ジャパンカップ2018展開予想!キセキ秋天に続く大逃げか!?

Pocket

ここではジャパンカップ2018の展開予想について分析をしていきます。

東京芝2400mという平坦コースで行われる舞台

紛れの少ない舞台で、コース適性よりも
全体的な能力の高さを持っている馬が活躍するレースになっています。

ジャパンカップ2018ではどの馬が先手を取るのか?

出走予定メンバーから展開を予想していき、どのように馬券を組み立てるのか
参考になる見解を提供できればと思っています。

 

 

どうも、MOTOです。

今週はジャパンカップが行われますが
このレースは日本ダービーと同じ東京芝2400mという舞台で行われます。


(2017ジャパンカップ シュヴァルグラン)

東京のレースというと、その長い直線から

“差し馬有利”

というイメージを持たれるコースですが

実は日本ダービーは前残り傾向にあるんですよね。

 

直線が長くても、馬場が良かったり
ペースが遅かったりすれば、当然のことながら前が有利なんですよね。

 

で、肝心要のジャパンカップがどうかというと

“逃げ馬に辛いレースとなっています”

 

まずはジャパンカップの過去10年における
4角順位別成績を見てみましょう。

4コーナーで先頭に立っている馬は
かなり回収率が低い事が分かりますよね。

この馬券に絡んだ1着の馬と3着の馬ってどんな馬なんだ

と探ってみると、何のことはない

2016年のキタサンブラック(1着)

2017年のキタサンブラック(3着)

でした。

 

常識外れの強さを持っているキタサンブラックが
ジャパンカップの逃げ馬として唯一馬券に絡んでいる馬

と考えれば、

 

4コーナーで3番手以内にいるような馬は
かなり分の悪いレースである

と言えます。

 

ジャパンカップの展開予想と展開を馬券に活かすにあたって

“逃げ・番手の馬は苦戦する”

という前提で考えなくてはいけないですね。

 

という事で、ジャパンカップで逃げる馬であろう馬
追い込むであろう馬について分析をしていきたいと思います。

そのバランスを見てジャパンカップで
展開の恩恵を受けそうな馬を探していこうと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

アーモンドアイの相手はあの馬で間違いない!

実力馬が集まるジャパンカップ
アーモンドアイ以外で注目されるのは1頭だけ

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースはジャパンカップ

競馬学会ではジャパンカップの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

ジャパンカップの展開予想

ジャパンカップで逃げる馬はどの馬?

まずはジャパンカップで逃げる馬を探っていきましょう。

今年のジャパンカップの出走予定メンバーは以下の通りです。

登録馬を見てみると先行馬が多く揃ったなぁ

という印象を受けますよね。

その中でも逃げという戦法を良く取るのは

キセキ

ウインテンダネス

この馬2頭です。

特にキセキは天皇賞秋で逃げて、素晴らしい内容の競馬を見せており

“逃げるとパフォーマンスの高い馬”

 

という印象を競馬ファンに植え付けてくれました。

年明け初戦となった日経賞では闘争心が暴走に繋がり
抑えが利かなくなってしまった事も含めて考えると

ジャパンカップでペースを握るのはキセキ

だと言えますね。

 

京都大賞典、アルゼンチン共和国杯と逃げを打った
ウインテンダネスはキセキよりも前に行くかもしれませんが

「前に行ったところでタカが知れている」

という雰囲気があり、ウインテンダネスが逃げたとしても

“ペースを握るのはキセキ”

となるでしょう。

 




 

1番人気アーモンドアイはどの位置で競馬を進める?

逃げ馬を探ったところで、1番人気のアーモンドアイの出方を考えてみます。

ジャパンカップに出走する馬を考えてみると
先行馬が多く、一見すると差しに回りそうなアーモンドアイですが

「今回はメンバー中、最軽量の53kgでの出走」

そして、

「ジャパンカップが今年のラストランでメイチであるであろう」

という点を考えると、オークスのように好位での競馬になると見ています。

 

今回のアーモンドアイはどう考えても圧倒的な1番人気になります。

騎乗技術の突出したルメール騎手ですが
圧倒的な人気となれば、悠長には構えて要らないはずです。

常に前を捕まえられるポジションでの競馬が予想されますね。

 



 

有力馬はどの位置で競馬を進める?

逃げ馬とアーモンドアイの位置取りを予想したところで
他の有力馬がどの位置で競馬をしていくのかを考えていきます。

 

まずは2番人気濃厚な サトノダイヤモンド から見ていきます。

 

サトノダイヤモンドは差しての競馬もしていますが
もともと前々で体力を活かして持ち味が出るタイプの馬

宝塚記念では捲って勝負を仕掛けているあたり
ルメール騎手もしっかりとサトノダイヤモンドの特徴を把握していますよね。

今回はモレイラ騎手が騎乗するという事で

好位(4,5番手)からの競馬が予想されます。

アーモンドアイとそれほど変わらない位置での競馬になりそうですね。

 

続いて、天皇賞秋で惨敗した スワーヴリチャード を見ていきます。

 

天皇賞秋は出遅れて競馬になりませんでしたが
サトノダイヤモンドと同様に瞬発力は持ち合わせておらず
持久力(長くいい脚を使う)で勝負するタイプなので

「元々は先行策で持ち味を発揮する馬」です。

スタートをどれだけ決めてくるかにも寄りますが

キセキのすぐ後ろ(2,3番手)でのレースが予想されます。

 

前に行きたい有力馬は他にもいます。

宝塚記念勝ち馬の ミッキーロケット です。

 

宝塚記念では1コーナーでは7番手にいながら
2コーナーで5番手、3コーナーで3番手、4コーナーで2番手

と徐々にポジションを上げての競馬

天皇賞秋でも終始先頭を伺える5番手をキープしての競馬

という事で、ジャパンカップでも好位(5,6番手)での競馬予想されます。

非常に立ち回りの上手い馬なので
内枠を引きたいところですね。

 

有力馬の中では上記3頭が前に行くことが予想されますが
差しに回る馬についても見ていきたいと思います。

差し馬の筆頭は シュヴァルグラン です。

 

シュヴァルグランは昨年の勝ち馬で
長くいい脚を使える馬です。

ボウマン騎手が乗れなくなってしまった点は残念ですが
前に行く馬が多くなりそうなジャパンカップでは
差しての勝負になりそうですね。

 

続いて、天皇賞秋で惨敗した マカヒキ を見ていきます。

 

マカヒキについては過去のレースで先行した事例もなく
札幌記念、天皇賞秋共に後方からの追い込みに徹しています。

本来であればG2あたりで先行策を試して
行き脚をつけるトレーニングが出来ればいいのですが
ここまで後方からの競馬に徹すると前での競馬は望めません。

 

宝塚記念以来の競馬になる サトノクラウン

 

この馬の場合は

「体力を活かして前々での押し切り」

が、本来の持ち味ですが

“年齢を重ねてのスピード能力の衰え”

などを考えると前で競馬が出来るほどのスピードはないと見ます。

 

今年はイマイチの走りが続いている ミッキースワロー

 

この馬はサトノクラウンと同じ体力型の馬で
もともとスピード能力の欠けたタイプの馬です。

それだけに前に行っての競馬は難しいでしょう。

 




 

まとめ

ジャパンカップ2018の展開ですが

1番手(逃げ) キセキ

2~3番手 ウインテンダネス、スワーヴリチャード

4~6番手 サトノダイヤモンド、ミッキーロケット、ノーブルマーズ

7~10番手 アーモンドアイ、シュヴァルグラン、サトノクラウン

11番手以降 マカヒキ、ミッキースワロー

という隊列が予想されます。

 

一番のポイントとなるのは

アーモンドアイの位置取り

ですね。

逃げ馬も追い込み馬も圧倒的な人気に支持されるアーモンドアイを
意識して競馬を進めていく訳ですから

アーモンドアイが前にいればいるほど、先行馬はプレッシャーを受けますし
アーモンドアイが後ろにいればいるほど、先行馬は楽な競馬が出来ます。

 

私の見解としては、アーモンドアイは今回前目で競馬をすると思っているので

“差し馬有利の流れ” が生まれると思っています。

 

あくまでもアーモンドアイの相手探しになりそうですが

先行する サトノダイヤモンド や キセキ よりも

差しに回る シュヴァルグラン や マカヒキ

の方が展開的に分があると言えますね。

高配当が望めない分、馬券を絞って勝負したいですね。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。
ジャパンカップで注目しているのは
ローテーション的には100点満点の状態で出走してくるあの馬です。

舞台適性には若干の疑問符が残りますが
勢いと充実度でカバーできると思っているので期待できそうですよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ