【東京新聞杯2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【東京新聞杯2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは東京新聞杯2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

東京新聞杯は安田記念と同じ条件で行われる重賞レースです。


(写真は2018東京新聞杯 リスグラシュー)

安田記念と同じ条件で行われている東京新聞杯ですが
G3レースである点や斤量を背負いやすい別定戦のため
GIにつながる馬が出づらいレースとなっています。

しかし、昨年は後にエリザベス女王杯を勝つリスグラシューが勝利
徐々に実績のある馬も出走することが期待できるレースです。

今年はどんな馬が出走するのか?
GIにつながるレースを見せる馬が出てくれることを願いたいですね。

そんな東京新聞杯2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

タワーオブロンドン 3.4倍
ロジクライ 横山典弘 4.9倍
インディチャンプ 5.0倍
レイエンダ 8.7倍
サトノアレス 10.4倍
テトラドラクマ 13.0倍
ジャンダルム 14.6倍
グァンチャーレ 15.2倍
ロードクエスト 25.4倍
リライアブルエース 30.1倍
レッドオルガ 40.5倍
ストーミーシー 40.8倍
ヤングマンパワー 42.9倍
レアリスタ 52.4倍
ゴールドサーベラス 61.8倍
ショウナンアンセム 85.1倍
ロワアブソリュー(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

GI3着の実績を持つ タワーオブロンドン

朝日杯フューチュリティステークスで3着の実績があるタワーオブロンドン

1, 2着の馬はダノンプレミアムとステルヴィオ
4,5着の馬はケイアイノーテックとダノンスマッシュ

と、GIで勝ち負けできるレベルのメンバーでの3着は実力の証明です。

前走のキャピタルステークスでは2着に負けていますが
レースの内容はタワーオブロンドンが一番上でした。

今回の東京新聞杯を勝ってGIに向かいたいところです。

富士ステークス勝ちのある ロジクライ

今回の東京新聞杯と同じ舞台である
東京芝1600mの重賞を勝っているロジクライ

溜めての瞬発力はありませんが
先行しての持久力勝負で持ち味を発揮する馬

直線の長い東京コースですが、ロジクライのスタミナなら
ゴールまで乗り切る事は十分に可能です。

破壊力のある末脚がウリの ロワアブソリュー

前走のリゲルステークスでは凡走してしまったロワアブソリュー

破壊力のある末脚を武器にしている反面
精神的なムラがあり毎回自分の力を発揮できない脆さがあります。

今回の東京新聞杯では強力な馬が出走してきますが
ツボにハマったロワアブソリューなら
互角に戦えるだけの地力を持っています。
(出走回避)

前走強烈な勝ち方を見せた インディチャンプ

前走の元町ステークスでは後方一気に末脚で
圧勝して見せたインディチャンプ

本格化していなかった3歳時でも
毎日杯3着、アーリントンカップ4着と力を見せており
今回の東京新聞杯でも格負けする事のない馬です。

東京新聞杯では相手が一気に強くなりますが
今のインディチャンプなら一気に突破する事も十分に考えられます。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ東京新聞杯2019の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。