チャンピオンズカップ2018展開予想!サンライズソアの勝負逃げか!?

Pocket

ここではチャンピオンズカップ2018の展開予想について分析をしていきます。

中京ダート1800mという平坦コースで行われる舞台

紛れの少ない舞台ですが、過去の傾向を見ると
「先行馬有利のコース」で全体的な能力の高さと
適性のバランスが取れた馬が活躍するレースになっています。

チャンピオンズカップ2018ではどの馬が先手を取るのか?

出走予定メンバーから展開を予想していき、どのように馬券を組み立てるのか
参考になる見解を提供できればと思っています。

 

 

どうも、MOTOです。

先週のジャパンカップはアーモンドアイからの
ヒモ荒れ狙いで玉砕しましたが

裏で行われた京阪杯でホームランをかっ飛ばしました!!

今回注目していたナインテイルズが絶好枠に入ったので、この馬から勝負!

実力上位で同じく内枠に入ったダノンスマッシュも
絶好の条件に収まったので

12番人気という低評価ながら

ナインテイルズ-ダノンスマッシュ

の馬連・ワイドで勝負!

3番手に挙げたコウエイタケルは馬券に絡めませんでしたが
馬連・ワイドの本線的中で約4800%の回収を取れました。

 

絶不調だった春冬シーズンで叩き出した大きなマイナスを取り戻し
年間プラスほぼ確実のところまでやってきました。

これだから競馬はやめられないです。

 

夏競馬以降、ずっと調子が良いので
12月も貴方の競馬予想に役立つ情報を提供していきたいと思います。

 




 

という事で、今週はチャンピオンズカップが行われます。


(2017チャンピオンズカップ ゴールドドリーム)

中京ダート1800mで行われるようになってから
歴史は浅いですが、過去の展開傾向を見てみると

“前残り傾向にあるレース”

となっています。

 

チャンピオンズカップの過去10年における
4角順位別成績を見てみましょう。

4コーナーで前にいればいるほど
好成績を残している事が分かりますね。

 

逆に差して勝負をしている馬はそれほどいい成績は残せていません。

ただ、2017年の ゴールドドリーム

2016年の サウンドトゥルー

2015年の ノンコノユメ、サウンドトゥルー

など、差し馬が活躍している印象があるので
あくまでの「相手を見ての展開」という形になりそうです。

 

チャンピオンズカップの展開予想と展開を馬券に活かすにあたって

“逃げ・番手の馬が有利である”

という前提で考えなくてはいけないですね。

 

という事で、チャンピオンズカップで逃げる馬であろう馬
追い込むであろう馬について分析をしていきたいと思います。

そのバランスを見てチャンピオンズカップで
展開の恩恵を受けそうな馬を探していこうと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ゴールド、ルヴァンスに割って入るのはあの馬!

実力馬が集まるチャンピオンズカップ
ルヴァン、ゴールドを倒せるのは1頭だけ

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースはチャンピオンズカップ

競馬学会ではチャンピオンズカップの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

チャンピオンズカップの展開予想

チャンピオンズカップで逃げる馬はどの馬?

まずはチャンピオンズカップで逃げる馬を探っていきましょう。

今年のチャンピオンズカップの出走予定メンバーは以下の通りです。

登録馬を見てみると

“それほど先行馬は多くないなぁ”

という印象を受けますよね。

 

ダート戦は基本的に前に行く馬が強いレースなので
GIという大舞台のレースで差し馬が多いのは珍しいですよね。

その中でも逃げという戦法を取りそうなのは

サンライズソア

です。

サンライズソアは3歳時は先行馬というイメージでしたが

古馬になって逃げという戦法が定着してきており
前走のJBCクラシックでも逃げを打っていることから

“逃げて勝負をする馬”

という印象を競馬ファンに植え付けてくれました。

 

他のメンバーを見ると、是が非でも逃げたいという馬もいないので

サンライズソアがペースを握ることが予想され
乗り方次第では大きなアドバンテージを得られそうです。

 




 

人気のルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームはどの位置で競馬を進める?

逃げ馬を探ったところで、人気のルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームの出方を考えてみます。

まずは1番人気濃厚な ルヴァンスレーヴ から見ていきましょう。

前走の南部杯ではゴールドドリームを下して
現在のダート界で最強に最も誓う馬だと言えるルヴァンスレーヴ

この馬の戦法はシンプルで

「道中中団から4角で先頭を伺い、そのまま押し切る」

という形。

 

今回のチャンピオンズカップでも同様の戦法を取ることが想定されます。

内枠に入って揉まれるということだけは避けたいですね。

 

2番人気に支持されるであろうゴールドドリーム

今年は地方場所でも結果を出していますが
本質的には中央場所の軽い馬場が得意な馬です。

ゴールドドリームの戦法はこちらもシンプルで

“追い込みに近い差し” です。

 

今年のフェブラリーステークスでは 4角8番手

昨年のチャンピオンズカップでは 4角11番手

昨年のフェブラリーステークスでは 4角8番手

一昨年のチャンピオンズカップでは4角5番手で
12着と大敗しているように

ゴールドドリームは脚を溜めて良さが活きる馬です。

今回も10番手くらいの位置での競馬が予想されますね。

 



 

有力馬はどの位置で競馬を進める?

逃げ馬とルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームの位置取りを予想したところで
他の有力馬がどの位置で競馬をしていくのかを考えていきます。

 

まずはJBCクラシックを勝った ケイティブレイブ から見ていきます。

地方交流重賞の雄ですが、中央で走っていた時から
番手で競馬をする馬でした。

スタミナを活かして勝負するタイプですので

好位(4,5番手)からの競馬が予想されます。

自在に動けるので展開的な恩恵を受けられそうな馬ですね。

 

続いて、武蔵野ステークスを勝った サンライズノヴァ を見ていきます。

サンライズノヴァはずっと東京コースを走ってきていますが
常に出遅れて最後方からの競馬を強いられています。

コース云々よりもサンライズノヴァの個性として
ゆったりと競馬をするタイプなので、

チャンピオンズカップでも最後方でのレースが予想されます。

 

ルヴァンスレーヴの影に隠れた実力者 オメガパフューム

ルヴァンスレーヴには負けたものの
その後はシリウスステークスを勝ち、JBCクラシックを2着と
GIを勝つだけのパフォーマンスは十分に見せている馬です。

戦法としてはルヴァンスレーヴと似ていて

“道中、中団に位置していて4角で順位を上げて押し切る形”

チャンピオンズカップでも8番手前後で競馬をして
4コーナーで4,5番手に押し上げる形が想定されますね。

 

今年のフェブラリーステークス勝ち馬 ノンコノユメ です。

フェブラリーステークスでは4角13番手
前走のJBCクラシックでは4角15番手

と、極端なまでに後方待機策に賭けているタイプ。

鞍上の内田騎手はポジションを変えてバランスを取る
というタイプの騎手ではないので

チャンピオンズカップでも同様の戦法を取ることが予想されます。

 

JBCレディスクラシックを勝った アンジュデジール

前走のJBCレディスクラシックでは
外枠から上手く内に潜り込んでの勝利でしたが

前走のように前々で競馬を進める形がベストの馬です。

今回も好位(4,5番手)での競馬が予想されます。

 

シリウスステークス2着の ウェスタールンド

シリウスステークスでは道中最後方

武蔵野ステークスでも後方10番手

と、脚を溜めて末脚勝負をする馬なので

チャンピオンズカップでも10番手以下の競馬が予想されます。

 

影のローテを歩みながらも実力を秘める ヒラボクラターシュ

前走の福島民友カップでは4角4番手
2走前のシリウスステークスでは4角3番手と

前につけて、持久力で勝負をする馬です。

チャンピオンズカップでも前々での競馬が見られそうです。

 




 

まとめ

チャンピオンズカップ2018の展開ですが

1番手(逃げ) サンライズソア

2~3番手 ケイティブレイブ、ヒラボクラターシュ

4~6番手 ルヴァンスレーヴ、アンジュデジール、インカンテーション

7~10番手 ゴールドドリーム、オメガパフューム、アポロケンタッキー

11~13番手 ウェスタールンド、クインズサターン

14番手以降 ノンコノユメ、サンライズノヴァ

という隊列が予想されます。

 

一番のポイントとなるのは

ルヴァンスレーヴの動き出し

ですね。

ルヴァンスレーヴが早めに仕掛ければ
ゴールドドリームがついていき前に圧力のかかる展開になりますし

ルヴァンスレーヴがゆっくりと仕掛ければ
前にいる馬がゆったりと走れる流れになります。

 

私の見解としては、今回のルヴァンスレーヴは
圧倒的な人気が予想されるので

それほど前に辛い流れにはならない

と、見ています。

 

差し馬よりも先行馬で勝負をしたいですね。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。
チャンピオンズカップで注目しているのは
展開的に恩恵を受けるであろうあの馬です。

GIとしては若干パンチ力不足の感がありますが
展開の助けがあれば、一流馬とも戦えそうなので期待しています。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。