【京都牝馬ステークス2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【京都牝馬ステークス2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは京都牝馬ステークス2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

京都牝馬ステークスは冬に行われる牝馬限定重賞レースです。


(写真は2018京都牝馬ステークス ミスパンテール)

春の古馬牝馬の目標といえばヴィクトリアマイルです。

京都牝馬ステークスはヴィクトリアマイルまで日程が空いている点や
距離が1400mで行われる点からGIとのつながりの薄いレースです。

それだけに重賞ウィナーの勲章を手に入れたい馬にとっては
勝負気配の高いレースになっています。

昨年のミスパンテールをはじめ、

レッツゴードンキ、クイーンズリング、ウリウリ

など、かなり強い馬が勝っているのも特徴的ですね。

そんな京都牝馬ステークス2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ワントゥワン 4.1倍
リバティハイツ 北村友一 4.7倍
アルーシャ 5.5倍
ミスパンテール 6.9倍
ディメンシオン 8.0倍
エイシンティンクル 和田 9.1倍
ベルーガ 12.0倍
アマルフィコースト 14.6倍
デアレガーロ 15.2倍
ロッテンマイヤー 16.9倍
カラクレナイ 17.4倍
リナーテ 武豊 24.0倍
カイザーバル 26.3倍
ハーレムライン 28.1倍
レーヌミノル 33.8倍
コパノディール 40.1倍
ヤマカツグレース 51.4倍
ライトフェアリー 55.8倍
クリーンファンキー 63.9倍
キョウワゼノビア 80.8倍
オールポッシブル 107倍

 



 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

現在3連勝中の アルーシャ

前走のユートピアステークスは準オープンとしては
かなりレベルの高いメンバーが揃っていましたが
終わってみれば、アルーシャの完勝

ディープインパクトのスピードを持ちながら
好位で競馬をこなせる器用さも持っている万能タイプの馬です。

京都(関西競馬)には初輸送となりますが
不安要素よりも期待が膨らむ素質馬ですね。

復活気配を見せる リバティハイツ

復調の気配を見せているリバティハイツ

フィリーズレビュー、桜花賞と好走を続けていたリバティハイツですが
夏のクイーンステークスで惨敗して一気に評価を下げました。

しかし、ポートアイランドステークス、ターコイズステークスと
連続で好走して再び上昇気流に乗ってきました。

今のリバティハイツにとって京都牝馬ステークスは
重賞2勝目をとる絶好のチャンスだと言えます。

重賞で力のあるところを見せた ワントゥワン

昨年は富士ステークス、京成杯オータムハンデ、関屋記念と2着に入り
違う競馬場でも走り続けたワントゥワン

前走の阪神カップでは展開が向かずに7着と敗れましたが
ワントゥワン自身のレース内容としては悪くありませんでした。

今回は再びG3へと格が下がり、ワントゥワンの末脚を発揮する絶好の舞台となりました。

久しぶりの競馬になる エイシンティンクル

前走の関屋記念では果敢に逃げながらも3着に入ったエイシンティンクル

関屋記念は差し馬有利の流れながら
必死に粘った内容はエイシンティンクルの力を証明するものです。

今回の京都牝馬ステークスは久しぶりの競馬になる点がどうか、
という課題はありますが、持っている能力だけなら十分に通用する馬です。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ京都牝馬ステークス2019の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック