牡馬クラシック第一弾2014皐月賞予想!関西馬vs関東馬!

Pocket

今日のメインレースは2014年の牡馬クラシック第一弾

「皐月賞」

競馬の華ともいえるクラシックの初戦を飾るに相応しい
有力馬が集結した見どころの多いレースとなりました。

過去の実績を見てみると関西馬が圧倒的に有利ですが
今回の有力馬を見てみると関東馬と関西馬が五分五分といえるラインナップです。

皐月賞 勝負度合い 65%

まず最初に予想の基本であるコース分析を行いましょう。

中山芝2000mの特徴

コースを1周することで上り坂を2回経験するタフなコースに
軽い走りをする馬はあまり向きません。

ということで、本命は トゥザワールド です。

私のこの馬の評価はずっと低かったままだったんですが
前走弥生賞で見せた自在性と反応の良さ、スタミナとパワーは
今回の舞台では最適な条件と言えます。

枠も好枠を引きました。
川田騎手もいま絶好調といえるので
2週連続のGI制覇を期待したいと思います。

対応は ワンアンドオンリー です。

本来はこの馬を本命にしようと思っていました。
弥生賞で見せたパフォーマンスは明らかにトゥザワールドより上で
根本的な能力はこちらの方が優位なのは明らか

ですが、対抗に落としたのは最内枠という不利な条件
イスラボニータのような先行馬の場合は問題になりませんが
差し馬であるワンアンドオンリーは理想のポジションよりも
だいぶ後ろに下がってしまう可能性が高いです。

中山芝2000mは先行タイプが圧倒的に有利
この枠は頂けません。
あとは横山典弘騎手のマジックに注目ですね。

どんなコースでも、どんな馬場でも堅実に走る
トーセンスターダムは3番手以下には落とせません。
あとはスケールの問題でしょう。

どんな展開でも自在に振る舞えそうなイスラボニータは
軽い走りなので、中山芝2000mをこなせるかという
課題は残りますが、現在の成績からは外せません。

穴としては、中山芝2000mがベストの舞台であるキングズオブザサン
切れる脚がないゆえに先行しそうなウインフルブルーム
の2頭を取りたいと思います。

今回は例年にならって関西馬有利という予想になりました。

2歳王者アジアエクスプレスは明らかに距離が長く危険な人気馬。

ロサギガンティアは前走の内容は優秀でしたが
騎手がデムーロから柴田善騎手への乗り変わりが不安なのと
出遅れ癖が気になるため、ここは切ります。

今回は1番人気からの勝負という事で、馬券の購入方法は3連単とします。

3連単フォーメーション

1着 トゥザワールド
2着 相手5頭
3着 相手5頭

計20点勝負とします。

川田将雅騎手が2週連続でGI制覇を収められるか!?
注目の1戦です。