2018天皇賞秋枠順確定、最も有利な枠を引いた馬と展開分析

Pocket

2018天皇賞秋の枠順確定を受けて
枠順による有利不利を受けそうな馬や展開の予想について
過去10年で行われた菊花賞での
傾向を分析しながら話していきたいと思います。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

気になるポイントを話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

競馬予想ってその人の生き様が出ますよね。

本命サイドの馬券ばかりを買う人は

「せっかち」だったり、「心配性」だったりします。

逆に穴を狙う人は

「カッコつけたがり」だったり、「ゆったり」していたりします。

 

どのスタイルが正しいのか?

という事を聞かれたりしますが

競馬というゲームの性質を考えると
「本命党」よりも「穴党」の方が勝ちやすいですよね。

ただ、負けやすいのも
「本命党」よりも「穴党」です。

まあ、競馬で財を成してやろう

などとは思わずに自分の好きなスタイルで馬券を買う事をお勧めします。

 

もし、競馬に勝つことを突き詰めたいという方は
私のメルマガに登録してくださいね。
(最後尾に登録フォームがあります)

 

という事で天皇賞秋の話にいきましょう。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

有力馬回避で今年の秋天は1強!!

競馬セブンでは天皇賞秋において関係者が
「天皇賞秋はこの馬の1強」という馬の情報をキャッチしています!

この全ての情報を今週無料会員になった人に無料で情報提供します!!

そして天皇賞秋3点勝負買い目も無料公開します!

知らないと絶対に損する極秘情報を堪能して下さい。

天皇賞秋3点勝負買い目を無料公開
↑  ↑  ↑   上をクリック   ↑  ↑  ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

天皇賞秋2018の枠順が確定しました。

この枠順確定をうけて私が感じた雑感や
発生しうる有利不利などを話していきたいと思います。

まず天皇賞秋(東京芝2000m)の
過去10年のデータから特徴を見ていくと

・差しが決まる流れになりやすい

・距離ロスのある外枠は不利

という特徴があります。

また、天気の方ですが、今週の日曜日は晴れの予報なので
良馬場でのレースが見られそうです。

この前提を踏まえて有力馬を1頭ずつ見て行きましょう。




 

枠順発表後の有力馬の有利不利

3枠3番 ヴィブロス

今年はドバイターフでの2着があるものの
国内でのレースでは持ち味を発揮できていないヴィブロス

ディープインパクト産駒の牝馬らしく
スピードと瞬発力で勝負をするタイプの馬なので
外を回らされての体力勝負は避けたかったところです。

そういった意味では今回の3枠という内枠は歓迎ですね
久々の競馬でどこまで戦えるのか、注目ですね。

 

4枠4番 レイデオロ

前走のオールカマーでは久々に快勝したレイデオロ
今回は4番枠という内枠をゲットしました。

天皇賞秋という舞台においての4番枠はプラス材料ですが
昨年の秋あたりからゆったりとした走りを見せるようになってきた
レイデオロにとって馬群の中で競馬をする内枠は歓迎とは言えません。

絶好調ルメール騎手が天皇賞秋でどんな進路を取るのか注目ですね。

 

4枠5番 スワーヴリチャード

今年の春シーズンは充実した走りを見せてくれたスワーヴリチャードは
4枠5番という内目の枠に入りました。

スワーヴリチャードの戦法としては好位からの押し切り
という戦法を見せる馬なので
先行馬の少ない天皇賞秋において今回の枠順はプラスだと言えます。

久々も得意ですし、文句のない枠順ですね。

 



 

5枠6番 マカヒキ

札幌記念で2着に入り、復調を印象付けたマカヒキ
今回の天皇賞秋では5枠6番と真ん中の枠をゲットしました。

マカヒキの個体としても馬群に入って
インから突き抜ける戦法は得意としていますし
距離ロスもなく、後入れ偶数枠で進路も選択しやすい
今回の枠順は絶好の条件をゲットしたと言えます。

マカヒキに合わなさそうな武豊騎手が
天皇賞秋でどこまでやれるのか、興味がつきません。

 

5枠7番 アルアイン

前走のオールカマーではレイデオロに負けてしまったアルアイン

毎回堅実に伸びるものの決め手のなさから
何かに差されてしまう詰めの甘さがある馬ですが
直線の長いコースで行われる天皇賞秋という舞台でもその不安はありそうです。

メンバーを見渡すと逃げ馬がいないので
北村友一騎手がいかに大胆に逃げられるのかが
勝敗のポイントを分けそうです。

 

6枠9番 サングレーザー

前走の札幌記念ではマカヒキやモズカッチャンを下して
GI級の能力を改めて見せつけたサングレーザー

今回の天皇賞秋では鞍上にモレイラ騎手を迎えての戦闘モード

2度走ったGIではあと一歩の競馬になってしまっているので
鞍上の力を込みでなんとかGIを獲りたいところです。

ただ、枠順はもう少し内枠の方が良かったですね。




 

7枠10番 キセキ

今年は不振を極めていたキセキですが
前走の毎日王冠では復活を予感させる3着

気持ちが抑えられない状態であるだけに
2000mの中距離は今のキセキにあっていると思いますが
折り合いをつけづらい外枠は嫌な材料になりましたね。

 

7枠11番 ミッキーロケット

今年の宝塚記念で悲願のGI勝利を飾ったミッキーロケット

天皇賞春、宝塚記念と距離ロスのない内を通り
立ち回りの上手さとスタミナを活かして勝った内容を見る限り
今回の天皇賞秋で外枠を引いたのは痛恨の極みです。

ミッキーロケットを手の内に入れている和田騎手が
どんな進路を選択するのか注目ですね。




 

展開予想のポイント

展開のポイントは逃げ馬が不在だという点です。

純然たる逃げ馬がおらず
どう考えても落ち着いた流れになりそうな天皇賞秋において
瞬発力のない馬は台頭することが厳しくなりそうです。

逃げることが予想される

アルアイン、キセキ

が、どんなペースを作るのかに注目ですね。

あまりに遅いとスデムーロ騎手やルメール騎手が
自ら動いていくという事も考えられるので
一概にスローペースになるとは思えません。

末脚のしっかりとした馬に有利に働きそうですね。

 

まとめ

2018天皇賞秋で良い条件の枠をゲットしたのは

5枠6番 マカヒキ

3枠3番 ヴィブロス

今回はこの2頭を挙げたいと思います。

じっくり構えての末脚勝負になりそうなので
展開に注意して予想をしていきたいですね。

 

私が2018天皇賞秋で注目している馬は
今回の天皇賞秋で鉄板だと思っているあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。