【愛知杯2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【愛知杯2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは愛知杯2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

愛知杯は年初めに行われる牝馬限定の重賞レースです。


(写真は2018愛知杯 エテルナミノル)

位置付けとしてはヴィクトリアマイルに繋がる道となっている愛知杯

しかし、その内情はGIは関係なく、賞金を稼ぎたい馬達が
勝利を狙ってくるレースです。

昨年はエテルナミノルが勝ち、レイホーロマンスが2着と
いかにもローカル重賞というような結果になったように
現状の調子の良さと舞台適性がものを言うレースになっています。

今年も波乱の可能性は十分にありそうですね。

そんな愛知杯2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

ノームコア 2.9倍
レッドジェノヴァ 3.2倍
ランドネ 5.4倍
コルコバード 6.6倍
ウラヌスチャーム 8.4倍
レイホーロマンス 12.4倍
レイズアベール 14.7倍
モーヴサファイア 17.5倍
ワンブレスアウェイ 25.6倍
ウスベニノキミ 31.8倍
スカーレットカラー 37.9倍
ティーエスクライ 44.0倍
ヤマニンエルフィン 50.2倍
エテルナミノル 67.5倍
キンショーユキヒメ 88.1倍
ウインファビラス(出走回避)
アンドリエッテ(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

飛躍の年にしたい ランドネ

地味な存在ながらもクラシックロードを走ってきたランドネ

前走出走した準オープン戦の修学院ステークスでは完勝を収めて
改めて重賞級の能力がある事を証明してくれました。

スイートピーステークス1着、紫苑ステークス3着
そして、秋華賞6着と今後の成長次第では
GIを狙える馬に成長する可能性があり
今回の愛知杯でも見逃せない存在となりそうです。

条件戦を連勝した ウラヌスチャーム

1000万、1600万条件と連勝して重賞に挑むウラヌスチャーム

3走前のローズステークスでは5着に敗れていますが
内容としては悪くなく、五分に戦えていました。

今回は牝馬限定の重賞(G3)愛知杯という事で
ウラヌスチャームが持っている力を発揮すれば十分に通用します。

重賞で安定してきた アンドリエッテ

前走のクイーンステークスでは5着に敗れたものの
昨年はマーメイドステークスを勝ち
重賞で安定した走りを見せられるようになってきたアンドリエッテ

3歳時はチューリップ賞で2着に入っているように
もともと重賞で力を発揮していた馬

能力が開花した今なら愛知杯で重賞2勝目を挙げるは十分に可能です。
(出走回避)

復活の兆しを見せてきた レイホーロマンス

前走の中日新聞杯では久しぶりにレイホーロマンスらしい
末脚を見せて復活を予感させてきています。

昨年の愛知杯では人気薄ながら、素晴らしい末脚で追い込み
2着に食い込んできたようにレイホーロマンスの調子が戻ってくれば
今年の愛知杯でも十分に好走出来ます。

GIでは荷が重かった コルコバード

前走のエリザベス女王杯では強敵を目の前にして
8着と敗れてしまったコルコバード

エリザベス女王杯では強敵が集まったため
敗戦も致し方ないところで
G3レベルにランクを下げれば地力は十分に通用するレベルです。

今回の愛知杯を機に再びGIを狙いたいところです。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ愛知杯2019の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。