朝日杯フューチュリティステークス2018血統予想|阪神芝1600mに適応出来るのはどんな血統?

Pocket

朝日杯フューチュリティステークス2018において阪神芝1600mの外回りコースに
適応した血統はどんな血統か?

という点について過去の実績を踏まえて
血統面から気になる馬場適性を話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は朝日杯フューチュリティステークスが行われますね。


(2017朝日杯フューチュリティステークス ダノンプレミアム)

私は今まで「血統」とうい要素をそれほど入れてなかったんですが
馬場適性やコース適性を読むのには非常に有効だと思っています。

ですので、血統予想を少し掘り下げてみて
ブログに載せてみようかなと思い、朝日杯フューチュリティステークス2018を取り上げてみました。

2歳戦は戦績が少ないので一つでも検討の材料が
あった方がいいですからね~

ただ、一般的なゴリゴリの血統論ではなく
大枠で特徴を捉える血統論を使って予想に活かしていきたいと思います。

 

朝日杯フューチュリティステークスは先週行われた阪神ジュベナイルフィリーズと
同じコースである阪神競馬場の外回りで行われるレースなので
スピード勝負・瞬発力勝負という認識での予想をしていくと
的中に近づいていくレースになります。

ですので、阪神芝1600mという条件で
パフォーマンスを上げてきそうな血統の馬と
逆にパフォーマンスを下げてきそうな血統の馬を挙げてみました。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

朝日杯FSでグランアレグリアの相手になるのはあの馬!

ここはメイチで当然勝ち負けを確信している!

『ギャロップジャパン』では、関係者がここは勝てる
という馬の情報を入手しています。

今週『ギャロップジャパン』に無料会員登録してくれた人には
無料で朝日杯フューチュリティステークス勝負馬の情報を教えます。

朝日杯フューチュリティステークスの重要情報以外にも
毎日1レース無料で勝負レースの予想買い目を提供します。

以下をクリックして情報を入手してください。
↓ ↓
ギャロップジャパンの無料登録はコチラ

↑↑ 今週の重賞の予想配信権ゲットをここから ↑↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

朝日杯フューチュリティステークスの馬場傾向

朝日杯フューチュリティステークスに合う血統の馬を探す前に
どういった馬が朝日杯フューチュリティステークスで
活躍しているのかを探していきましょう!

朝日杯フューチュリティステークスが阪神芝1600m
という条件になってからまだ4回

歴史が浅く、この4回でデータを取るのが危険なので
同じ条件でずっと行われている
阪神ジュベナイルフィリーズで好走している馬を探っていきましょう。

過去10年における阪神ジュベナイルフィリーズ
における種牡馬別成績を見てみます。

ディープインパクト、ステイゴールド、アグネスタキオンといった
サンデーサイレンス系の種牡馬に加えて
4位にはキングカメハメハが入っており

・瞬発力勝負が得意な馬

・絶対的な能力が高い馬

この2パターンに該当する馬が好走しています。

 

次に過去10年における阪神ジュベナイルフィリーズの
4コーナーでの順位別成績を見てみます。

 

阪神芝外回りコース全体で見ても同じことがいえますが

差し馬が強いレースとなっています。

 

阪神ジュベナイルフィリーズは直線が長く
広いコースで行われるため、無理にポジションを取る必要はないので

器用さや立ち回りの上手さは必要なく
持っている能力が問われるレースとなっています。

つまり、朝日杯フューチュリティステークスでも
同様の傾向であると考えられますね。




 

朝日杯フューチュリティステークス過去3年のレースから見る傾向

続いて、過去3年の朝日杯フューチュリティステークスの結果を見て
近年の朝日杯フューチュリティステークスの傾向も探っていきましょう。

< 2017年 朝日杯フューチュリティステークス 良馬場 >

1000m通過タイム 59秒3

1着 ダノンプレミアム 1分33秒3
3コーナー順位 3位 4コーナー順位 4位  上がり3F 33.6秒

2着 ステルヴィオ 3馬身1/2差
3コーナー順位 12位 4コーナー順位 10位  上がり3F 33.8秒

3着 タワーオブロンドン クビ差
3コーナー順位 7位 4コーナー順位 7位  上がり3F 34.0秒

 

< 2016年 朝日杯フューチュリティステークス 良馬場 >

1000m通過タイム 60秒6

1着 サトノアレス 1分35秒4
3コーナー順位 13位 4コーナー順位 12位  上がり3F 34.1秒

2着 モンドキャンノ 1/2馬身差
3コーナー順位 14位 4コーナー順位 14位  上がり3F 34.0秒

3着 ボンセルヴィーソ 2馬身差
3コーナー順位 1位 4コーナー順位 1位  上がり3F 35.2秒

 

< 2015年 朝日杯フューチュリティステークス 良馬場 >

1000m通過タイム 60秒0

1着 リオンディーズ 1分34秒4
3コーナー順位 15位 4コーナー順位 15位  上がり3F 33.3秒

2着 エアスピネル 3/4馬身差
3コーナー順位 8位 4コーナー順位 6位  上がり3F 34.0秒

3着 シャドウアプローチ 4馬身差
3コーナー順位 10位 4コーナー順位 6位  上がり3F 34.7秒

 

過去3年のレース結果を見ても

とにかく差し・追い込み馬が来ている

という感じがしますね。

前で粘っていた馬は突き抜けた強さを持っていたダノンプレミアムと
1000m60秒6という超スローペースに持ち込んだ
ボンセルヴィーソくらいですからね~

ただ、ボンセルヴィーソの年もボンセル以外は差し馬が上位に来ているので
朝日杯フューチュリティステークスが差しレースになっていることが分かります。

 

という事で

朝日杯フューチュリティステークスの馬場適性と近3年の傾向を合わせた
条件に当てはまる馬を探していきましょう。

 



 

朝日杯フューチュリティステークス出走有力馬の血統と馬場適性分析

グランアレグリア

父 ディープインパクト
母父 タピット

スピードと瞬発力の鋭いディープインパクトに
パワーと爆発力を持つタピットとの組み合わせ

母父であるタピットはダートで活躍する馬が多い種牡馬

フェブラリーステークス勝ち馬のテスタマッタ
ローズステークス勝ち馬で近走はダートでの勝ち星が目立つラビットランを
輩出している事で有名な馬ですね。

ダート馬の場合、先行して持続力を活かすタイプの馬が多いのですが
タピットの場合は末脚の爆発力を秘めたダート馬が多く

ディープインパクトの特徴と合わせて
爆発力のある配合になっています。

前走のサウジアラビアロイヤルカップが示す通り
出遅れや大味な競馬をする荒々しさはありますが
能力と爆発力はピカイチ

朝日杯フューチュリティステークスの舞台には合っている馬ですね。

 

アドマイヤマーズ

父 ダイワメジャー
母父 Medicean

スピードとパワーを持ち合わせた上に、持久力を持つダイワメジャーに
マキャベリアンのマキャベリアンの血を引くMediceanとの組み合わせ

Medicean の父であるマキャヴェリアンは早熟傾向のある短距離馬で
Medicean自身は種牡馬としての実績は皆無で底力にはかける馬です。

父親であるダイワメジャーもクラスが上がれば上がるほど
パンチ力を失っていくタイプの種牡馬で
Mediceanと合わせてGIでの底力には不安が残ります。

末脚勝負となりやすい朝日杯フューチュリティステークスにおいて
脚質も合わずに、血統面からみると不安要素の多い馬ですね。

 

ケイデンスコール

父 ロードカナロア
母父 ハーツクライ

スピードと闘争心を持ち合わせるロードカナロアと
スタミナと長くいい脚を使える持久力を持ち合わせるハーツクライとの組み合わせ

父親も母父も日本で走った馬なので、特徴を使いやすい馬ですね。

ロードカナロアは昨年デビューした種牡馬ですが
アーモンドアイやステルヴィオのような切れ味を武器にしている馬が多いです。

また、母父のハーツクライはスタミナと持久力を持ち合わせている馬で
先行しての立ち回り勝負というような器用さを求められるレースはあいませんが
能力を発揮できるような地力勝負の舞台は合う馬です。

朝日杯フューチュリティステークスでも十分持ち味を発揮できそうな馬ですね。

 




 

ファンタジスト

父 ロードカナロア
母父 ディープインパクト

スピードと闘争心を持ち合わせるロードカナロアに
スピードと瞬発力の鋭いディープインパクトとの組み合わせ

先ほどのケイデンスコールと同じく父も母父も日本で大活躍した馬です。

両親共にスピードに優れたタイプなので
現時点では短距離のレースで良さを出しています。

溜めての爆発力もありそうな血統ですが
過去3戦のレースはスピード優位で溜めの利く競馬は出来ていません。

朝日杯フューチュリティステークスは溜めた方がいいレースなので
ディープインパクトとロードカナロアの爆発力を出せるかどうかがポイントになりそうです。

 

ニホンピロヘンソン

父 ルーラーシップ
母父 コマンダーインチーフ

闘争心をベースにスタミナと持久力を持つルーラーシップに
同じくスタミナと持久力を持つコマンダーインチーフとの組み合わせ

コマンダーインチーフは日本でも産駒が走っていて
ラスカルスズカ、レギュラーメンバー、スエヒロコマンダー
などなど、切れ味はないものの粘り強いスタミナを持つ馬が多いですね。

朝日杯フューチュリティステークスは能力勝負で
末脚の力が重要となるレースですが

ニホンピロヘンソンとしては明らかに距離が短いであろう
1400mで連勝している点から
距離延長となる今回の舞台はプラス要素も含まれています。

血統面からはプラス要素とマイナス要素がありそうな馬ですね。

 

ドゴール

父 サクラプレジデント
母父 ブラックタイアフェアー

サンデーサイレンスの中ではややスピードに欠けるサクラプレジデントと
パワーとスピードが持ち味のブラックタイアフェアーとの組み合わせ

サクラプレジデントはGIを勝てていないように
底力に欠ける馬で、瞬発力タイプではなく持久力タイプの種牡馬です。

一方のブラックタイアフェアーはワシントンカラーなどで知られているように
スピードとパワーを武器にダートで活躍している種牡馬

新馬戦は1400mの重馬場という舞台で勝っていますが
非根幹の重い馬場で活躍するタイプの馬

朝日杯フューチュリティステークスは向かない舞台ですね。

 



 

まとめ

とここまでの話をまとめると

朝日杯フューチュリティステークスに一番フィットした血統を持つ馬は

グランアレグリア

二番目にフィットした血統を持つ馬は

ケイデンスコール

であると結論付けます。

 

朝日杯フューチュリティステークスは器用さよりも
“能力の絶対量”が必要となるレースなので

サンデーサイレンスやキングカメハメハの血が入っていて
能力の底上げをされているような馬が買いやすいですね。

そういった意味ではリーディングトップをひた走る
ディープインパクト産駒が中心となるレースになりそうです。

 

という事で、朝日杯フューチュリティステークスの予想を頑張りましょう!!

 

私が朝日杯フューチュリティステークス2018で注目している馬は
血統の壁を乗り越えて激走の気配を見せているあの馬です。

朝日杯フューチュリティステークスでは
人気の盲点となりそうですし、高配当の使者となりそうです。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ