最後のフジキセキ産駒イスラボニータが皐月賞を制覇!レース回顧

Pocket

先週行われたGI皐月賞は最後のフジキセキ産駒イスラボニータが
トゥザワールド以下を抑えて完勝しました。

レース前にイスラボニータが不安を持っていた点は2つ

1.中山の馬場、コースに対応が出来るのか

2.そもそも地力が足りているのか

という事でしたが、見事に2つともクリアしてくれました。

ここに来ての成長があることも明白なほどの完勝劇で
当然、日本ダービーも最有力候補になるでしょう。

課題は400m伸びる距離です。
ここは走ってみないとわかりませんが
能力の高さは証明したので、不安よりも期待の方が大きいでしょう。

期待したトゥザワールドは2着

自分の競馬をして負けたのだから納得
といったところでしょう。

先行力と操作性の良さ、パワーとスタミナを存分に生かせました。

ただ、この馬は瞬発力とスピードがなく、東京向きではありませんので
日本ダービーでは、一転危険な人気馬に格下げとなるでしょう。

3着は逃げたウインフルブルームが粘りこみました。

やはりこの馬は追ってまったく味がないので
逃げる戦法、もしくは4角先頭のようなレースが合います。

日本ダービーに向かうか、NHKマイルCに向かうかはわかりませんが
馬の特性を考えるとNHKマイルCに向かった方が勝算はあります。

4着は最内枠のワンアンドオンリー

やはり最内枠が災いしてしまいましたね。
横山典弘騎手は少しでも前につけようと思ってたみたいですが
馬に行く気がなかったので、騎手は責められません。

予想通り最後方に下げて捲っての競馬
あの位置からでは勝てないのが、中山芝2000mです。

レースで見せたパフォーマンスはイスラボニータと双璧か
ワンアンドオンリーがやや上という内容だったので
日本ダービーではこの馬が勝利に近いところにいると言えます。

ここはしっかりと覚えておきたいです。

5着のステファノスも東京向きの馬、上位2頭には若干能力で劣るものの
日本ダービーでは面白い存在となりそうです。

6着アジアエクスプレスは距離の壁に当たりましたね。
妥当な結果でしょう。

トーセンスターダムはよくわからない敗戦ですが
スケールが足りなく感じた点が悪い方向に出ました。
この負け方はクラシックから脱落と判断していいでしょう。

土曜日の重賞アンタレスSも簡単に振り返りましょう。

結果は期待したナムラビクターが勝利。

やはり力のいるコースでの競馬は得意ですね。
前走の勝ち方から能力の高さも伺えましたが
ここも完勝ということでGIまで見える位置にいると評価出来ます。

2着トウショウフリークは逃げから先行へと新味を出しました。
さすが武豊騎手といったところですが、最後の直線の鋭さは
京都コースの方が持ち味が生きそうです。
コース替わりを狙っていきましょう。

断然の人気ニホンピロアワーズはナムラビクターに競り負けて3着
持続力タイプの末脚で追っての味がない面が出ましたが
能力の衰えも感じずにはいられませんね。

皐月賞もアンタレスSも次走につながる貴重なデータがとれた1戦でした。

1戦1戦をしっかりと狙っていきながら
どんどん自身のデータベースをアップデートさせていきましょう。