【有馬記念2018】サトノダイヤモンドが期待値の低い最も危険な馬だと言える根拠は?

Pocket

有馬記念2018に出走を予定している
サトノダイヤモンドが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いよいよ2018年の競馬もクライマックスを迎えます。

「今週の危険な人気馬」

 

というコーナーを1年間やってきましたが

「切る馬って本当に大事だなぁ」

って思います。

 

1番人気馬を確実に切ることが出来れば
収支的にはほぼプラス確定ですからね

それくらいの破壊力があることなんですよ。

「馬を切る」という事は。

 

2018年の有馬記念においても
私はバッシバシと切っていく予定です。

(1点勝負の可能性もあります)

 

その中でも、有馬記念でまず来ないであろう

自信の切り馬を公開していきたいと思います。

 




 

有馬記念のメンバーを見てみると

レイデオロが圧倒的な人気に推されそうな感じ

 

ライバルと目されていたスワーヴリチャードは出走しませんし
フィエールマン、ワグネリアン、エポカドーロといった
3歳のGI馬も出場しないとあって
波乱の要素は比較的少ないレースだと言えますね。

 

そして、こういうレースこそ切り馬のチョイスが大切になってくると思うので
私が有馬記念2018で、最も買ってはいけない馬について話をします。

 

有馬記念2018で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

サトノダイヤモンド

です。

 

 

サトノダイヤモンドは言わずと知れた菊花賞馬

3歳の冬にはキタサンブラックとガチンコの勝負を繰り広げて
接戦をものにした2冠馬です。

その実力は折り紙付きですが

凱旋門賞に遠征してからは不振が続いていました。

しかし、秋初戦の京都大賞典では久しぶりの勝利を収めて
勝った経験のある有馬記念2018でも
人気に支持されそうな馬です。

そんなサトノダイヤモンドがなぜ
2018有馬記念で危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

有馬記念のコース分析

有馬記念2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

有馬記念2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

有馬記念、絶対の自信を持つはあの馬!
有馬は勝負気配が突き抜けているのあの馬に注目!

突き抜けた情報力を持つ競馬サイト「コイン」

今週のメインレースは有馬記念

コインでは有馬記念の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「コイン」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『コイン』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

当サイトからご紹介出来るのは30名様のみ!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

サトノダイヤモンドの不安要素

既にGIで戦えるだけの気持ちはなし

サトノダイヤモンドは3歳時に菊花賞と有馬記念を勝ちましたが
この頃のサトノダイヤモンドは最高峰の戦いでも
自分の力を出し切れるだけの精神力を持っていました。

 

しかし、天皇賞春2017でレコード決着となる
激しい競馬を経験した後に

フランス遠征をしてレースを2戦使ったことから

サトノダイヤモンドは大きく消耗してしまいました。

 

2017年の天皇賞春は今までにないくらいに
激しい競馬になったことで

3着のサトノダイヤモンドだけでなく

1着のキタサンブラックや2着のシュヴァルグランも
大きく消耗してしまったレースでした。

 

キタサンブラックに関しては古馬になって
怪物級の強さを手にした後で唯一大敗したレースが

2017年の宝塚記念なので

どれだけ天皇賞春2017が苦しいレースだったかがわかると思います。

 

サトノダイヤモンドはこの激戦に加えて
疲れが抜けきれない状態で海外遠征に出てしまったので

致命的なダメージを追ってしまいました。

 

金鯱賞や京都大賞典といった頭数が少ない
トライアル的なG2レースでは気持ちが持ちますが

ジャパンカップや宝塚記念でなすすべなく負けているように
GIでの激戦に耐えられる気持ちの強さはありません。

 

本来であれば、天皇賞春であれだけの負担を強いた時点で
フランス遠征は辞退しなくてはいけなかったのですが
無理に強行したことで、サトノダイヤモンドは完全に壊れてしまいました。

残念ですが、これも競馬ですね。

当然2018年の有馬記念もタフな競馬になるので
サトノダイヤモンドにとっては厳しいレースになります。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

有馬記念は馬連1点勝負で十分なレースだ!

「トップシークレット」はジャパンカップを馬連1点で的中

“有馬記念”はジャパンカップ以上に自信のある【馬連1点勝負】を予定
そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

早熟傾向のディープインパクト産駒に古馬の有馬記念は厳しい…

毎年リーディングサイアーのトップをひた走る
ディープインパクトですが

ディープインパクト産駒は早熟傾向にあり、
2歳、3歳時に高いパフォーマンスを発揮します。

 

以下は、ディープインパクト産駒の年齢別成績になります。

2歳時の成績が一番よく、4歳を過ぎていくと
顕著に成績が落ちていることが分かります。

 

サトノダイヤモンドが出走した
皐月賞、日本ダービー、菊花賞では

ディーマジェスティ、マカヒキ、サトノダイヤモンド

と、3頭のディープインパクト産駒が勝ちましたが

どの馬も完全に先細ってしまい活躍できていません。

 

先輩のダービー馬である キズナ

も、日本ダービーを勝利して以降、イマイチの競馬が続き引退してしまいました。

 

昨年の朝日杯フューチュリティステークス勝ち馬である ダノンプレミアム

今年の日本ダービー勝ち馬である ワグネリアン

どちらも今年の秋シーズンにはGIに出走できておらず

ディープインパクト産駒がいかに古馬になると
心身ともに弱くなってしまうかが分かります。

5歳の秋にサトノダイヤモンドが輝く可能性は高いとは言えません。

 




 

以上、2つの理由から

有馬記念2018で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

サトノダイヤモンド

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

菊花賞、有馬記念とGIを2勝しているサトノダイヤモンドですが

昨年の天皇賞春を激走して、体調が整わない中で
フランス遠征を敢行したため

“馬が極度に消耗してしまいました”

それゆえにGIなどの激しい舞台での活躍は見込めず
有馬記念2018では厳しい存在になります。

 

また、ディープインパクト産駒であるサトノダイヤモンドは
血統面から見ても早熟傾向があり

5歳秋に迎えるレースととしてはパフォーマンスを発揮できない可能性が高く
有馬記念2018では期待値の低い馬だと言えます。

有馬記念ではサトノダイヤモンドを切って勝負したいですね。

 

 

有馬記念2018で私が注目している馬は
サトノダイヤモンドとは対照的に消耗度合いが少ない馬です。

能力的には十分にGIで戦えますし
馬の余力も十分、コース適性もあり、ここは期待できますよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ