2018JBCレディスクラシック枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2018JBCレディスクラシックの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたJBCレディスクラシックでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週はJBC3競走が京都競馬場で行われますが
収益とかってどうなるんですかね~

馬券を買う側としては何にも気にしなくて良いですが
「地方競馬の祭典」というようなレースなので

京都競馬場で行われて、どれくらい地方に配分されるのかが気になります。

 

もし、これでJRAが売り上げの全てを頂く

みたいな感じになるくらいなら
今後中央場所でJBCクラシックが開催されるのは反対ですね。

なんだかんだで、JRAは儲かっていますからね~

“せっかくの地方競馬のドル箱を奪ってくれるなよ”

と思ってしまいます。

 

まあ、実際にはどうなるかは分かりませんが
地方馬の出走頭数が少ないあたりも寂しすぎますね。

 

という事でJBCレディスクラシックの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

大物馬主関係者が買うJBCクラシックの馬連1点勝負とは?

「トップシークレット」は毎日王冠もセントウルSもアイビスSDも1点的中

  

“JBCクラシック”は上のレース以上に自信のある【馬連1点勝負】を予定
そして、今回限り特別無料配信が決定!

今週登録してくれた人には馬連1点予想を無料でプレゼントします。

自信の1点勝負で的中を続けるトップシークレットの
情報力を試してみてはいかがでしょうか?

トップシークレット無料登録はここをクリック!
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

善は急げです。お急ぎ下さい!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

JBCレディスクラシック2018の枠順が確定しました。

 

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずJBCレディスクラシック(京都ダート1800m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・差しが決まる流れになりやすい

・スピード能力の高い馬が有利

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れの予報なので
良馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 アイアンテーラー

ここ4戦で3勝と勢いのあるアイアンテーラーは最内枠に入りました。

ずっと逃げている馬なので、今回のJBCレディスクラシックも
逃げないと勝負にならないアイアンテーラーにとっては
逃げという手を打ちやすい1番枠はプラス要素ですね。

 

1枠2番 フォンターナリーリ

前走のブリーダーズゴールドカップでは4着に負けたものの
前走の条件戦では安定した成績を残しているフォンターナリーリ

ずっと1800mしか走っていないフォンターナリーリにとって
初めてのコース・馬場が応えた形でした。

今回はCデムーロ騎手が騎乗するという事に加えて
走り慣れた京都競馬場に替わるというプラス要素があります。

ただ、枠順としてはもう少し外が良かったですね。

 

2枠3番 クイーンマンボ

地方交流重賞の雄であるクイーンマンボは3番枠にはいました。

中央場所のレースとしては今年の平安ステークスで
2着に入っているようにまったくの苦手という感じではありません。

ただ、マンハッタンカフェ産駒であるという点
一瞬のスピードを持っていない点を考えると
もう少し外目の枠でゆったりと競馬をしたかったですね。

 



 

2枠4番 ラビットラン

ダートに復帰してからは2戦して3着、1着と
順当な走りを見せているラビットラン

芝のローズステークスを勝っているように
スピード能力の高い馬なので
地方場所よりは京都競馬場の方が良さそうです。

気持ちの強い馬なので、内枠は問題なさそうです。

 

5枠9番 サルサディオーネ

前走のBSN賞では逃げて勝利を抑えたサルサディオーネ

気分よく走れれば高いパフォーマンスを発揮する馬なので
揉まれづらい9番枠は悪くはありません。

ただ、クラスが上がってのGIという事で
圧力が上がりそうな点は気になるところですね。

 

5枠10番 プリンシアコメータ

前走のレディスプレリュードでは勝利を収めたプリンシアコメータは
6枠12番という外目の枠に入りました。

東京ダート2100mを使っていたように
スタミナを活かして走るタイプなので
真ん中の外めに入れたのはプラス要素ですね。

あとは合わないこの条件でどこまで走れるのかが焦点となります。




 

8枠15番 ファッショニスタ

全10戦中連対圏に入ったのが9回というファッショニスタ

3走前のレースが不良馬場だったことを考えると
まだ底は見せておらず大駆けの可能性を秘めています。

ただ、相手なりに走るタイプの馬なので
内枠で馬群に入りたかったですね。

 

8枠15番 アンジュデジール

地方交流重賞でキャリアを重ねてきたアンジュデジール

中央場所のダートを走ったのは3回で【1.1.0.1】
重馬場だったエルムステークスも5着に入っており
今回のレベルであれば戦える馬だと言えます。

ディープインパクトにフレンチデピュティ、
血統的には外ではなく、内で脚を溜めたかったですね。




 

まとめ

2018JBCレディスクラシックで良い条件の枠をゲットしたのは

5枠10番 プリンシアコメータ

1枠1番 アイアンテーラー

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

末脚勝負になりやすい京都ダート1800戦
差し馬も十分に狙えますね。

 

私が2018JBCレディスクラシックで注目している馬は
今回のメンバーなら地力的に十分に戦えるであろうあの馬です。

枠順はそれほど良くありませんが
絶対に抑えなくてはいけない馬ですね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。