【共同通信杯2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【共同通信杯2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは共同通信杯2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

共同通信杯はクラシックを狙う馬が出走する出世レースです。


(写真は2018共同通信杯 オウケンムーン)

東京芝1800mというゆったりした条件で行われる共同通信杯は
日本ダービーと関連性の強いレースとして位置付けられています。

しかし、近年ではディーマジェスティ、イスラボニータ、ゴールドシップなど
共同通信杯から直行で皐月賞を勝つ馬が多く現れており
ますますクラシックとの関係性が強いレースとなりました。

今年の共同通信杯に出走してくる馬も
楽しみなメンバーが揃いそうですね。

そんな共同通信杯2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

アドマイヤマーズ Mデムーロ 1.6倍
クラージュゲリエ 武豊 2.3倍
ダノンキングリー 6.9倍
シュヴァルツリーゼ 8.0倍
フォッサマグナ 8.9倍
ゲバラ 12.5倍
ナイママ 26.3倍
マードレヴォイス 138倍
ブレイキングドーン(出走回避)

 



 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

最優秀2歳牡馬に輝いた アドマイヤマーズ

前走の朝日杯フューチュリティステークスでは
グランアレグリア以下を楽に退けてGI馬となったアドマイヤマーズ

ダイワメジャー産駒らしい先行力とパワーを持っている馬で
現3歳世代でアドマイヤマーズはトップの存在だと言えます。

ダイワメジャー産駒にとっては鬼門であるクラシックを制するために
共同通信杯で無様な競馬は出来ません。

京都2歳ステークス圧勝の クラージュゲリエ

前走の京都2歳ステークスではブレイキングドーンとの
競り合いに勝って、重賞初勝利を収めたクラージュゲリエ

札幌2歳ステークスではニシノデイジーに負けましたが
クラージュゲリエの全能力を発揮したレースではなかったのは明らか

今回の共同通信杯でクラージュゲリエの真価が問われそうです。
ここを無事に突破するようであれば
一気に皐月賞、日本ダービーが見えてきますね。

新馬戦を圧勝した フォッサマグナ

新馬戦は単勝1.8倍という圧倒的な人気に応えて快勝したフォッサマグナ

外国産馬らしいパワーの持ち主でスピードコースよりも
パワーコースの方が合っているタイプだと言えます。

共同通信杯の舞台はスピードタイプが活躍するので
強敵相手に戦うという事に加えて、舞台への対応が焦点となりそうです。

切れ味鋭い ゲバラ

新馬戦では後方から鋭い末脚で差し切って勝利したゲバラ

今回はアドマイヤマーズ、クラージュゲリエと強い馬が
出走してきますが、新馬戦の走りっぷりは
いかにもディープインパクト産駒という瞬発力でした。

今回の共同通信杯では挑戦者の立場ですが
ゲバラには未知の魅力があります。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ共同通信杯2019の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。