エリザベス女王杯2018予想についての私の見解|ガチガチか?波乱か?

Pocket

今回はエリザベス女王杯2018を予想する上で
ポイントとなる軸馬選びと波乱度測定
をしていきたいと思います。

昨年のクロコスミアのように穴を空ける馬が出てくるのか?
それともガチガチの本命に収まってしまうのか?

エリザベス女王杯2018についての見解を話していきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

先週のJBC3競走+アルゼンチン共和国杯という
重賞4連発は疲れましたね。

 

土曜日のレースで自信満々にオジュウチョウサンを切ってこられ

JBCスプリントでもクラシックでもハズレ

アルゼンチン共和国杯でもハズレ

と、かなりヤバい感じでしたが

 

JBCレディスクラシックで

本命のアンジュデジールが勝ってくれたので

一気にプラスになりました。

(土日で回収率150%くらい)

 

一発逆転の魅力があるのが、競馬の醍醐味ですよね。

 

 

夏場からずっと好調が続いているので

少なくとも有馬記念まではこの感じで突っ走りたいですね。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

どう転んでも負けない!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週ホースメン会議に新規登録してくれた方には
エリザベス女王杯の無料予想を公開!!

今年のエリザベス女王杯は3点勝負で的中できる!!

以下をクリックして登録して下さい。

エリザベス女王杯予想を無料で見る方法はコチラ
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

早い者勝ちなので、急いで登録して下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

エリザベス女王杯2018、予想のポイント

今週はエリザベス女王杯が行われますね。


(2017エリザベス女王杯 モズカッチャン)

府中牝馬ステークスを勝ったディアドラが出走回避となりましたが
リスグラシューやモズカッチャンといった強豪古馬が揃いました。

 

3歳馬からも実力ナンバーワンのアーモンドアイは
ジャパンカップへ矛先を向けたため回避となりましたが

ローズステークスを勝ったカンタービレと
紫苑ステークスを勝ったノームコアが出走を予定しており

なかなか、豪華なメンバーになったと思います。


 

予想のポイントとしては

カンタービレとノームコアって古馬と戦えるだけの力があるの?

 

というこの1点に尽きますよね。

 

とりあえず、リスグラシューやモズカッチャンが間違いなく強い

という事は今までのレースを見れば分かる訳で

前走で底を見せてしまった感のあるミ スパンテール や

スランプ期に入ってしまっている クロコスミア や アドマイヤリード

が、ここで一気に巻き返してくるかというと
かなり分が悪い戦いになる事を考えると

 

レッドジェノヴァこそ未知数で
一気にトップホースを倒す可能性があるものの

古馬でリスグラシューやモズカッチャンに
勝つ馬が出てくる可能性は極めて低い

という結論に達してしまいますよね~

 

この堅いであろう決着に楔を打てるのは3歳馬の存在だと思っています。

 




 

エリザベス女王杯に出走する3歳馬2頭の評価

ここでエリザベス女王杯に出走する3歳馬2頭についてみてみましょう。

 

まずは秋華賞で3着に入った カンタービレ

今年の秋はローズステークス秋華賞を走っていますが
双方ともかなりレベルの高い走りを見せています。

ここは素直に評価をする必要があると言えますが
正直なところ秋華賞のレベルが??です。

ズ抜けて強い アーモンドアイ、

そして仕上がり面もあり自滅した形の ラッキーライラック

この2頭は完全に除外して考える必要があると思うんですよね。

 

となると、

自分の競馬を見せて2着に入ったミッキーチャーム

そして、4着に入ったサラキア

あたりが比較対象になります。

 

秋に入って力をつけている2頭ですが

リリーノーブル不在

サトノワルキューレ不在

レッドサクヤ不在

マウレア不在

この中で行われた秋華賞は正直なところあまり信用出来ません。

 

実際問題、カンタービレはオークスに出走して13着と負けています。

秋になって馬が変わったと言えばそれで終わりですが
やっぱり底力はまだ信用しきれません。

また秋2戦で目一杯の競馬を見せたので
今回のエリザベス女王杯は良くても平行線

パフォーマンスを下げる可能性も有り、信用しきれません。

 

 

次に紫苑ステークスを圧勝した ノームコア

前走の紫苑ステークスでは
マウレアを寄せ付けない強い競馬で
このレースのパフォーマンスを素直に認める必要があります。

そして、絶好調男であるルメール騎手が騎乗する点も
心強い限りでノームコアに買う要素はあるのですが

なんといってもGI初挑戦

という点は気になります。

ノームコアを管理する萩原厩舎をはじめ
木村厩舎や大竹厩舎は変なローテーションばかりなんですよね~

・関西での競馬も経験したことがない

・2200mの距離を走ったことがない

王道ローテーションを経験したことがない分
消耗度合いという点では余力があるとも受け取れますが

高いレベルでの戦いを経験していない
もしくは距離や競馬場(遠征)を経験していない

というのはトータルで見てデメリットの方が大きいです。

 



 

まとめ

こういった事を考えると

カンタービレ も ノームコア もちょっと買いづらい

という判断になってきそうです。

 

競馬なので、あくまで人気面を見ての判断となりますが

リスグラシューやモズカッチャンと大差の無い人気だったら
馬券としての妙味はないと思っています。

 

エリザベス女王杯は堅い決着になりそうだなぁ

と思っているMOTOでした。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。
エリザベス女王杯で注目しているのは
京都芝2200mに絶好の適性を見せているあの馬ですよ。

是非見てください。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。