【日経新春杯2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【日経新春杯2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここでは日経新春杯2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

日経新春杯は京都芝2400mという根幹距離で行われる重賞レースです。


(写真は2018日経新春杯 パフォーマプロミス)

舞台は京都芝2400mと力が問われる舞台になっていますが
1月に行われるという点とハンデ戦であるという点から
GIを狙うような馬はなかなか出走しないレースでもあります。

しかし、日経新春杯2018の勝ち馬パフォーマプロミスはアルゼンチン共和国杯を勝ち
日経新春杯2017の勝ち馬ミッキーロケットは宝塚記念を勝っているように
現状で実績がなくても、今後飛躍が期待できる馬が出走してくるレースとしても知られています。

そんな日経新春杯2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

メイショウテッコン 武豊 3.3倍(AJCC回避の予定)
ムイトオブリガード 4.1倍
グローリーヴェイズ 4.8倍
シュペルミエール 6.2倍
ルックトゥワイス 6.6倍
アフリカンゴールド 10.3倍
ガンコ 藤岡佑介 14.0倍
ノーブルマーズ 16.1倍(AJCCと両にらみ)
サラス 20.3倍
ウインテンダネス 23.8倍
ミライヘノツバサ 29.5倍(AJCCと両にらみ)
アイトーン 36.2倍
ロードヴァンドール 40.1倍
ケントオー 48.0倍
エーティーダンサー 59.5倍
マサハヤドリーム 70.2倍
ダッシングブレイズ 105倍
アドマイヤエイカン(出走回避)

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

 

< 主な出走馬 >

菊花賞の無念を晴らしたい メイショウテッコン

菊花賞では伏兵人気に推されながらも馬群に揉まれて、
自分の競馬が出来ずに14着と大敗したメイショウテッコン

父マンハッタンカフェという事で、もともと揉まれ弱さを持っている馬ですが
気分よく走る事が出来れば、ワグネリアンやエタリオウに最後まで食い下がった
神戸新聞杯のような走りが出来る馬です。

出走はAJCCと両にらみとなりますが
格下げ戦となり、のんびりと走れる今回は巻き返し十分の一戦です。
(日経新春杯出走が濃厚です)

菊花賞で善戦した グローリーヴェイズ

春シーズンは重賞で善戦を続けながらも
クラシック出走がならなかったグローリーヴェイズ

昨年の秋に出走した菊花賞では低評価を覆す5着
改めてその能力の高さを示す内容となりました。

今回の日経新春杯を勝利できれば一気にGIへの道が見えてくるので
ここは試金石となる一戦です。

なんとか復活をしたい ガンコ

昨年は日経賞を勝ち、日経新春杯を3着したガンコ

春は素晴らしい勢いを持ってレースを走っていましたが
天皇賞春で惨敗して以来ずっとスランプ続きとなっています。

再び輝きを取り戻すためにも、今回の日経新春杯では
是非復活の兆しを見せてほしいところです。

菊花賞は惨敗した アフリカンゴールド

日の出の勢いで条件戦を勝ち上がってきたアフリカンゴールドですが
前走の菊花賞ではさすがに荷が重く12着と惨敗してしまいました。

今回は菊花賞から格下げ戦となる形での日経新春杯
アフリカンゴールドの条件戦の戦いぶりをみれば
ここなら十分に通用する可能性はありますね。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだ日経新春杯2019の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。