2018JBCクラシック枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2018JBCクラシックの枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われたJBCクラシックでの
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

11月に入り、いよいよ今年もあと2ヶ月ですね。

年が経てば経つほど月日が経つのが早いとはいいますが
取り残されることなく、全力で走り抜けましょう。

なんといっても今は

人生100年

と言われているくらいですからね。

 

そういえば、競馬界も高齢の馬が活躍するようになりました。

昔は年齢がプラス1歳表記で
ダービーは4歳馬の頂点を決める戦い、だったんですが

その頃でも7歳馬とかいったら「もう引退でしょ」とか思っていたんですけどね~

今のご時世は高齢馬でもガンガンに走りますよね。

 

今週行われるJBCクラシックでも

6歳馬 ノンコノユメ

7歳馬 アスカノロマン

8歳馬 サウンドトゥルー、クリソライト

 

と重賞で活躍した馬が元気に出走します。

年を取っていても関係ない時代になると
私のような古馬牡馬にとっては嬉しい限りです。

 

という事でJBCクラシックの話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

「前走は全くの度外視!」と一変を匂わせるのはあの馬だ!

チェックメイトではJBCクラシックにおいて

「ココは大きく変わるよ!」と内部関係者から
驚きの確勝宣言が出た馬とは?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
JBCクラシックで確勝宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

JBCクラシック2018の枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まずJBCクラシック(京都ダート1900m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・先行馬が有利

・揉まれやすい内枠は不利

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れの予報なので
良馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

1枠1番 センチュリオン

白山大賞典ではグリムに負けて2着だったセンチュリオン

前走はこの馬らしく、安定した走りを見せましたが
今回のJBCクラシックでは痛恨の最内枠

先行できる脚はそれほど持っていないですし
かなり競馬がしづらい条件を引いてしまいました。

内を突く競馬が上手くない幸騎手という点もマイナスで
今回は悪い枠を引いたなという感じですね。

 

2枠4番 サンライズソア

前走のシリウスステークスでは前で粘って3着に入ったサンライズソア

惨敗した3走前は後方からの競馬になっているように
差しに回ってしまうと脆さを見せてしまう馬です。

それだけに今回のJBCクラシックでも先行しそうで
4番枠というのは絶好の枠順を引いたと言えます。

絶好調のルメール騎乗を背にどれくらいのパフォーマンスを見せるのか?
どこまで人気を上げるのかがポイントになりますね。

 

4枠7番 サウンドトゥルー

地方競馬の雄であるサウンドトゥルーは7番枠を引きました。

年齢を重ねてスピード能力が下がっているだけに
外からスタミナを活かして差せる展開がベストなので
もう少し外目の枠を引きたかったですね。

地方場所で戦いたかったですね~。

 



 

4枠8番 ケイティブレイブ

前走の日本テレビ盃で完勝をしてみせたケイティブレイブ

先行してからの粘りが本来の持ち味である
ケイティブレイブにとって、今回の8番枠は文句なしです。

サウンドトゥルーと同様にスピード馬場になると
弱みを見せるだけにJBCクラシックの京都開催がどうなるのか?

ここが注目ですね。

 

5枠9番 ノンコノユメ

前走の南部杯ではルヴァンスレーヴ、ゴールドドリームに完敗したノンコノユメ

今年のフェブラリーステークスでは復活の勝利を遂げているように
まだ能力自体は落ち切ってはいません

チャンピオンズカップではイン差しも見せていますが
本質的にはスムーズに外に出した方が良い馬

今回の9番枠は合格点ですね。

 

5枠10番 テイエムジンソク

昨年のチャンピオンズカップ2着、今年の東海ステークス1着から
調子を崩してしまっているテイエムジンソク

逃げ馬ながら他の馬に絡まれたくないタイプなので
外目の偶数枠である10番枠はプラス条件です。

テイエムジンソクの場合は条件云々よりも
自分のリズムを取り戻せるかが焦点ですね。




 

7枠12番 アポロケンタッキー

今回はミルコデムーロ騎手が手綱を取るアポロケンタッキー

馬体が大きくパワーに優れた馬なので
スタミナとパワーを活かせる外枠はプラス要素です。

走りにムラがあるタイプですが
デムーロ騎手騎乗で俄然注目されそうですね。

 

7枠14番 オメガパフューム

前走のシリウスステークスを完勝して1番人気が濃厚なオメガパフューム

前走のシリウスステークスにしても、3走前の加古川特別にしても
3コーナー過ぎから進出して捲り気味に上がって
直線で突き抜けていることからも
今回の枠はベストの枠順だと言えますね。




 

展開予想のポイント

展開のポイントは京都競馬場で行われるという点です。

地方場所の重い馬場では楽に先行出来た馬が
今回はスピードを求められる京都競馬場で
前の馬に比重がかかりそうなメンツになっています。

捲ってくるオメガパフュームがどういったレースを見せるかで
逃げ馬が粘るのか、追い込み有利になるのかが決まりそうです。

私は先行馬有利と見ています。

 

まとめ

2018JBCクラシックで良い条件の枠をゲットしたのは

4枠4番 サンライズソア

5枠10番 テイエムジンソク

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

前に行きたい馬が絶好枠を引いたので
展開に注意して予想をしていきたいですね。

 

私が2018JBCクラシックで注目している馬は
京都競馬場を最も歓迎しているであろうあの馬です。

展開が向くかどうかは分かりませんが
展開が向かなくてもそれなりの結果を見せてくれそうですよ。
私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。