【武蔵野ステークス2018】過去10年のデータ分析|圧倒的な前残りレース

Pocket

2018武蔵野ステークスを予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
武蔵野ステークスで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はGIエリザベス女王杯が行われる週ですが
土曜日にはチャンピオンズカップの前哨戦である
武蔵野ステークスが行われます。


(2017武蔵野ステークス インカンテーション)

 

いまでこそJBCクラシックや南部杯などの
地方交流重賞からの臨戦が
チャンピオンズカップのメインロードとなりましたが
昔は武蔵野ステークスを勝った馬はGIの有力馬になっていました。

その代表的な存在が “クロフネ” です。

 

 

クロフネは2001年の武蔵野ステークスの勝ち馬ですが
その勝ちっぷりがとにかく衝撃的だったんですよね~

芝のGIであるNHKマイルカップを勝利して
当初は天皇賞秋を目指していたクロフネですが
当時の天皇賞秋は外国馬が2頭しか出走できないという事もあり

神戸新聞杯で3着に敗れた後に
初ダートの舞台として武蔵野ステークスを選択するんですよね~

血統的にはダートも走れそうな雰囲気のあるクロフネですが
2.3倍という圧倒的な1番人気に推されたことで

天邪鬼の私は「ダート適性がなくて凡走」

というパターンがあるんじゃない?

と思って、クロフネは本命にはしませんでした。

だけれども…

レースが始まってみたら強いのなんのって

好位から直線早々に先頭に立つと後はワンサイドゲーム

後続を離しに離して9馬身差の圧勝

 

 

続く、ジャパンカップダートでも
単勝1.7倍の圧倒的な人気に応えて

4角先頭から後続を一方的に突き放して7馬身差の圧勝!

一つ断っておきますが、GIですからね

GIで7馬身差の圧勝ってなかなか見られないですよ。

 

と、武蔵野ステークスのクロフネの凄さを語ったところで
武蔵野ステークスのデータ分析に行ってみましょう。

 




 

武蔵野ステークスは東京ダート1600mという
フェブラリーステークスと同様の条件で行われるレースです。

GIとG3の違いはあるにしても
なんとなくどんな流れになるのかイメージがつきそうですよね。

そんな武蔵野ステークスを攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

エリザベス女王杯で楽勝宣言が出ているはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で1レースの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

武蔵野ステークス過去10年のデータ分析

馬券を買うなら迷わず先行馬、前残りのダートレース

まず、最初に注目したのは武蔵野ステークスの脚質です。
以下は武蔵野ステークスでの4コーナーでの順位別成績です。

武蔵野ステークスはダートのレースですが
ダートコースの典型ともいえるべき

“前残り傾向を示しています”

 

武蔵野ステークスはチャンピオンズカップの前哨戦

という位置づけのレースなので
有力馬は無理に仕掛けてきません。

それゆえにトライアルレース特有のスローペースを生んでおり
前残り傾向を示していると言えます。

 

念のため、上がり3ハロンの順位別成績を見てみます。

上がり3ハロン1位の馬の複勝率は60%未満
上がり3ハロン2位の馬の複勝率は40%未満

と、極めて低い数値を見せています。

 

武蔵野ステークスは末脚よりもポジショニング(行き脚)

が重要である事が分かりますね。



 

地方交流重賞から臨む格のある馬が活躍!

次に武蔵野ステークスの前走クラス別成績を見てみましょう。

条件戦上がりの馬は複勝率こそそれなりの数値を残していますが
回収率の面では、前走でオープンクラスを使ってきた馬の方が好成績を残しています。

 

このデータだと前走で地方交流重賞を使った馬の成績が反映されないので
前走レース名別の成績を見ていきます。

ジャパンダートダービーを筆頭に

前走で地方交流重賞を使った馬は
おしなべて高い回収率を見せています。

 

地方交流重賞に出走できる馬は
中央場所で実績を残してきた馬ばかり

中央場所を走っている馬よりもワンランク上のレベルにある馬が多く

そのレベルがそのまま武蔵野ステークスにも反映されていることが分かります。

地方交流重賞を使ってきた馬は要注意ですね。

 




 

スピード型ではなく馬力型、パワータイプを狙え

最後に武蔵野ステークスの馬体重別成績を見てみましょう。

479kg以下の馬は活躍できておらず

“馬体の大きい馬が強いレース”

という事が言えます。

ダートレースは全般的に馬体の大きい馬が強い傾向にあります。

理由としては馬体が大きい方がパワーがあるので
砂の馬場を走るのに適しているからです。

武蔵野ステークスは末脚勝負、つまりスピード勝負になりづらいレースなので
馬体が大きくパワーのある馬が強いレースだと言えます。

 

最後に武蔵野ステークスにおける種牡馬別成績も見てみましょう。

サンデーサイレンス系の種牡馬は壊滅的な成績で
1位のキングカメハメハ産駒も回収率は不振

ケイムホーム、プリサイスエンド、トワイニング、シスターミニスター

など、芝では全く活躍できていないような
ダート専門の種牡馬が活躍しています。

 

このデータからも武蔵野ステークスでは
ゴリゴリのパワータイプが活躍していることが分かります。

 

以上が武蔵野ステークス2018を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

武蔵野ステークスは東京ダート1600mというコースで

“前残り傾向を示しているレースです。

広い東京コースで行われるレースですが
後方からの末脚は通用せず

先行して力で押し切るような馬が好成績を収めています。

馬体の大きい馬、パワーのある血統の馬

パワーが必要な地方交流重賞で活躍してきた馬

などを狙っていくと期待値の高い馬券を買えますね。

 

私が武蔵野ステークスで注目しているのは
実績では一枚落ちるものの先行力があり
パワーも秘めているであろう、あの穴馬です。

今年の武蔵野ステークスのメンバーを見渡してみると
かなり一長一短があるメンバー構成なので
この馬でも十分に通用しそうです。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。