【阪神ジュベナイルフィリーズ2018】プールヴィルが期待値の低い最も危険な馬だと言える根拠は?

Pocket

阪神ジュベナイルフィリーズ2018に出走を予定している
プールヴィルが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

このブログでは恒例行事になっている

「今週の危険な人気馬」

ですが、最近になってだいぶ好調になってきました。

 

ジャパンカップでは上位人気で唯一馬券に絡めなかった

サトノダイヤモンド

を指名することが出来ました。

 

マイルチャンピオンシップでは ロジクライ が馬券圏外に飛んで

エリザベス女王杯では フロンテアクイーン が飛び

菊花賞では エポカドーロ を指名して馬券圏外に飛び

天皇賞秋では マカヒキ が飛びました。

一時期はこのブログで指名した馬が
上位に来るという逆ジンクスがありましたが

今のこのブログではかなり精度の高い情報をお届けできていると思います。

 

という事で、現在このコーナーは調子に乗っているので

阪神ジュベナイルフィリーズでもバッサリと切っていきましょう。

 




 

と言うことで、本題にいきたいと思うんですが

今年の阪神ジュベナイルフィリーズはそれほど
レベルの高くないメンバー構成になりましたね。

実力ナンバーワンが噂されるグランアレグリアが出走してくれば
圧倒的な人気に推されていたのでしょうかが

今年は絶対的な決め手を持つ馬は存在しません。

 

ファンタジーステークスで1,2着した

ダノンファンタジー と ベルスール

 

 

アルテミスステークスで1,2着した

シェーングランツ と ビーチサンバ

このあたりが人気にはなりそうです。

伏兵陣も魅力的な馬が少ないので

ある程度、絞って馬券を購入する形になりそうです。

 

そして、こういうレースこそ切り馬のチョイスが大切になってくると思うので
私が阪神ジュベナイルフィリーズ2018で、最も買ってはいけない馬について話をします。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ2018で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

プールヴィル

です。

 

 

プールヴィルは現在2連勝中

デビュー戦、2戦目とミルコデムーロ騎手が騎乗するくらいに
期待をさせていた馬で、その期待に応えている馬だと言えます。

重賞での実績はありませんが、
3戦2勝とまだ底を見せておらず、大きな舞台でも戦えそうな馬です。

阪神ジュベナイルフィリーズ2018でも
伏兵人気に支持されそうな馬です。

そんなプールヴィルがなぜ
2018阪神ジュベナイルフィリーズで危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

阪神ジュベナイルフィリーズのコース分析

阪神ジュベナイルフィリーズ2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

阪神ジュベナイルフィリーズ2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

阪神JFでベストの臨戦過程はあの馬!

競馬セブンでは阪神ジュベナイルフィリーズで
理想的な臨戦過程を選んでいる馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして阪神ジュベナイルフィリーズ3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

阪神ジュベナイルフィリーズ3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

プールヴィルの不安要素

明らかに根幹距離に向かなさそうな血統と走りの内容

プールヴィルは3戦して2勝していますが
その内訳を見てみると

1400m 2戦2勝

1600m 1戦0勝

と、1400mで2勝を挙げていることが分かります。

 

この2勝のレースぶりを見てみると

3コーナーで5,6番手にいて、
4コーナーで徐々に押し上げ、3,4番手まで上がり
直線でそのまま押し切る

というようなパワータイプの馬の競馬を得意としていることが分かります。

 

阪神ジュベナイルフィリーズが行われる阪神芝マイル戦は
道中で脚を溜めての直線末脚勝負となるコース。

プールヴィルが得意としている戦法と
阪神ジュベナイルフィリーズのコースがあっていません。

実際に道中3番手から押し切りを図ったデビュー戦の競馬は

後方で脚を溜めていたエイシンゾーンらに
あっさりと差されており、マイル戦は向かないことが分かります。

 

プールヴィルにとって今回の舞台変わりは大きなマイナス要素ですね。

 

ちなみにプールヴィルの血統を見てみると

父 ルアーブル(Le Havre)

母父 Kendargent

というゴリゴリの外国血統

 

外国血統の馬は総じて溜めての末脚勝負に弱い馬が多く

血統面からもプールヴィルのマイル戦は厳しいと言えます。

 



 

切れ味がない馬に小柄な馬体、スケール感は微妙?

先ほども話しましたがプールヴィルは

道中で中団やや前目に位置をして
4コーナー手前から押し上げて直線粘りこむ

という競馬を得意としています。

 

つまり、末脚勝負を得意としていない馬です。

 

ここでプールヴィルの馬体重に注目してみると

過去3戦走った時の馬体重は410kg台

と、非常に小さい体で走っていることが分かります。

 

一般的に体が大きい方がパワーはあるので

パワータイプの競馬をする馬は馬体が大きい馬が有利です。

しかし、プールヴィルを見てみると

410kg台の小柄な馬体でパワー系の競馬をしているので
相手のレベルが上がれば上がるほど頭打ちになる可能性が高くなってしまいます。

 

りんどう賞(500万条件)は勝利することが出来ましたが
GIである阪神ジュベナイルフィリーズで通用するかは極めて不安です。

 




 

以上、2つの理由から

阪神ジュベナイルフィリーズ2018で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

プールヴィル

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

3戦して2勝、しかも2連勝と勢いに乗るプールヴィルですが

“本質的にマイル戦は合っていません”

また脚質的にも後方で脚を溜める形の競馬は苦手なので
末脚勝負になると後塵を拝してしまう可能性は高いですし

410kg台という小柄な馬体からも
GIで通用するスケールがあるかどうかは不安だと言えます。

阪神ジュベナイルフィリーズ2018では期待値の低い馬だと言えます。

阪神ジュベナイルフィリーズではプールヴィルを切って勝負したいですね。

 

阪神ジュベナイルフィリーズ2018で私が注目している馬は
阪神競馬場芝1600mという舞台が最も合っている馬です。

それほど大穴は狙えなさそうなレースですが
軸としてはこの馬で間違いないと思っていますよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ