【JBCスプリント2018】コースのデータ分析|先行天国のレース

Pocket

JBCスプリント2018を予想する際に必要となる
過去10年に行われたレースからのデータ分析をしていきます。

有利な条件でレースが出来る脚質は先行馬か?差し馬か?
有利な条件でレースが出来る枠順は内枠か?外枠か?

また前走どのレースに出走した馬が活躍しているかについても言及していきながら
JBCスプリントで好走している馬について話をしていきます。

 

 

こんにちは、MOTOです。

10月21日に東京競馬場に遊びに行ってきました。

この日は菊花賞が行われていた日で
有力な騎手はすべて京都競馬場に行っていました。

 

ですので、東京競馬場のメンツはかなり寂しかったんですが
実際に騎乗している姿を見ていると

「これは外国人騎手にGIを総なめにされてもおかしくないなぁ」

という感じでした。

 

人気馬(能力のある馬)に乗っているのに
全く折り合いをつけられずに最後失速していったり

直線で前が詰まりまくってまともに追えずに
そのままゴールを迎えてしまったり

折り合いをつける事ばかりに執着して
超スローペースの中を控えて、最後届かなかったり

と、まあやりたい放題と言えるような内容でした。

 

多分、ルメール騎手やデムーロ騎手が乗れば
馬の力を素直に出してくれて勝つんだろうなぁ

というようなレースばかりでしたね~。

 

まあ馬券的に波乱の目が合って面白いといえばそれまでですが
自分が買った馬が直線で2度3度詰まって競馬が出来ない

というような内容を見せられると興ざめですよね。

いやはや、デムーロとルメールが来てくれてよかった。

モレイラ騎手にもまた騎手試験を受けてほしいし
実力のある外国の騎手たちに来てほしいですね。

 




 

という事で、今週はJBCスプリントが行われます。


(2017JBCスプリント ニシケンモノノフ)

例年地方場所で行っているレースですが
今年は京都競馬場で行われるんですね~

 

これから少しデータを使えるのではないかと思ったので
JBCスプリントが行われる京都競馬場ダート1200mという舞台から

過去5年に開催されたオープン特別以上でのレースを抽出して
JBCスプリントの参考になるデータを分析してみました。
(条件戦はペースが落ち着きやすいので流れが違うと思い外しています)

ちなみにデータの整合性をとるために単勝50倍以下の馬でデータをとっています。

それでは行ってみましょう!!

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

中央場所のJBCで輝くのはあの馬!

今週「J.H.A」の無料会員に登録してくれた人には
無料で1レースの予想を無料で提供します。

「J.H.A」の情報精度の高さを自らの目で確認してください。

登録費用無料の「J.H.A」は
以下をクリックすると登録できます。
↓ ↓
「J.H.A」の無料予想を見るにはコチラ

↑ ↑ ↑  クリックして下さい。  ↑ ↑ ↑

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

京都競馬場ダート1200過去5年のデータ分析

ダートの短距離戦では基本的に差しは決まらない

まず、最初に注目したのは京都競馬場ダート1200mの脚質です。
以下は京都競馬場ダート1200mでの4コーナーでの順位別成績です。

成績をみてみると

“先行馬に一日の長あり”

という感じの成績になっています。

 

ダートは先行馬が有利

というのは定石ですが、

一気のスピードで駆け抜けることが出来るスプリント戦という点や
平坦の京都競馬場で行われる点から

どうしても差しが利きづらい舞台となっています。

GIとして行われるJBCスプリントでも
この傾向は崩れそうにありません。

先行馬を狙うのは鉄則と言えそうです。

 

念のため、上がり3ハロンの順位別成績を見てみます。

上がり3ハロン1位の馬、2位の馬共に2勝しか挙げられていません。

一般的な上がり3ハロンの成績と比較すると

「末脚自慢の馬が苦戦している」

という事が言えますね。



 

ダート短距離戦は馬体も血統もパワー型に偏る

次に京都競馬場ダート1200mの種牡馬別成績を見てみましょう。

1位はダイワメジャーとなっていますが、回収率の面では振るわず

シスターミニスター、フォーティナイナーズサン、ローマンルーラー

などの外国血統の馬が好成績を収めています。

 

ダートレースになるとサンデーサイレンス系の種牡馬の成績が落ちる

というのは全般的に言える事ですが

京都ダート1200mという舞台については
この傾向が顕著であると言えます。

パワーのある外国馬を狙いたいですね。

 

そして、京都競馬場ダート1200mの馬体重別成績を見てみましょう。

京都ダート1200mの舞台で行われた14レースの中で
500kg以上の馬が12勝を挙げています。

馬体が大きい馬の特徴としては

“パワーに優れている”

という点です。

 

人間の世界では階級別のスポーツが多数あるように
体の大きさはパワーと正比例します。

血統面でもそうですが、体の大きさという面から見ても

「パワーが重視される舞台」

という事が言えます。

 

走りやすい枠順の馬がベター

最後に京都競馬場ダート1200mの枠順別成績を見てみましょう。

1枠と8枠の成績が悪いことが目立ちます。

極端な内枠だと先手を取られた時に馬群に揉まれて
力を発揮できない事が多くなりますし

極端な外枠だとコーナーの外々を回ることになり
距離ロスを被り、物理的に不利になってしまいます。

 

極端な枠順ではなく、バランスの取れた枠に収まることが重要ですね。

 

以上がJBCスプリント2018を攻略するための主たるデータです。




 

まとめ

今年のJBCスプリントは京都競馬場ダート1200mで行われます。

中央場所での短距離戦という事で、
先手を取れるスピード能力とダートを駆け抜けるパワー

この二つが必要となるレースです。

サンデーサイレンス系の種牡馬は不振なので
バリバリの外国馬を狙ってみると面白そうですね。

 

私がJBCスプリントで注目しているのは
1200mを一気に駆け抜ける力を持ったあの馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして注目馬を確認 ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や予想力を上げる馬の見方について
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。