【エリザベス女王杯2018】過去10年のデータ分析|差し馬が届かないスタミナ寄りのレース

Pocket

2018エリザベス女王杯を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
エリザベス女王杯で好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

JBCクラシック、JBCレディスクラシック、JBCスプリントの
同日開催というプログラムが終わり
いつも通りのレーシングプログラムに戻りますね。

なんだか落ち着きます。

 

という事で、今週はエリザベス女王杯が行われます。


(2017エリザベス女王杯 モズカッチャン)

昨年、モズカッチャンが勝っているように
エリザベス女王杯では3歳馬が古馬と五分に戦う

というのが、当たり前になりましたが
エリザベス女王杯が古馬牝馬GIに変更された当初は
3歳馬が苦戦していたんですよね。

 

一番の要素は、レース間隔が短かった

という事だと思います。

今は菊花賞と共に秋華賞の開催が前倒しとなって

秋華賞からエリザベス女王杯に
菊花賞からジャパンカップに

というローテーションが確立されてきましたが
昔は菊花賞は天皇賞秋の後に行われていましたからね~

やっぱりローテーションって大事なんだなぁと思わせてくれる
秋華賞と菊花賞の時期変更でしたね。

 




 

そんなエリザベス女王杯は京都芝2200mという条件で行われます。

春に行われる京都記念と同じでスピードを信条とする馬が多い
牝馬にとってかなりタフな舞台であることは間違いないですよね。

トップクラスの牝馬はマイル前後を走る馬が多い中
京都芝2200mを走る訳ですから
予想するにあたって、過去のデータが必要となりますね。

 

そんな予想し甲斐のあるエリザベス女王杯を攻略すべく
このレースで好走している馬はどのような馬なのか?

過去10年のデータから好走確率の高い馬を探っていきたいと思います。
(データの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています)

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

エリザベス女王杯で突き抜けているのはあの馬!!
このレースで「ここは1強レース」との情報が飛び交うあの馬は外せない!

突き抜けた情報力を持つ競馬サイト「コイン」

今週のメインレースはエリザベス女王杯

コインではエリザベス女王杯の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「コイン」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『コイン』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

当サイトからご紹介出来るのは30名様のみ!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

エリザベス女王杯過去10年のデータ分析

外回りコースと言えども、差しがなかなか利きづらい

まず、最初に注目したのはエリザベス女王杯の脚質です。
以下はエリザベス女王杯での4コーナーでの順位別成績です。

エリザベス女王杯は京都競馬場の外回りコースで行われるレースですが

先行馬が有利で差し馬が不利である

という点が顕著に出ています。

 

冒頭で話をしたように牝馬はスピード能力の高い馬が多く
スタミナやパワーに優れる馬はあまりいません。

それだけに非根幹距離のタフなコースとなると

一気に差しを決めるだけのスタミナは残っておらず
持久力戦となるため、差し馬の成績が悪くなっています。

末脚自慢の馬も末脚が不発となりやすい舞台である

という事は覚えておきたいですね。

 

念のため、上がり3ハロンの順位別成績を見てみます。

上がり3ハロン1位の馬、2位の馬は回収率150%超えですが
平均値から比べるとそれほどいい成績とは言えません。

スピードや速い上がりも持っている馬ではなく
スタミナ・持久力のある馬を狙っていきたいですね。



 

牝馬のピークは4歳まで?旬を超えると厳しいレース

次にエリザベス女王杯の年齢別成績を見てみましょう。

率としては4歳馬が一番優秀な成績を残していますが
馬券に絡んだ馬の数をいると

3歳馬と4歳馬で決まっているレース

という事が分かります。

 

牡馬と比較して牝馬のピークは短い

という事はよく言われますが

GIという最後方のレースを全力で走り切るには
まだ若くピークを保っている馬でないと厳しいと言えます。

 

以下は過去10年のエリザベス女王杯に出走した馬の前走着順別の成績です。

前走で1~4着と好走した馬の複勝率が25%を超えているのに対して
前走で5着以下の敗れてしまった馬の複勝率は10%台

このデータからも勢いを持ってエリザベス女王杯に出走した馬が
本番でもそのまま好走している事が分かりますね。




 

エリザベス女王杯は総合力に加えてパワー勝負

最後にエリザベス女王杯の種牡馬別成績を見てみましょう。

牝馬の舞台としてはスタミナが必要となる京都芝2200m戦なので
パワーのある馬が良績を示しています。

ブライアンズタイム、ハービンジャー、スズカマンボ

そして、エリザベス女王杯を2年連続で制覇した
外国馬であるスノーフェアリー

と、パワーのある馬が好成績を残している点が目立ちます。

 

そして、ディープインパクト産駒も非常に優秀な成績を残しています。

ディープインパクト産駒の場合はスピードによった馬が多いのですが
絶対的な能力が高い馬が多いので、GIという大舞台に真価を発揮している

という事が言えますね。

 

その反面、アグネスタキオン、マンハッタンカフェといった
精神的な弱さを抱えているタイプの種牡馬は苦戦傾向にあります。

エリザベス女王杯は見た目以上にタフな舞台であることが分かりますね。

 

以上が2018エリザベス女王杯を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

エリザベス女王杯は京都芝2200mというコースで

“タフさが求められるレースです。

そのコース特徴から後方から一気の末脚を見せる馬は少なく
先行した馬がそのまま粘り込む構図が強い点には注目が必要です。

また、旬を超えた馬が活躍しづらい舞台で
今がピークの馬、現在調子が良い馬を素直に狙っていくレースだとも言えますね。

 

私がエリザベス女王杯で注目しているのは
豊富なスタミナと立ち回りの上手さを活かして器用な競馬が出来るあの馬です。

今年の走りを見ていると昨年以上のパワーアップしている感じで
エリザベス女王杯2018では妙味のある存在だと言えますね。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。