チャンピオンズカップ2018過去10年のデータ分析|先行馬有利のレース

Pocket

チャンピオンズカップ2018を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
チャンピオンズカップ2018で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はチャンピオンズカップが行われますね。


(2017チャンピオンズカップ ゴールドドリーム)

 

今の条件でチャンピオンズカップというレースが固まったのが4年前

それまではジャパンカップダートという名称で
ジャパンカップ週の土曜日に実施をしてみたり

阪神ダート1800mで実施をしてみたりと
迷走を続けていました。

 

GIという格式あるレースながら
これだけ条件が変わってしまっているというのは

“売り上げが芳しくない”

という事だと思います。

 

まあ、ジャパンカップの前日にやられても
ジャパンカップで馬券を買う資金を倍用意するかといえばしないですもんね~

それだったらGIのない週

もしくは2歳GIの週にぶち込んだ方が
興業的に成功できるというのは間違いなさそうです。

 

中京競馬場で行われるというのもいいですよね。

東京、中山、阪神、京都と主要な競馬場だけだと
傾向が固まってしまいますからね~

 

と言う事で、中京競馬場ではまだ4回しか行われていない
チャンピオンズカップのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

チャンピオンズカップは中京ダート1800mで行われています。

コース適性も去ることながら中央での秋のダートGIが
このレースしかないという点から

“実力馬が集まってくるレース”

だと言えます。

実力が拮抗する馬同士のレースになりますが、
チャンピオンズカップを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

データは過去10年でとっていますが
中京で開催されたのが過去4回という事で
この4回に絞ってデータを出しましたので、参考程度にしてください。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ゴールド、ルヴァンスに割って入るのはあの馬!

実力馬が集まるチャンピオンズカップ
ルヴァン、ゴールドを倒せるのは1頭だけ

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースはチャンピオンズカップ

競馬学会ではチャンピオンズカップの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

チャンピオンズカップ過去10年のデータ分析

直線の坂はあれど、先行有利となるレース

まず、最初に注目したのはチャンピオンズカップの脚質です。
以下はチャンピオンズカップでの4コーナーでの順位別成績です。

データをみて貰うと一目瞭然

“前に行けば行くほど成績が良い”

というのがチャンピオンズカップの一番の特徴です。

 

中京ダート1800m戦はコースを1周するレースです。

差し馬は外を回ることになり、
距離ロスを被る事から先行馬が物理的なアドバンテージを持つ

という仕組みですね。

 

チャンピオンズカップでの上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロン6位以下の馬の好走率・回収率が驚異的なほど高いです。

一般的なデータを見ると上がり3ハロン6位以下の馬の
平均複勝回収率は10~20%程度です。

しかし、チャンピオンズカップにおける上がり3ハロン6位以下の馬の

複勝回収率は 67%

いかにチャンピオンズカップが先行有利のレースになっているかが分かりますね。



 

内枠の馬だけ買っていれば間違いない?

次にチャンピオンズカップの枠順別成績を見てみましょう。

データの中の傾向が一目瞭然で分かります。

内枠(1~3枠)の複勝回収率が100%以上

中枠(4~6枠)の複勝回収率がおおよそ50~60%

外枠(7~8枠)の複勝回収率が約20%

 

チャンピオンズカップは先行馬が圧倒的に有利である事は
先ほども話した通りですが

コーナーをぐるっと一蹴する中京ダート1800mという条件は

想像以上に内外のコース差があることが分かります。

内枠に入った馬は物理的な距離ロスを避けられるので
成績に直結している事が分かります。

 

内枠に入った馬はコーナーワークで
有利なポジションを取れる

という事から、これだけの大きな差が出てきてしまっている

チャンピオンズカップは内枠が圧倒的に有利

という事を抑えておきましょう。

 




 

絶対能力よりも立ち回りの上手さが重要なレース

最後にチャンピオンズカップの年齢別成績を見てみましょう。

一般的にこの時期、好成績を収めている

3歳馬、4歳馬が苦戦しています。

逆に5歳馬、6歳馬の成績が良く
複勝回収率の面から見ると7歳馬も優秀な成績を収めています。

 

若い馬が活躍できるレースは

絶対能力を問われるレースです。

 

逆に若い馬が活躍できないレースは

能力よりも“レースの上手さ”が問われるレースです。

 

“能力よりもレースセンス、立ち回りの上手さ”

という典型的なレースですね。

 

最後にチャンピオンズカップの前走レース名別成績を見てみると

JBCクラシックをはじめとして

全ての馬が重賞を経験して出走しています。

 

「能力よりも立ち回りの上手さ」

と言いましたが、最低限の能力は必要である事は覚えておきたいですね。

 

以上がチャンピオンズカップ2018を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

チャンピオンズカップは中京ダート1800mという条件で

“圧倒的に先行馬が有利なレースです。

また、コースの形態からも内枠に入った馬の方が
前のポジションを取りやすいくなるため

“内枠圧倒的に有利”

“逃げ・先行が圧倒的に有利”

というような傾向を示しています。

オープン特別や準オープン戦からの臨戦はさすがに厳しいですが
能力よりも立ち回りの上手さ、経験値が問われるレースになりますね。

 

私がチャンピオンズカップで注目しているのは
ルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームの間に入るのであれば
この馬だろうと思っている馬です。

先行する脚質もありますし、ここで一発が期待できそうなので
内枠に入れば、勝負度を上げて狙っていこうと思っていますよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。