【AJCC2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

Pocket

【AJCC2019】
出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

(有力馬次走情報を含む)

ここではAJCC2019の出走予定馬・想定オッズ・全頭評価・レース傾向
などについてお話をしていきます。

 

 

AJCCは年明けの中山競馬場で行われるG2レースです。


(写真は2018AJCC ダンビュライト)

AJCCは中山芝2200mという特殊条件で行われるレースですが
GIを狙うような強豪関東馬が出走してくるレースとしても知られています。

昨年は関東馬ゴールドアクターが惨敗して
関西馬であるダンビュライト、アルアインがワンツーを決めましたが

過去にはタンタアレグリア、ディサイファ、マツリダゴッホ、ネヴァブションなど
関東馬が勝っており、関東馬に注目できるレースになっています。

そんなAJCC2019にどんな馬が出走してくるのか?
出走予定馬と想定オッズを見てみましょう。




 

< 出走予定馬&予想オッズ >

フィエールマン 1.8倍
ジェネラーレウーノ 6.4倍
ダンビュライト 6.9倍
メイショウテッコン 7.5倍(日経新春杯に出走の予定)
ノーブルマーズ 21.8倍(日経新春杯と両にらみ)
ミライヘノツバサ 32.0倍(日経新春杯と両にらみ)
マイネルミラノ 53.8倍
マイネルフロスト 61.3倍

 

< 今週の重賞注目馬 >

毎週のメインレース(重賞レース)の注目馬を
ブログランキングで公開しています。

ガリ勉根暗野郎を自称する競馬オタクのMOTOが
一般の人と全く違う視点で予想をしているので是非参考にして下さい

MOTOの今週の注目馬→ 人気ブログランキング

 

< 全頭評価及びレース傾向分析 >

レース開催当週の日曜日か月曜日に動画をアップする予定です。

 

< 主な出走馬 >

菊花賞を勝った フィエールマン

前走の菊花賞はラジオNIKKEI賞からの直行ローテや
ディープインパクト産駒ならではの距離不安が囁かれていましたが
ルメール騎手を鞍上に見事なGI勝利を成し遂げたフィエールマン

ラジオNIKKEI賞こそ2着に敗れましたが
後方から物凄い脚を使ったように持っている能力に疑いはありません。

今年は世代最強から現役最強を狙う年になるフィエールマンにとって
GIではなくG2で負ける事は出来ません。

セントライト記念勝ち馬の ジェネラーレウーノ

前走の菊花賞こそ大敗しましたが
セントライト記念、京成杯と中山の重賞で2勝を挙げているジェネラーレウーノ

前向きな気持ちと闘争心を持ち合わせているジェネラーレウーノにとって
3000mという舞台はかなり厳しく、惨敗は仕方のないところ。

豊富なスタミナとパワーを持っているので中山競馬場は得意な舞台
フィエールマンが相手でもここなら互角に戦えます。

菊花賞の無念を晴らしたい メイショウテッコン

菊花賞では伏兵人気に推されながらも馬群に揉まれて、
自分の競馬が出来ずに14着と大敗したメイショウテッコン

父マンハッタンカフェという事で、もともと揉まれ弱さを持っている馬ですが
気分よく走る事が出来れば、ワグネリアンやエタリオウに最後まで食い下がった
神戸新聞杯のような走りが出来る馬です。

出走は日経新春杯と両にらみとなりますが
格下げ戦となり、のんびりと走れる今回は巻き返し十分の一戦です。

昨年の勝ち馬 ダンビュライト

昨年のAJCCではミッキースワローを破って勝利したダンビュライト

前走のチャレンジカップではダンビュライトに合わない
条件での出走になりましたが、内からしぶとく伸びて4着
改めてその力を証明しました。

AJCCの舞台である中山芝2200mは
ダンビュライトが最も得意としている舞台
強い相手が出てきますが、ここは勝ち負けが期待されます。

 

以下、伏兵陣も多彩な顔ぶれ

このブログでは全頭の評価を動画で行っていますが、
もう少し踏み込んだAJCC2019の攻略・考察は
メールマガジンの方で行っています。

登録は無料ですので、良かったら登録して下さい。

メールマガジンの無料登録はココをクリック



ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。