マイルチャンピオンシップ2018枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2018マイルチャンピオンシップの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたマイルチャンピオンシップでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

私は有力馬の次走情報を見るのが好きなんですが
この時期になってくると来年のレースが出てきますね。

フィエールマンがAJCCに出走する予定だとか

メイショウテッコンが日経新春杯に出走する予定だとかで

胸が躍ります。

夏競馬はかなりお寒い内容ですが
冬の競馬って3歳重賞が始まる季節ですし

古馬のG2レースとかも結構用意されているので
意外に面白く見られたりします。

今年の3歳世代は出走回避が多くあって
どの馬がどれくらい強いのか、分からないですからね。

果たして、ワグネリアンやダノンプレミアムはどれくらい強いのか?

ミッキーチャームやリリーノーブルはどれくらい強いのか?
(アーモンドアイが強いのは分かっているので)

2019年の競馬界に思いを馳せながら
2018年末の競馬を楽しんでいこうと思います。

 

という事で、マイルチャンピオンシップの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

京都競馬場に抜群の適性を見せるあの馬で間違いない!

実力馬が集まるマイルチャンピオンシップも
厩舎関係者の中では注目は1頭だけ

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースはマイルチャンピオンシップ

競馬学会ではマイルチャンピオンシップの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

マイルチャンピオンシップ2018の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずマイルチャンピオンシップ(京都芝1600m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・前が残る流れになりやすい

・伏兵馬が台頭しづらい実力勝負のレース

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は曇りのち雨の予報なので
良馬場か稍重馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 ステルヴィオ

毎日王ではただ1頭後方から追い込んできたステルヴィオ

レースでは常に最後方付近から大外に回して
最後直線勝負に徹するという形しか見せていないので
今回の最内枠はステルヴィオが得意としている形を出しづらい枠順です。

今回のマイルチャンピオンシップはビュイック騎手という事で
先入観なく乗れるので、イン差しをしてくる可能性もあり
1枠がプラスに働いてくる可能性も十分にあります。

 

1枠2番 ペルシアンナイト

休み明けの富士ステークスでは5着と敗れたペルシアンナイト

昨年のマイルチャンピオンシップは8枠(外枠)から
追い込んで最後差し切った形でしたが
本質的には立ち回りが上手く内で脚を溜める形がベストの馬なので
今回の2番枠は絶好枠に入ったと言えます。

馬場が悪くなるとパフォーマンスが落ちるので
良馬場でレースしたいですね。

 

2枠3番 アルアイン

天皇賞秋では先行するも4着止まりとイマイチ
一歩突き抜けられないアルアイン

マイルチャンピオンシップでは2枠3番と内枠に入りました。

今回は久しぶりのマイル戦という事で
どのあたりに位置を取れるのかがポイントになりますが
溜めていい脚を使うタイプではないので、
今回の枠はまずまず合格点と言えます。

 



 

4枠7番 ロジクライ

富士ステークスでは今回人気が予想される
エアスピネルやペルシアンナイトを破ったロジクライ

夏競馬から一貫して先行策をとっているロジクライにとって
今回のマイルチャンピオンシップでの枠順は上々だと言えます。

春のマイラーズカップで惨敗しているように
格が必要になった時にどれだけ走れるのか注目です。

 

4枠8番 モズアスコット

安田記念勝ち馬のモズアスコット

前走のスワンステークスでは計算通りといえる2着で
マイルチャンピオンシップに向けて仕上げてくることが予想されますが
今回は4枠8番と真ん中の枠に入りました。

それほど器用な馬ではないので、
枠順としては内過ぎず、外過ぎない真ん中はベストの条件です。

安田記念は奇襲の連闘策で勝っているので
真っ当に挑むマイルチャンピオンシップでどこまでやれるのか注目です。

 

5枠10番 ミッキーグローリー

有力馬がほとんど能力を見せているのに対して
ただ1頭秘めたる力を見せていないミッキーグローリー

ディープインパクト産駒にしては馬体が大きく
パワー条件でパフォーマンスを見せてきただけに
平坦の京都コース、そして初対戦となる一線級の相手はまったくの未知数です。

ただ、捲り戦法を得意とするミッキーグローリーにとって
5枠10番は最高の枠順だと言えます。




 

7枠13番 レッドアヴァンセ

前走の富士ステークスでは3着に入り
牡馬の一線級と戦える事を証明したレッドアヴァンセ

3歳時はひ弱な面が目立ちましたが
今は走る気持ちが前に出ており充実期に入っています。

馬の個性としては馬群の中に入って集中力を活かす方が
合っているので、もう少し内枠に入ってほしかったですね。

 

7枠14番 エアスピネル

昨年のマイルチャンピオンシップでは2着に入ったエアスピネルは
7枠14番と外目の枠順に入ってしまいました。

エアスピネルの個性としては溜めて切れるタイプではなく
インで上手くポジションをとってなだれ込みたいタイプなので
今回の外枠は悪い枠順に入ってしまいました。

今回は福永騎手が手綱を取りますが
エアスピネルの良さをどう引き出せるのか、注目です。

 

7枠15番 アエロリット

毎日王冠を横綱相撲で押し切ったアエロリットは
今回7枠15番と外目の枠に入りました。

クロフネの産駒で揉まれて良い事はないので
極端な内枠は嫌でしたが、先手を取りたいアエロリットにとっては
もう少し内目の枠がほしかったというところですね。




 

まとめ

マイルチャンピオンシップ2018で良い条件の枠をゲットしたのは

1枠2番 ペルシアンナイト

5枠10番 ミッキーグローリー

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

人気上位が予想されるメンツがかなり強力なマイルチャンピオンシップ

外枠に入った有力馬よりも真ん中から内に入った
馬の方が条件的にあっているので

内目の有力馬を狙ってみたいですね。

 

私が2018マイルチャンピオンシップで注目している馬は
枠順は微妙ながらも、最も期待値が高いと思っているあの馬です。

影に隠れている存在ながら、その地力はここでも互角ですし
人気の盲点になる事が分かっているので狙いたいですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。