【マイルチャンピオンシップ2018】過去10年のデータ分析|器用さが求めらるレース

Pocket

2018マイルチャンピオンシップを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
マイルチャンピオンシップで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はマイルチャンピオンシップが行われますね。


(2017マイルチャンピオンシップ ペルシアンナイト)

 

昨年のマイルチャンピオンシップはペルシアンナイトが勝ったわけですが
実は枠順が確定するまではこの馬を本命にしようと決めていたんですよね。

典型的な叩き良化型で、前走は重馬場もあって理想の負け方
ハービンジャー産駒なのでスピードが有り、京都マイル戦も絶好

 

という事で、

「まあペルシアンナイトでいいでしょ!」

 

と、思っていたわけですが、枠順を見てみると

“ペルシアンナイトが大外枠!!”

おー、インコースに潜って上手く立ち回るのが
持ち味であるペルシアンナイトになんという試練を与えるんだ!

と、本命をつける気持ちに雲がかかってきた事に加えて…

 

デムーロ騎手がダービーから続く
GI馬券圏内記録を更新する絶好調ぶりで
ペルシアンナイトが過剰人気になってしまっていました!!

新聞の印だけ見ながら、何も考えないで予想するような人が
デムーロが騎乗するというだけでペルシアンナイトを買ってしまったことで

ペルシアンナイト株が急上昇!!

 

本命を打つには相応しくないオッズへと変化してしまったので
結局、相手1番手まで印を下げて玉砕してしまいました。

 

うーん、悔やまれる敗戦…

だけれども、あの条件とあの人気なら
今、予想をしてもペルシアンナイトは買いません(きっぱり)

今年も同じようなローテーションでマイルチャンピオンシップに
出走してくるペルシアンナイトですが、
どんな枠順で出走してくるのか楽しみですね~

 

と言う事で、マイルチャンピオンシップのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

マイルチャンピオンシップは京都芝1600mという
スピード条件で行われるレースです。

直線も平坦で、適性に偏りがありそうな
マイルチャンピオンシップを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

京都競馬場に抜群の適性を見せるあの馬で間違いない!

実力馬が集まるマイルチャンピオンシップも
厩舎関係者の中では注目は1頭だけ

精度の高い情報で結論を出す競馬サイト「競馬学会」

今週のメインレースはマイルチャンピオンシップ

競馬学会ではマイルチャンピオンシップの無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「競馬学会」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『競馬学会』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

予想に時間をかけたくない人は必見!!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

マイルチャンピオンシップ過去10年のデータ分析

馬券を買うなら迷わず先行馬、前残りのGIレース

まず、最初に注目したのはマイルチャンピオンシップの脚質です。
以下はマイルチャンピオンシップでの4コーナーでの順位別成績です。

マイルチャンピオンシップは京都芝1600mという
スピード条件で行われるレースなので
トーセンラーのように差し切り勝ちを決めるイメージがありますが

“極端な前残り傾向を示しています”

 

マイルチャンピオンシップが行われる京都競馬場は平坦コース

しかも、外回りコースで行われるレースになるので
差し馬が早めに捲ってくるような展開にはならず

先行している馬は自分のペースで走る事が出来ます。

 

“マイルチャンピオンシップは先行馬が強い”

という事を前提に考えたいですね。



 

キャリアと能力のバランスが重要!レースセンスのある馬が強い

次にマイルチャンピオンシップの年齢別成績を見てみましょう。

4歳馬と5歳馬が好成績を残しており
3歳馬が苦戦している点が目立ちます。

 

昨年は3歳馬のペルシアンナイトが勝ちましたが
マイルチャンピオンシップは先行馬が有利なレース

単純な能力勝負というよりも
位置取りや器用さが重要視されるレースで

キャリアが重要である

という事が分かります。

 

昨年の1,2着馬ペルシアンナイト、エアスピネルも器用な馬ですし
イスラボニータ、ダノンシャーク、ダイワマッジョーレと
GIでちょっとワンパンチ足りない馬でも馬券に絡めているのは

レースセンスが問われているから

に他なりません。

 

マイルチャンピオンシップにおける過去10年における馬体重別成績も見てみます。

このデータを見てみると馬体の軽い馬が活躍しており

“能力勝負ではなく、立ち回り勝負”

となっている事が分かります。

 




 

伏兵が台頭しづらい堅調なレース

最後にマイルチャンピオンシップの人気別成績を見てみましょう。

1番人気から4番人気までが安定した成績を残しており

“堅いレースである”

という事が言えます。

 

そして、過去10年の平均回収率も見ていきましょう。

単勝回収率60円  複勝回収率70円

と、本来の回収率から比べるとかなり低いアベレージになっています。

上位人気の成績、回収率のアベレージ

このあたりを見てみると堅いレースになっていることが分かります。

 

最後にマイルチャンピオンシップにおける前走着順別成績も見てみましょう。

前走で1着になった馬の複勝率、回収率を見てみると

かなりの好成績を叩き出しています

 

マイラーにとって秋のGIで目標となるレースは
マイルチャンピオンシップしかありません。

ここを最大目標とする馬達が集まってくるので
強い馬・調子のいい馬が強いレースを見せる

という事が多いのにも納得ですね。

 

以上がマイルチャンピオンシップ2018を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

マイルチャンピオンシップは京都芝1600mという条件で

“前残り傾向を示しているレースです。

全体的な能力の高さよりも

“器用さ、立ち回りの上手さ”

が問われるレースです。

またマイルチャンピオンシップはマイラー達が集結するレースなので
堅い決着が多いのが特徴的ですね。

 

私がマイルチャンピオンシップで注目しているのは
このレースを大目標としてMAXの状態で出走してくるであろうあの馬です。

器用さも、立ち回りの上手さも持っており、
今回のマイルチャンピオンシップで軸にするには最適な馬ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。