【ジャパンカップ2018】サトノダイヤモンドが期待値の低い最も危険な馬だと言える根拠は?

Pocket

ジャパンカップ2018に出走を予定している
サトノダイヤモンドが馬券から切るべき最も買ってはいけない人気馬である
期待値の低い馬である、という点について根拠を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はジャパンカップが行われますが
外国馬の出走は2頭しかいないんですね~

 

少し前から話をしていますが

【日本馬はもはや世界最強】

なんですよね~

単体で見れば、スターホースの出現で

「世界一強い馬が日本の馬ではない」

 

という事はしばしばありますが
全体のレベルとしては、紛れもなく世界最強です。

なので、いくらお金を積んでも出走する馬はいないですよ。

私が外国馬のオーナーだったら嫌ですもんね。

勝つ見込みのないレースに出走させるのは…

 

馬主は慈善事業者ではなく
オーナーなので、当然のことながら利益を考えます。

外国馬がジャパンカップに出走しなくなったことが

「日本馬が最強である証」

と、言えそうですね。

 




 

と言うことで、ジャパンカップの話にいきたいと思うんですが

アーモンドアイしか居なさすぎる…

春シーズンで最も安定していた
スワーヴリチャードが天皇賞秋でまさかの惨敗

 

事実上の1強レースという事

で馬券を買うなら絞るしかないですよね。

こういうレースこそ切り馬のチョイスが大切になってくると思うので
私がジャパンカップ2018で、最も買ってはいけない馬について話をします。

 

ジャパンカップ2018で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

サトノダイヤモンド

です。

 

 

サトノダイヤモンドは2017天皇賞春で3着に入った後
フランスのレースで惨敗が続き、ずっと調子を崩していました。

それでも、菊花賞、有馬記念と強い競馬を見せたことから
人気に支持されていましたが
前走の京都大賞典で復活の勝利を掴みました。

そのレース内容と過去の実績から
ジャパンカップでも人気を背負いそうな馬です。

そんなサトノダイヤモンドがなぜ
2018ジャパンカップで危険な馬となってしまうのか?

その理由について説明していきたいと思います。

 

ジャパンカップのコース分析

ジャパンカップ2018のレース傾向・コース分析については
以下のリンクをクリックして頂けるとページに移動します。

ジャパンカップ2018のコース分析はコチラ

 

それでは、いきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

ジャパンカップは高確率で万馬券になる!

競馬セブンではアーモンドアイがいるジャパンカップで
万馬券を与えてくれる穴馬情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そしてジャパンカップ3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

ジャパンカップ3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

サトノダイヤモンドの不安要素

既にピークを超えた?GIの激しいレースに耐えうる馬なのか?

前走の京都大賞典では久しぶりに“らしい”競馬を見せて
復活の勝利を得たサトノダイヤモンド

東京芝2400mは日本ダービーで2着があるように
スケール感で勝負するサトノダイヤモンドにとって適性のある舞台です。

 

ただ、それ以上に私が不安に思っているのは

“サトノダイヤモンドは既にピークを超えたのではないか”

という点です。

 

一番目に気になっているのは

“全体的にディープインパクト産駒は早熟傾向にある”

という点です。

 

ここでディープインパクト産駒の年齢別成績を見てみましょう。

と、2歳の頃は最も成績が良く
年齢を重ねれば重ねるほど成績が落ちている事が分かります。

 

サトノダイヤモンドの世代で考えてみても、ダービーを2着した時は3強を形成していた

マカヒキはGIで馬券に絡めるような走りをしていないですし
(今回のジャパンカップにはマカヒキも出走しますが、これも買いません)

ディーマジェスティもセントライト記念を勝ったのち不振期に入り引退

 

他のディープインパクトの代表産駒を見てみても

キズナ、ミッキークイーン、ジェンティルドンナ、ハープスター

など、いずれの馬も古馬になってからパフォーマンスを下げています。

 

サトノダイヤモンドは既に5歳馬

菊花賞や有馬記念で見せていた強さと比較すると
サトノダイヤモンドのパフォーマンスは物足りない部分があり

肉体的にも衰えている事が分かります。

 

今年の走りを見ても年明け初戦となった金鯱賞では3着に入りましたが
超スローペースで圧力のかからない展開を上がりの脚だけで伸びてきた競馬でした。

年明け2戦目となった大阪杯では内枠に入り
馬群に揉まれ全く勝負に参加出来ませんでしたし

捲りで見せ場を作った宝塚記念も
タフな展開に値を上げた形の敗戦でした。

肉体的な衰えだけでなく

“精神的な衰えも見えてきます”

GIという最も激しい舞台になると

肉体的・精神的な衰えが顕在化してきそうです。

 



 

心強いモレイラ騎乗も、ルメールには捨てられた?

ジャパンカップ2018において
サトノダイヤモンドに騎乗するのはモレイラ騎手です。

モレイラ騎手はエリザベス女王杯でリスグラシューを勝利に導いており
その手腕に異論を唱えるものはいません。

 

ただ、このサトノダイヤモンドという馬は
デビューからずっとルメール騎手に強いこだわりを持っていました。

サトノダイヤモンドは今年の初戦に金鯱賞を選んでいますが

もともとは京都記念に出走したかったけれども
ルメール騎手がレイデオロに騎乗する事になるから
京都記念をパスして金鯱賞を選んだと言われています。

 

そんなサトノダイヤモンドは

大阪杯はドバイワールドカップと被ったため戸崎騎手に乗り替わり

京都大賞典は南部杯(ゴールドドリーム)と被ったため川田騎手に乗り替わり

と、ルメール騎手のサトノダイヤモンドに対する
優先順位は明らかに下がっています。

今回もアーモンドアイに騎乗するため
サトノダイヤモンドはハナから眼中にない形となっていました。

 

普段の対応はフレンドリーな外国人騎手ですが
勝負に対するこだわりは人一倍強く

“ルメールがサトノダイヤモンドを見放した”

という事は現状のサトノダイヤモンドの力を測る材料になります。

 




 

以上、2つの理由から

ジャパンカップ2018で
馬券を買ってはいけない最も危険な馬は

サトノダイヤモンド

だと結論づける事が出来ます。

 



 

まとめ

3歳時には菊花賞、有馬記念を立て続けに勝利し
キタサンブラックにガチンコで勝ったサトノダイヤモンドですが

今のサトノダイヤモンドはピークを超えています。

今回はモレイラ騎手が騎乗しますが
ルメール騎手は既にサトノダイヤモンドには興味を無くしており
精神的・肉体的な衰えは隠せません。

また、京都大賞典を快勝したことで
ジャパンカップでは上位人気に支持される事は間違いなく
外して妙味のある存在になりそうです。

ジャパンカップではサトノダイヤモンドを切って勝負したいですね。

 

2018ジャパンカップで私が注目している馬はアーモンドアイではありません。
(アーモンドアイは黙っていても来ますから)

東京芝2400mという舞台は若干微妙ですが
ここへ歩を進める上でのローテーションが素晴らしいので
注目が必要な存在です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ