

能力勝負の有馬記念は若駒が有利!

最後に有馬記念の年齢別成績を見てみましょう。

馬券に絡んでいる馬の年齢を3歳、4歳、5歳の3パターン

その中でも回収率や好走率の面などを見てみると

“3歳馬と4歳馬が有利なレース”

という事が分かります。

 

有馬記念は特殊コースながら脚質の有利不利が少ないレース

となると、単純に問われるのは「能力」です。

 

 

立ち回りの上手さや我慢比べだとベテランに軍配が上がりますが

“純粋な能力勝負となると若い馬が強い”

という事は競馬界の鉄則なので、

 

単純に能力の高い馬、今一番勢いのある馬

を買う事が勝利への近道だと言えますね。

 

ちなみに過去10年の前走レース名別成績を見てみると

ジャパンカップ、菊花賞、天皇賞秋

といったレベルの高いレースを使ってきた臨戦が好成績

 

ジャパンカップはレース間隔が詰まっている事から
回収率の点では一歩見劣りますが

“有馬記念はレベルの高い馬が活躍するレース”

という事が言えます。

とにもかくにも能力勝負ですね。

 

以上が有馬記念2018を攻略するための主たるデータです。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

有馬記念はレイデオロの1強レースではない!

圧倒的な1番人気になるレイデオロを
負かせる馬は1頭だけ

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースは有馬記念

競馬学会では有馬記念の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

まとめ

有馬記念は中山芝2500mという条件で行われますが

とにかく能力が重要視されるレースです。

脚質的な有利不利は少ないレースですが
外枠に入ると成績が落ちてしまうレースなので

差し馬を買うにしても内枠の馬に注目したいですね。

特殊コースという事を考えずに
どの馬が強いのか?どの馬が調子が良いのか?

という事が大切になるレースですね。

 

私が有馬記念2018で注目しているのは
王道のローテーションながら配当妙味が十分にあるあの馬です。

過去のレースでは実力を発揮できなかったレースもありますが
馬の能力だけを見れば、ここで上位の存在と言える馬ですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。