エリザベス女王杯2018展開予想!逃げるのはクロコスミア?それとも…

Pocket

ここではエリザベス女王杯2018の展開予想について分析をしていきます。

京都芝2200mという牝馬にとってはタフな舞台

総合力に加えてパワーを兼ね備えた馬が活躍するレースになっています。

エリザベス女王杯2018ではどの馬が先手を取るのか?

出走予定メンバーから展開を予想していき、どのように馬券を組み立てるのか
参考になる見解を提供できればと思っています。

 

 

どうも、MOTOです。

今週はエリザベス女王杯が行われますが
先々週の天皇賞秋やその前に行われた菊花賞を見ていると

やっぱり展開って大事なんだなぁ

と思ってしまいます。

 

競馬って逃げ馬だけを買っていればプラスになるゲームなので
逃げる馬が分かっていれば勝てるんですが
その逃げる馬がなかなか分からないんですよね。

エリザベス女王杯における脚質別の成績はどうかと調べてみると

4コーナーでの順位別成績データから読み取るに

“先行した馬が圧倒的に有利です”

牝馬にとってはタフな舞台だから
溜めての末脚爆発というパターンは難しいんですよね~

 

エリザベス女王杯における上がり3ハロンの順位別成績を見てみても

上がり3ハロンで速い脚を使う馬は
平均と比べるとそんなにいい成績を収められていません。

 

ですので、これらの前提を踏まえて、エリザベス女王杯で逃げる馬であろう馬
追い込むであろう馬について分析をしていきたいと思います。

そのバランスを見てエリザベス女王杯で
展開の恩恵を受けそうな馬を探していこうと思います。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

「前走は全くの度外視!」と一変を匂わせるのはあの馬だ!

チェックメイトではエリザベス女王杯において

「ココは大きく変わるよ!」と内部関係者から
驚きの確勝宣言が出た馬とは?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
エリザベス女王杯で確勝宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

エリザベス女王杯の展開予想

エリザベス女王杯で逃げる馬はどの馬?

まずはエリザベス女王杯で逃げる馬を探っていきましょう。

今年のエリザベス女王杯の出走予定メンバーは以下の通りです。

登録馬を見てみると先行馬が揃ったなぁ

という印象を受けますよね。

その中でも逃げという戦法を良く取るのは

クロコスミア、プリメラアスール

この2頭です。

 

特にクロコスミアは昨年のエリザベス女王杯で逃げて2着に入っているので
2匹目のどじょうを狙うために積極的な競馬を見せそうです。

プリメラアスールは逃げても全く関係ないというくらいに
力差のある馬なので、プリメラアスールの動向はともかくとして

実際はクロコスミアが主導権を握ってきそうです。

 



 

有力馬はどの位置で競馬を進める?

逃げる馬は大体想像がつくので
この2頭に続く馬を挙げていきたいと思います。

 

好位‘(2~5番手)で競馬をして直線そのまま押し切りたい

というような馬はエリザベス女王杯には結構います。

 

ローズステークスで好位押し切りを決めた カンタービレ

紫苑ステークスで好位押し切りを決めた ノームコア

京都大賞典では差しに回った レッドジェノヴァ

も本質的には先行しての粘り込みが持ち味です。

 

これらの馬が好位グループを形成しそうですが
秋華賞で追い込みに回ったカンタービレは
再び先行に回るといいレースをしてくれそうですね。

 

とここまで有力馬3頭(カンタービレ、ノームコア、レッドジェノヴァ)
について話をしていきましたが

おそらくエリザベス女王杯で1,2番人気になるであろう馬は

モレイラ騎手騎乗の リスグラシュー

Mデムーロ騎手騎乗の モズカッチャン

 

 

この2頭です。

リスグラシューもモズカッチャンも
前走は後方からの追い込みを決めていますが

2頭とも前走ほどは後方に下げないとみています。

 

モズカッチャンは秋華賞やオークスなどで
先行策を見せて好走していますし

リスグラシューもずっとマイル路線を走ってきた馬なので
追走は楽になるはずです。

そして、何よりMデムーロ騎手も、モレイラ騎手も
自分から勝ちにいく事を知っている騎手達なので
しっかりと勝つ為のポジショニングを取っていきそうです。

 

上記以外の有力馬について見てみると

フロンテアクイーンは前走と同様のポジション

距離に不安のあるミスパンテールは後方で脚を溜めての競馬

アドマイヤリードはいつも通りの末脚勝負

 

という形が予想されます。

 




 

まとめ

エリザベス女王杯の展開ですが

1番手(逃げ) プリメラアスール

2~3番手 クロコスミア

4~6番手 モズカッチャン、カンタービレ、ノームコア

7~10番手 リスグラシュー、フロンテアクイーン、レッドジェノヴァ

11番手以降 アドマイヤリード、ミスパンテール

という隊列が予想されます。

 

エリザベス女王杯は逃げ・先行馬が残りやすいですが
今年は逃げ馬が決まっておりスローペースが予想されるレース

人気を背負うであろうモズカッチャンとリスグラシューが
どの段階で仕掛けてくるのかが展開の偏りを生みそうです。

立ち回りの上手なモズカッチャンが内枠を引ければ
秋華賞のようなレース(前に負担のかかるレース)が予想されます。

穴馬は差し馬から狙っていきたいと思います。

 

 

毎週の重賞で私が注目している馬をブログランキングで公表しています。
エリザベス女王杯で注目しているのは
京都芝2200mに絶好の適性を見せているあの馬ですよ。

是非見てください。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。