【チャンピオンズカップ2018】ケイティブレイブが期待値の低い最も危険な馬だと言える根拠は?

Pocket

チャンピオンズカップ2018に出走を予定している
ケイティブレイブが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はチャンピオンズカップが行われますが
外国馬の出走は1頭しかいないんですね~

 

昔はジャパンカップダートと呼んでいたくらいですから
外国馬にも開放するGIというコンセプトで始まったレースなんですけどね~

 

確か第2回のジャパンカップダートで

「リドバレス」

 

という世界的に有名な馬がジャパンカップダートにきて
クロフネに次ぐ2番人気に推されたんですが

結果は 8着

 

ただただクロフネの強さが目立ったレースで

「なんだったんだ、アイツ!!」

という感じで、日本を発っていきました。

 

よく日本馬がアメリカに挑戦する

という時にもダートの質が合わなくて全く走れない

という事がありましたよね~

そう考えるとダートでの異国挑戦はかなりハードルが高いのかもしれません。

 




 

と言うことで、チャンピオンズカップの話にいきたいと思うんですが

現時点で考えられる最強メンバーが揃いました。

南部杯で1,2着した ルヴァンスレーヴ、ゴールドドリーム

JBCクラシックを勝った ケイティブレイブ

 

 

など、最強を決めるにふさわしいメンバーが集結しました。

これだけのメンバーが揃うと波乱の目は考えづらく
相手を絞って馬券を買う事が大切になりそうです。

そして、こういうレースこそ切り馬のチョイスが大切になってくると思うので
私がチャンピオンズカップ2018で、最も買ってはいけない馬について話をします。

 

チャンピオンズカップ2018で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ケイティブレイブ

です。

 

 

ケイティブレイブは前走のJBCクラシックでは
JRAで行われたGIレースとして初めて勝利し

2走前の日本テレビ盃、4走前のダイオライト記念を完勝しており
3走前の帝王賞でもゴールドドリームと一騎打ちを行っているほどに
現在、充実している馬です。

チャンピオンズカップ2018でも
ルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームに続く
人気に支持されそうな馬です。

そんなケイティブレイブがなぜ
2018チャンピオンズカップで危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

チャンピオンズカップのコース分析

チャンピオンズカップ2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

チャンピオンズカップ2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

チャンピオンズカップは低配当にはならない!

チェックメイトではチャンピオンズカップにおいて

“ルヴァンスレーヴよりも期待値が高い”
と言い切れるだけの穴馬が存在します。

今週チェックメイトに登録してくれた人には
チャンピオンズカップで爆走宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ケイティブレイブの不安要素

前走は中央場所をこなすも、やっぱり不安なスピード競馬

前走のJBCクラシックではJRAの競馬場で
初めてGI級の勝ちましたが、

“基本的にケイティブレイブは重い馬場向きの馬です”

 

前走のJBCクラシックを除く中央場所での
重賞レースの成績を見てみると

2018フェブラリーステークス 11着

2017チャンピオンズカップ 4着

2017平安ステークス 5着

2017フェブラリーステークス 6着

2016レパードステークス 2着

 

ケイティブレイブが地方場所で残した
輝かしい成績と比較すると

“誰の目にも明らかに中央場所が苦手なのが分かります”

 

今回のチャンピオンズカップは中京競馬場のレースという事で

中央場所の軽いダートでのスピード勝負はどう考えても不利です。

 

 

このあたりのスピード能力の欠如は

父 アドマイヤマックス
母父 サクラローレル

という血統面にも現れており

前走勝ったから中央場所は大丈夫

と、結論づけてはいけない馬だと言えます。

 



 

前走勝利で標的にされる可能性大!展開の不利は確実

チャンピオンズカップ2018の下馬評は

ルヴァンスレーヴ vs ゴールドドリーム

の2強対決という見方が一般的です。

 

しかし、そこにJBCクラシックを完勝した
ケイティブレイブが加わることで、3強とまではいかなくても

2強+1

という状態になりました。

ゴールドドリームもルヴァンスレーヴも道中は中団以下から
レースを進めるタイプなので、2強対決となれば
前にいる馬がノーマークで逃げられるという可能性がありましたが

ケイティブレイブが人気になってしまうと
2強はケイティブレイブも意識した競馬になります。

 

3頭の中では一番前で競馬をするケイティブレイブにとって

4コーナー手前から捲ってくる ルヴァンスレーヴ

直線での末脚に賭ける ゴールドドリーム

は、絶好の標的になってしまいます。

 

JBCクラシックを勝利したことは良い事ですが

これによって存在感が濃くなってしまったことによる
チャンピオンズカップでの不安は拭えません。

もともと中央場所ではパフォーマンスが下がる
ケイティブレイブにとって、展開まで厳しくなってしまうと

好走出来ない確率が高くなる

と、言わざるを得ません。

 




 

以上、2つの理由から

チャンピオンズカップ2018で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

ケイティブレイブ

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

JBCクラシックを完勝したケイティブレイブ。

得意としている地方場所なら
ルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームと戦えそうですが

苦手の中央場所では分が悪いと言えます。

また、有力馬の中では一番前で競馬をする馬であるだけに
ゴールドドリーム、ルヴァンスレーヴにマークされてしまう可能性は高く

チャンピオンズカップ2018では期待値の低い馬だと言えます。

チャンピオンズカップではケイティブレイブを切って勝負したいですね。

 

チャンピオンズカップ2018で私が注目している馬は
中京競馬場ダート1800mという舞台が最も合っている馬です。

ルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームは強力ですが
間に割って入る可能性があるのはあの馬しかないと思っています。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。