【JBCレディスクラシック2018】コースのデータ分析|ダートには珍しい差し脚勝負!

Pocket

JBCレディスクラシック2018を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
JBCレディスクラシックで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

ワグネリアン、ダノンプレミアムと強豪3歳馬が抜けた
天皇賞秋はレイデオロが見事な勝利を飾りましたね。

オールカマーを勝っているように全体のスケール感で
勝負をするレイデオロにとって
東京芝2000mは厳しいのではないかと思っていましたが
ただただレイデオロの強さが目立つだけの勝ち方でしたね。

 

一方、私が軸にしていたスワーヴリチャードは不可解な出遅れで敗戦。

出遅れて展開も向かなかったのでノーカウント

という見解は間違っていないと思うんですけどね。

なんで、スワーヴリチャードが出遅れたのか?

という事は考えないといけないですよね~

 

走る事に前向きで今まで好位からの抜け出しという
器用な競馬を見せていた馬があんなスタートを切ってしまった

というのはただのアクシデントとは考えづらいですよね。

ずっと頑張って走ってきたけど
もう競走馬を続けるだけの気力がなくなってしまった

こんな風にも受け取れます。

 

もともとスケールの大きさで走っていた訳でなく
持っている能力を全て出し切って好成績を収めていた馬なので

“気持ちの衰え”

というものは考えなくてはいけないのかなぁ

と思っています。

 




 

さて、今週はJBCレディスクラシックが行われます。

例年地方場所で行っているレースですが
今年は京都競馬場で行われるんですね~

 

これから少しデータを使えるのではないかと思ったので
JBCレディスクラシックが行われる京都競馬場ダート1800mという舞台から

過去5年に開催されたオープン特別以上でのレースを抽出して
JBCレディスクラシックの参考になるデータを分析してみました。
(条件戦はペースが落ち着きやすいので流れが違うと思い外しています)

ちなみにデータの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています。

それでは行ってみましょう!!

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

「前走は全くの度外視!」と一変を匂わせるのはあの馬だ!

チェックメイトではJBCクラシックにおいて

「ココは大きく変わるよ!」と内部関係者から
驚きの確勝宣言が出た馬とは?

今週チェックメイトに登録してくれた人には
JBCクラシックで確勝宣言をしている馬名を無料で公開!

そして、3連単無料買い目もプレゼントしているので
気になる方は今すぐ申し込んで下さい(もちろん無料)

無料入手方法はコチラをクリック!!
【先着100名様限定】

※コチラのキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です。

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

京都競馬場ダート1800過去5年のデータ分析

ダートレースとしては異質の差し馬有利なレース

まず、最初に注目したのは京都競馬場ダート1800mの脚質です。
以下は京都競馬場ダート1800mでの4コーナーでの順位別成績です。

“ダートは先行馬が有利”

というのは鉄則ですが

京都ダート1800mという条件を見てみると
4コーナーで7番手以下にいた馬が好成績を収めています。

 

今年のJBCレディスクラシックが行われる
京都ダート1800mという舞台は

3コーナー手前から上りとなり
4コーナーめがけて下り坂となります。

差し馬はここで惰性をつけやすく
外へ膨らむような多少の距離ロスがあっても
加速をつけられることで展開の利を得ていると言えます。

 

 

念のため、上がり3ハロンの順位別成績を見てみます。

上がり3ハロンの順位が1位の馬は複勝率100%

逆に上がり3ハロンの順位が6位以下の馬は複勝率0%

 

これだけ極端なデータを残している条件も珍しいですが

JBCレディスクラシックでは差し馬を狙いたいですね。



 

スピード能力のある馬が上位にくるレース

次に京都競馬場ダート1800mの馬体重成績を見てみましょう。

ダート馬は馬体の大きい馬が強い

というのが、ダート戦で馬券を買う上での定説ですが

JBCレディスクラシックが行われる
京都ダート1800mは小柄な馬の方が複勝率が良い事が分かります。

 

馬体が大きい馬は一般的にパワーがあり
思い砂の馬場でもパワーで加速をつけられる

というのが、馬体の大きい馬がダートで強い理由ですが

京都ダート1800mでは、先ほども話した通り
3コーナーから4コーナーにかけて下り坂があるので
パワーがそれほど必要とされません。

このコース形態によりパワーに欠ける馬でも
スムーズな加速を得て、
持っているスピード能力を活かせる

という結果に繋がっている点には注目が必要です。

 

スピード能力勝負だと外国馬が弱い

最後に京都競馬場ダート1800mの外国馬の成績を見てみましょう。

複勝率20%  複勝回収率50%

と、母数は少ないながらも不振となっています。

 

先ほども話した通り京都ダート1800mは
パワーが必要ないコース形態なので
パワー勝負に優れる外国馬は成績を残せていないことが分かります。

 

補足として京都ダート1800mの種牡馬別成績を見てみます。

こちらは相変わらずサンデーサイレンス系の種牡馬は不振

いくらスピード勝負とは言っても
芝レースのようにサンデーサイレンス系の馬が走る訳ではない

という点は抑えておきたいですね。

 

以上が2018JBCレディスクラシックを攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

今年のJBCレディスクラシックは京都競馬場ダート1800mで行われます。

ダート戦という事で、先行馬が有利な舞台が想像されますが
データを見てみると差し馬の方が有利となっています。

また、一般的なダート戦のように馬体が大きくパワーのある馬が強い訳ではなく
パワーよりもスピード能力に優れるダート馬が強い点も特徴的です。

末脚勝負が出来るスピード馬を穴を狙いたいですね。

 

私がJBCレディスクラシックで注目しているのは
この条件で穴を狙いえそうな末脚自慢のあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。