カペラステークス過去10年のデータ分析|実績よりも素質のレース

Pocket

カペラステークス2018を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
カペラステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はカペラステークスが行われますが
このレースってかなり偏りの大きいレースなんですよね。


(2017カペラステークス ディオスコリダー)

 

どのようにレースの傾向が偏っているのかは
後程のデータ分析でお話をするとして

好走する馬の条件が偏っているレースって結構当てやすいんですよ。

 

代表的なレースで言うと

内枠有利、前残りレース

京阪杯、京都金杯 等

外枠有利、前崩れレース

桜花賞、中京記念 等

ディープ産駒が走らないパワーコース

オールカマー、AJCC 等

 

こんな感じです。

 

競馬場の形態にも特徴があれば
スタート時点(距離)によってレースの内容が変わってみたり
馬場(開幕週や雨による重い軽い)の影響とか

いろいろな条件で行うので

どうしても偏りは出てきてしまいます。

 

そうです!

人生何事も平等なんてないのです!

 

と言う事で、偏りの大きいカペラステークスのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

カペラステークスは中山ダート1200mで行われています。

中山ダート1200m戦の重賞はカペラステークスしかありませんし
そもそもダート1200mの重賞がありません。

そういった意味でかなりレアなレースとなる
カペラステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

グランアレグリア不在でこのレースは1強レース!

実力馬が集まる阪神ジュベナイルフィリーズ
グランアレグリアに変わる主役は1頭だけ

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースは阪神ジュベナイルフィリーズ

競馬学会では阪神ジュベナイルフィリーズの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

カペラステークス過去10年のデータ分析

異端なダートレースは追い込み馬が優勢!

まず、最初に注目したのはカペラステークスの脚質です。
以下はカペラステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

“ダート戦は先行馬が有利”

という鉄則がありますが

カペラステークスに関しては

その格言は全く通用しません。

回収率の面もさることながら
複勝率の面でも後方からレースを進めた方が好成績というのは
かなり珍しい傾向だと言えます。

 

先ほども話した通りダート1200mの重賞は
カペラステークスしか存在しないので

1200mのスペシャリストが勝負度合いの高い状態で出走してきます。

 

出走した馬はGIばりにこのレースを勝ちに行くので
おのずと流れが激しくなり、前に行く馬は辛くなるため

差し馬が有利流れになる

という理屈になっています。

 

カペラステークスはダート戦ですが

「差し馬優勢」

のスタンスで馬券を買っていきたいですね。



 

力のない馬は持久力勝負に耐えられない

次にカペラステークスの前走クラス別成績を見てみましょう。

前走条件戦を走っていた馬は
前走オープンクラス以上のレースを使っていた馬と比較して

好走率も回収率も半分と低迷

 

脚質のところで話した通り

カペラステークスはかなり激しい流れになるので
タフさが求められるレースとなります。

レベルの低い条件戦を戦ってきた馬にとって

オープンクラスの激しい流れはかなり厳しく
好走につながっていないと言えます。

 

ちなみにカペラステークスにおける過去10年の年齢別成績を見てみます。

3歳馬が極端に不振で
5歳馬、6歳馬が好成績を収めています。

 

このブログでは何度も話していることですが

能力値を求められるレースでは若い馬が強く

精神力を求められるレースではベテランが強い

という定義にぴったりと当てはまっており

カペラステークスがタフなレースであることが伝わると思います。

 




 

体力を残すローテーションに一日の長あり

最後にカペラステークスの前走距離別成績を見てみましょう。

前走で1200mのレースを使っている馬は成績が振るわず

前走で1400m以上のレースを使ってきた馬
つまり、距離短縮ローテで臨む馬が好成績を残しています。

しつこいくらいに何度も話していますが

カペラステークスはタフなレースなので
通常の1200m戦よりも体力が必要です。

ですので、

 

1400m以上の体力が求められる条件を経験してきた馬の方が
カペラステークスにスムーズに対応できる

といえますね。

 

最後に、もう一つ前走の着順別成績を見てみます。

前走で1,2着だった馬と
前走で6着以下だった馬の複勝率がほぼ同じです。

前走で連に絡んだという事は
レースで体力を使ったという事の裏返しでもありますので

タフなカペラステークスにおいては
マイナスに働く要素にもなってきます。

 

逆に前走負けた馬の方が体力を残している状態なので
カペラステークスで激走しやすい

という事が言えます。

とにかくカペラステークスはタフなレースだという事ですね。

 

以上がカペラステークス2018を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

カペラステークスはレアな中山ダート1200mという重賞なので

ペースが速くなり、前崩れしやすいレースです。

重賞競走で流れが速くなるわけですから

タフさが求められるレースになります。

前走で長い距離のレースを使っている
前走で無理な好走をしていない
精神力のあるベテランである

などなど、激しい流れに耐えうる条件を満たした馬を買いたいですね。

 

私がカペラステークス2018で注目しているのは
ほかの条件ではなかなか力を発揮できていないあの馬です。

タフな条件だからこそ力を発揮できる馬なので
ここは一発狙おうと思っていますよ!!

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。