【京阪杯2018】過去10年のデータ分析|圧倒的な前残りレース!

Pocket

2018京阪杯を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
京阪杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はジャパンカップが行われますが
その裏で京阪杯が行われますね。


(2017京阪杯 ネロ)

 

個人的にはジャパンカップというレースが大好きなので

この日にもう一つ重賞が行われても
あまりインパクトがありません。

別に東京でやる訳じゃないんだから
土曜日にやればいいのになぁ

と、密かに思っています。
(京都2歳ステークスが日曜日でもいいかも)

 

私の馬券成績を見てみると

短距離の成績が悪くて、中長距離の成績が良い

という風に傾向が分かれているので
どうしてもスプリント戦には苦手意識があるんですよね~

 

昨年の京阪杯の勝ち馬も「ネロ」ですよ。

いやいや、もう終わった馬だと判断してもいいところからの
復活という事で、こんなのに来られてしまったら予想になりません。

昨年の京阪杯を的中した人は本当に凄いと思います。

 

 

とはいえ、競馬予想家ですからね。

ジャパンカップだけでなく、京阪杯2018もしっかりと狙っていきますよ!

 

と言う事で、京阪杯のデータ分析に行ってみましょう。

 




 

京阪杯は昔は阪神芝1800mで行われていましたが
京都芝1200mに変わってからもう10年以上経ちます。

もう中距離のイメージを持つ人はいなさそうですよね。

スプリンターズステークスという大一番を終えた後の重賞という事で
かなり難しいレースになりますが、京阪杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ジャパンカップ2018、ここに全てを賭けているのはあの実力馬!!

徹底分析して出てきた結論から
ジャパンカップはあの馬の1強レース!!

稼ぐための投資競馬サイト「ドリーム万馬券」

今週のメインレースはジャパンカップ

ドリーム万馬券ではジャパンカップの無料情報公開が決定している上に
10万円分のポイントを無料でプレゼント!!

「ドリーム万馬券」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『ドリーム万馬券』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

平場の予想も見たい人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

京阪杯過去10年のデータ分析

前に行った馬だけを買っていればいい、先行有利のレース

まず、最初に注目したのは京阪杯の脚質です。
以下は京阪杯での4コーナーでの順位別成績です。

データをみて貰うと一目瞭然

“前に行けば行くほど成績が良い”

というのが京阪杯の一番の特徴です。

 

平坦の京都競馬場で行われるという事もありますし

先にGIを控えているレースではないので
確固たる主役が不在で混戦になる事から

・前に行くと物理的なアドバンテージを得られる

という仕組みですね。

 

京阪杯での上がり3ハロン順位別成績を見てみると

上がり3ハロン6位以下の馬の回収率が驚異的なほど高いです。

一般的なデータを見ると上がり3ハロン6位以下の馬の
平均複勝回収率は10~20%程度です。

しかし、京阪杯における上がり3ハロン6位以下の馬の

複勝回収率は 95%

いかに京阪杯が先行有利のレースになっているかが分かりますね。



 

内枠の馬だけ買っていれば間違いない?

次に京阪杯の枠順別成績を見てみましょう。

数字を見てみるとビックリするくらい

内枠(1~4枠)の成績が良く

外枠(5~8枠)の成績が悪くなっています。

 

京阪杯は先行馬が圧倒的に有利である事は
先ほども話した通りですが

 

京都競馬場芝1200m(内回り)のコースは
以下の図のようになっており

スタートして間もなく、3コーナーが迫ってきます。

つまり外枠に入った馬はスタートして間もなく
距離ロスの大きい外側を走らされて距離的なハンデを背負ってしまいます。

内枠に入った馬はコーナーワークで
有利なポジションを取れる

という事から、これだけの大きな差が出てきてしまっている

 

京阪杯は内枠が圧倒的に有利

という事を抑えておきましょう。

 




 

パワーよりもスピード!軽量馬の一発に注意

最後に京阪杯の馬体重別成績を見てみましょう。

一般的に競馬は馬体重の重い馬、すなわち体の大きい馬の方が有利です。

これは人間界のスポーツにおいても同じことが言えると思うんですが

京阪杯においては小柄な馬の方が有利です。

 

データを見てみると

440kg~479kgの馬が活躍しています。

 

小柄な馬が大柄な馬よりも優れているものと言えば

「俊敏性」と「スピード」です。

京阪杯は前のポジションを取ることが何よりも大切なレースなので

スタートしてからのダッシュ力や
ポジションをすっと取る器用さのようなものが必要です。

“能力よりもコース適性”

という典型的なレースですね。

 

最後に京阪杯の過去10年における種牡馬別成績を見てみると

ディープインパクト産駒が6位に入っており
高い回収率を残している事からも

“あまりパワーに寄っていないレース”

だという事が分かります。

 

ただ、血統面で攻めるよりは、適性面で攻めた方が良さそうですね。

 

以上が京阪杯2018を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

京阪杯は京都芝1200mという条件で

“圧倒的に先行馬が有利なレースです。

また、コースの形態からも内枠に入った馬の方が
前のポジションを取りやすいくなるため

“内枠圧倒的に有利”

“逃げ・先行が圧倒的に有利”

というような傾向を示しています。

過去のレースを見て、スタートのダッシュ力がある馬
ポジション取りが上手い馬が内枠に入ったら
迷わず狙いたいですね。

 

私が京阪杯で注目しているのは
京都芝1200mに見事に対応してくれそうなあの馬です。

毎年荒れる事で有名なレースでもあるので
ここは京阪杯の適性を保持した穴馬を狙っていこうと思っていますよ。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。