ジャパンカップ2018枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

ジャパンカップ2018の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたジャパンカップ2018での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

私が秋のGIシリーズの中で一番好きなレースなのが
「ジャパンカップ」であることは
このブログやメルマガでチラホラと話をしますが

今年のジャパンカップはつまらないですね~

つまらなくなってしまった理由はいくつかあるんですが

・3歳牡馬がいない点

・天皇賞秋を勝ったレイデオロ、2着のサングレーザーがいない点

・マカヒキ、ミッキーロケットが出走回避になってしまった点

主にこの三つが今年のジャパンカップを盛り下げている理由ですよね~

 

その原因の一端を担っているのが

アーモンドアイの存在です。

競馬初心者でも分かるレベルで超絶パフォーマンスを見せ続ける
アーモンドアイを見ていると

“出走する前に白旗”

という他の馬達の雰囲気を感じてしまいます。

 

という事で、ジャパンカップ2018の枠順が確定したので
枠順確定後の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

アーモンドアイに隠れた“盲点の穴馬”はあいつだ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
ジャパンカップの無料予想を公開!!

今年のジャパンカップは3点勝負で的中できる!!

以下をクリックして登録して下さい。

ジャパンカップ予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ジャパンカップ2018の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずジャパンカップ(東京芝2400m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬よりも差し馬有利の流れになりやすい

・伏兵馬が台頭しづらい実力勝負のレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は曇りのち雨の予報なので
良馬場か稍重馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 アーモンドアイ

秋華賞を楽勝して3冠牝馬に輝いたアーモンドアイは
ジャパンカップでは最内枠に入りました。

過去のレースを見ているとのびのびとレースをして
直線では外に回して伸びてきているだけに
馬群の中に入っての競馬を強いられる最内枠はマイナスです。

ジャパンカップとしては1枠は有利な枠順ですが
アーモンドアイにとっては試練の枠となりそうです。

 

3枠3番 サトノダイヤモンド

京都大賞典で華麗な復活を遂げたサトノダイヤモンドは
2枠3番と内目の枠順に入りました。

今年の大阪杯では内枠に入った挙句
揉まれに揉まれてまったく出番がなかったサトノダイヤモンドにとって
内枠は大きなマイナス要素となります。

今回は少頭数である点、隣に同じ馬主のサトノクラウンがいる点で
どこまで内枠の不利を軽減できるかが焦点となります。

 

3枠4番 サトノクラウン

今年の宝塚記念以来の競馬となるサトノクラウン

2017年の宝塚記念を勝った時のように
外枠からのびのびと走れた方が良い馬なので
今回の内枠はマイナス材料だと言えます。

スピード、瞬発力には欠けるので
いかに持久力勝負に持ち込むかが焦点となりそうです。

 



 

4枠5番 ミッキースワロー

札幌記念では大敗を喫してしまったミッキースワロー

父トーセンホマレボシという血統からも見えるように
スピードに欠ける馬なので枠順はそれほど関係ありませんが
無駄な距離ロスを避けることが出来る内枠はプラスですね。

枠順はいいとしても、札幌記念で謎の大敗を喫しているように
状態面の回復が課題となりそうですね。

 

5枠8番 キセキ

天皇賞秋では果敢に逃げを打って3着に入ったキセキ

2018年春シーズンは不調のまま終わってしまった
キセキにとって秋に走った2戦は復調を感じさせます。

ここ2戦のように先行策を取ってくる事を考えると
今回も逃げ、もしくは番手で競馬をすることが予想されます。

内外を見ながらポジションを決められる真ん中の枠は良い枠ですね。

 

6枠9番 シュヴァルグラン

昨年の勝ち馬であるシュヴァルグランは
昨年と同じローテ(京都大賞典からのジャパンカップ)という形で出走します。

昨年は内枠(1枠)に入り、道中は力を溜めて
直線では末脚を爆発させる形での競馬が出来ましたが
今年の9番枠では同じ形は取りづらくなってしまいました。

能力的な面も含めて、昨年よりは少し落ちる印象を受けますね。




 

7枠11番 スワーヴリチャード

前走の天皇賞秋では謎の大敗を喫したスワーヴリチャード

今まで崩れたことがない馬が急に崩れてしまった事は
かなりの不安材料となります。

またスワーヴリチャードの個性を見てみると
体力を活かしてスタミナで押すよりも
内で脚を溜めて器用に立ち回るレースが向いているので
今回の11番枠という枠順は良くない枠だと言えます。

 

8枠13番 ノーブルマーズ

今年の宝塚記念では3着に食い込み成長著しいノーブルマーズ

好位で競馬をする馬で末脚の切れでは他馬に劣るだけに
今回の外枠は痛恨の枠順だと言えます。

有力馬が不安を抱える中で穴馬に支持されそうな馬ですが
ノーブルマーズとしても苦しい条件でジャパンカップを走る形になりそうです。




 

まとめ

ジャパンカップ2018で良い条件の枠をゲットしたのは

5枠8番 キセキ

今回は1頭のみを挙げたいと思います。

アーモンドアイの相手探しと目されるジャパンカップ

2番手以下の馬はいずれも不安要素を抱えているだけに
なかなか難解なレースになりますが

ヒモ荒れも狙えそうですね。

 

私がジャパンカップ2018で注目している馬は
枠順は微妙ながらも、最も適性が高いと思っているあの馬です。

不安要素を抱える2番手集団の中では
やっぱりこの馬かなぁという感じで抑えは必須ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ