ターコイズステークス2018の過去10年データ分析|前残り傾向が顕著なレース

Pocket

ターコイズステークス2018を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
ターコイズステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

いよいよ、2018年の競馬もあと2週ですね~

(ホープフルステークスは個人的には認めていないので開催から除外しています)

年末になると感慨深いもので、一年を振り返るイベントや

年末の定番行事が行われたりします。

M1グランプリも終わりましたし、

今年の流行語大賞も決まりました。

 

後は大晦日の「笑ってはいけない」と「紅白歌合戦」が残っていますが

個人的に大好きな行事が ”大晦日の爆買い” です。

 

毎年、大晦日はその日に食べるご飯を爆買いしているんですよ。

100g1000円近くするローストビーフとか

1本800円以上もする海老とか

10貫で3000円以上もするお寿司を買ったりとか

とにかくやりたい放題です。

ってか、こんなお店が成り立つくらい

普段からこんな高級品を買っている人がいるんだと思っちゃいますよね~

不景気だなんだ言っていますが、お金を持っている人は持っていますから

夢と希望を持って楽しくやっていきましょう!!

 

 

今週はターコイズステークスが行われます。


(2017ターコイズステークス ミスパンテール)

 

ターコイズステークスはずっと

「中山競馬場芝1600m」

という舞台で行われていたんですが

3年前から重賞に格上げされたんですよね~

 

それ以前のターコイズステークスは

「とにかく荒れる」

というイメージでしたけど

過去3年の勝ち馬を振り返ってみると

シングウィズジョイ、マジックタイム、ミスパンテール

と、実績のある馬が上位を占めていて

「重賞になると中身が締まるんだなぁ」

と、思うような結果になっています。

 

とはいえ、そもそも中山芝1600mという舞台は

トリッキーなコースで波乱度の高いコースなので

コース適性はかなり問われるレースになりそうです。

 

そんな、ターコイズステークスのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

ターコイズステークスは中山芝1600mで行われています。

以前はオープン特別だったので、メンバーレベルが低かったですが
重賞になってからはメンバーレベルも上がってきており

実力が極端に劣る馬は馬券に絡めなくなってきました。

傾向が浮き彫りになりやすい中山芝マイル戦の
ターコイズステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ターコイズステークス過去10年のデータ分析

逃げ・先行馬天国!後方からの差しはかなり辛い

まず、最初に注目したのはターコイズステークスの脚質です。
以下はターコイズステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

データを見れば一目瞭然となっていますが

“逃げ・先行天国”となっています”

 

中山競馬場のコース形態を見てみると

コース全体が三角形のような形状をしているのが分かります。

三角形という事はコーナーでの角度がきつく
外を回ると大きな距離ロスを被ります。

原則として、逃げ馬、先行馬は内を通ることが出来て
差し、追い込み馬は外を通る形になるので

「コース適性的にも先行馬有利が顕著」

と言えますね。

 

重賞レースに格上げされてからのレースを見てみると

初年度となる2015年は

1着 シングウィズジョイが 道中2番手(11番人気)
2着 ダンスアミーガが 道中3番手(16番人気)
3着 オツウが 道中1番手(15番人気)

と人気薄の3頭が行った行ったの競馬で
3連単300万馬券の大波乱決着となっています。

 

ただ、2016年、2017年のターコイズステークスは
後方からの差しも決まっているので

流れが激しくなるケースも見受けられる

という点だけは押さえておきましょう。



 

三角コースは当然外枠が不利!

次にターコイズステークスの枠順別成績を見てみましょう。

オープン特別時代の成績も含まれていますが

「外枠は不振」

であることが分かります。

 

先ほども中山芝マイル戦のコース形態を見てもらいましたが

大きな三角形のような形をしている中山マイル戦は
コーナーの角度がきついので外を通るとかなりのロスを被ります。

物理的に外枠が不利なのは動かしようがありません。

 

ただ、騎乗する騎手も当然コースの事は分かっています。

少しでもいいポジションを取ろうと
スタートから前に出していったり

早めの仕掛けでロスを挽回しようとしたりするので

流れが激化して、前崩れになることもあります。

 

展開として「前残り」「前崩れ」と極端なレースになりやすい点は
予想する際に生かしたいですね。

 

ターコイズステークスの種牡馬別成績を見てみると

キングカメハメハ、ハーツクライ、マンハッタンカフェ

などのスタミナ系種牡馬が活躍していることが分かります。

 

先ほども話した通り、ターコイズステークスは
流れが激しくなることがある中山芝マイル戦なので
スタミナがあるとプラス要素になりますね。

 




 

前走成績は気にする必要はなし!いかにここを走れるか

最後にターコイズステークスの
前走着順別成績を見てみましょう。

前走のレースを勝利した馬の成績は

複勝率 16.7%

複勝回収率 45%

と、かなりの低アベレージを残しています。

 

逆に10着以下と大敗した馬が活躍しているように

勢いと連動しないレースになっています。

 

中山芝マイル戦という特殊なコース形態をいかに対応できるか?

タフなコースなので、いかに余力を残しているのか?

という点が大切になりますので

“前走で負けた馬は要注意です”

 

以上がターコイズステークス2018を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

ターコイズステークスは
中山芝1600mという条件で行われるので

先行馬有利、内枠有利のレースです

ただ、重賞競走に昇格してからは差し馬も台頭しているように

”流れが速くなると前崩れにもなるコースです”

予想の期待値を上げるには

「前崩れ」か「前残り」かを決め打ちする

という事が大切になるレースですね。

 

私がターコイズステークス2018で注目しているのは
外枠を引かなければ、大穴を空けられる可能性を秘めるあの馬です。

2015年の300万馬券の再来を狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ