天皇賞秋2018血統予想|東京芝2000mに適応出来るのはどんな血統?

Pocket

天皇賞秋2018において東京芝2000mの内回りコースに
適応した血統はどんな血統か?

という点について過去の実績を踏まえて
血統面から気になる馬場適性を話したいと思います。

 

 

こんにちは、MOTOです。

今週は天皇賞秋が行われますね。


(2017天皇賞秋 キタサンブラック)

私は今まで「血統」とうい要素をそれほど入れてなかったんですが
馬場適性やコース適性を読むのには非常に有効だと思っています。

ですので、血統予想を少し掘り下げてみて
ブログに載せてみようかなと思い、天皇賞秋2018を取り上げてみました。

ただ、一般的なゴリゴリの血統論ではなく
大枠で特徴を捉える血統論を使って予想に活かしていきたいと思います。

 

天皇賞秋は馬場が荒れ始めた東京競馬場で行われるレースなので
いつものスピード勝負という認識では攻略できません。

ですので、東京芝2000mという条件で
パフォーマンスを上げてきそうな血統の馬と
逆にパフォーマンスを下げてきそうな血統の馬を挙げてみました。

 

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

天皇賞秋を完璧に狙って出走してくるのはあの馬!!
大一番で「最高の仕上げ」との情報が飛び交うあの馬は外せない!

突き抜けた情報力を持つ競馬サイト「コイン」

今週のメインレースは天皇賞秋

コインでは天皇賞秋の無料情報公開が決定しています。

今回限り特別無料配信となっておりますので
「コイン」への無料登録は以下をクリックしてメールアドレスを入力して下さい。

『コイン』の登録はコチラ

↑↑ 上をクリック ↑↑

当サイトからご紹介出来るのは30名様のみ!

PR━━━━━━━━━━━━━━━━PR

 

天皇賞秋の馬場傾向

天皇賞秋に合う血統の馬を探す前に
まずは過去の天皇賞秋で好走している馬を探っていきましょう。

過去10年における天皇賞秋における種牡馬別成績を見てみます。

ディープインパクト、キングカメハメハといったビッグ2が
1, 2位を占めているものの、回収率はイマイチ振るわず。

過去の勝ち馬を見てみると

キタサンブラック、ウオッカ、ブエナビスタ、モーリス

などの歴代の名馬が勝利を収めています。

 

それ以外にもジャスタウェイ、ラブリーデイなど
その時に一番輝きを放っていた馬が勝っています。

そういった面を考えると

適性よりも能力というフラットなコース

と言えますね。

 

次に過去10年における天皇賞秋の4コーナーでの順位別成績を見てみます。

 

開幕週から先行馬が活躍するレースですが
開幕が進み馬場が荒れ始めた事から

差し馬が強いレースとなっています。

 

天皇賞秋は直線が長く広いコースで行われるので
無理にポジションを取る必要はないので

器用さや立ち回りの上手さは必要なく
持っている能力が問われるレースとなっています。

 

天皇賞秋過去3年のレースから見る傾向

続いて、過去3年の天皇賞秋の結果を見て
近年の天皇賞秋の傾向も探っていきましょう。

< 2017年 天皇賞秋 不良馬場 >

1000m通過タイム 1分4秒2

1着 キタサンブラック 2分8秒3
3コーナー順位 5位 4コーナー順位 2位  上がり3F 38.5秒

2着 サトノクラウン クビ差
3コーナー順位 2位 4コーナー順位 2位  上がり3F 38.6秒

3着 レインボーライン 2馬身1/2差
3コーナー順位 12位 4コーナー順位 5位  上がり3F 38.7秒

 

< 2016年 天皇賞秋 良馬場 >

1000m通過タイム 1分0秒8

1着 モーリス 1分59秒3
3コーナー順位 5位 4コーナー順位 4位  上がり3F 33.8秒

2着 リアルスティール 1馬身1/2差
3コーナー順位 10位 4コーナー順位 10位  上がり3F 33.5秒

3着 ステファノス 1馬身1/4差
3コーナー順位 14位 4コーナー順位 14位  上がり3F 33.5秒

 

< 2015年 天皇賞秋 良馬場 >

1000m通過タイム 1分0秒6

1着 ラブリーデイ 1分58秒4
3コーナー順位 4位 4コーナー順位 4位  上がり3F 33.7秒

2着 ステファノス 1/2馬身差
3コーナー順位 8位 4コーナー順位 12位  上がり3F 33.4秒

3着 イスラボニータ 3/4馬身差
3コーナー順位 11位 4コーナー順位 10位  上がり3F 33.6秒

 

2017年は不良馬場という特殊条件でありましたが
好走している馬の傾向はハッキリとしています。

道中で脚を溜めての直線勝負

不器用でもいいので、とにかく直線での爆発力を持った馬
全体的な能力の高い馬が活躍していますね。

 

という事で

天皇賞秋の馬場適性と近3年の傾向を合わせた
条件に当てはまる馬を探していきましょう。

 

天皇賞秋出走有力馬の血統と馬場適性分析

レイデオロ

父 キングカメハメハ
母父 シンボリクリスエス

スタミナを中心にバランスの取れた能力を持つキングカメハメハと
全体的に平均的な能力を持つシンボリクリスエスとの組み合わせ

スタミナ色が強く出ている配合で
スピード勝負、瞬発力勝負という点では脆さを見せるタイプ

2歳時と皐月賞のレイデオロを見てみると
気持ちの激しさのようなものがありましたが
今のレイデオロは藤沢厩舎らしく、のんびりと構えて
スケールの大きさで勝負するような馬になっています。

天皇賞秋は馬場も荒れて力の要る条件となりますが
良馬場だと33秒台の脚が必要になってくるレース

レイデオロに向いている条件とはいいがたく
ジャパンカップのようにもう少しが延びた方が良さが出そうですね。

 

スワーヴリチャード

父 ハーツクライ
母父 アンブライドルズソング

豊富なスタミナと持久力を持つハーツクライに
パワーと持続力が持ち味のアンブライドルズソングとの組み合わせ

アンブライドルズソングはミスタープロスペクター系の種牡馬で
スタミナ色が強い産駒が多い馬ですが、アンブライドルズソングはパワーのある馬です。

スワーヴリチャード自身の戦績を見てみても
道中で脚を溜めて速い上がりを使うタイプではなく
前々で競馬をして豊富な持久力で粘り込む

という形が得意な馬です。

開幕週の馬場でのスピード勝負となると厳しい面もありますが
開催が進んだ天皇賞秋の馬場は十分にこなせる下地がありますね。

 

マカヒキ

父 ディープインパクト
母父 フレンチデピュティ(Cactus Ridge)

スピードと瞬発力の鋭いディープインパクトに
パワーとスピードを持ち合わせるフレンチデピュティとの組み合わせ

フレンチデピュティはクロフネの父親として有名ですが
クロフネ以外にもアドマイヤジュピタやエイシンデピュティなど
中長距離でも力を発揮していますが、スピードも持ち合わせています。

マカヒキ自身としては弥生賞や皐月賞で強い内容の競馬を見せているように
ディープインパクトらしい瞬発力を持ち合わせながら
力の要る条件でもパフォーマンスを発揮していました。

開催が進み馬場が荒れ始める天皇賞秋において
マカヒキが持つパワーと瞬発力は天皇賞秋向きの馬だと言えますね。

 




 

サングレーザー

父 ディープインパクト
母父 デュピティミニスター

スピードと瞬発力の鋭いディープインパクトに
パワーとスタミナを持ち合わせるデュピティミニスターとの組み合わせ

先ほどマカヒキのところでフレンチデピュティの話をしましたが
デュピティミニスターはフレンチデピュティの父親です。

フレンチデピュティと比較するとパワー色が強くなっており
全体的にスケールも上です。

サングレーザーの実際の走りを見てみても
重馬場のスワンステークスを完勝したり
洋芝の札幌記念で勝利したりと重い馬場は苦にしない馬で
このあたりはデュピティミニスターの血が活きているといえますね。

マカヒキ同様、天皇賞秋向きの馬だと言えます。

 

アルアイン

父 ディープインパクト
母父 エッセンスオブドバイ

スピードと瞬発力の鋭いディープインパクトに
パワーと持続力がウリのエッセンスオブドバイとの組み合わせ

エッセンスオブドバイの父親はプルピット、祖母はエーピーインディと
アメリカらしいパワー血統の馬です。

道中で溜めて、直線での爆発力に定評のあるディープインパクトですが
アルアインは母父の影響が出ており
ディープインパクト産駒ながらスピードと持続力で勝負をする馬になっています。

先行馬が残りづらく、後方からの差し馬が好成績を収める
天皇賞秋においてアルアインの個性とはマッチしていませんが
力の要る馬場をこなせる点は良いですね。

 

ヴィブロス

父 ディープインパクト
母父 マキャベリアン

スピードと瞬発力の鋭いディープインパクトに
スピードを持ち合わせたマキャベリアンとの組み合わせ

ヴィブロスの母父マキャベリアンは
2歳時に短距離のレースで活躍した馬。

ディープインパクトのスピードと合わせて
軽くてスピード感のある走りをする点が特徴です。

ヴィブロス自身も秋華賞では鋭い末脚を見せて勝利しているように
いかにもディープインパクト産駒というような走りを見せています

溜めての爆発力があるので、天皇賞秋の舞台は悪くありませんが
もう少しパワーがあった方が良いですね。

 

ミッキーロケット

父 キングカメハメハ
母父 ピヴォタル

スタミナを中心にバランスの取れた能力を持つキングカメハメハと
スピードに特化しているピヴォタルとの組み合わせ

ピヴォタルはキャリア6戦しかしておらず
重賞は2勝しておりいずれも1000mのレース

ノーザンダンサー系のスピードを色濃く継いでいる馬です。

ミッキーロケット自身はキングカメハメハからスタミナと
ピヴォタルのスピードが上手く合わさり
3歳時は後方からの末脚勝負で持ち味を発揮してきました。

現在はスピードが少し衰えてきて
スタミナと持久力で勝負するタイプの馬になっており
天皇賞秋の舞台はあまり合っていません。

 



 

まとめ

とここまでの話をまとめると

天皇賞秋に一番フィットした血統を持つ馬は

サングレーザー

二番目にフィットした血統を持つ馬は

マカヒキ

であると結論付けます。

 

マカヒキやサングレーザー以外にも

ヴィブロス、アルアイン、ステファノス など

多くの馬を出走するディープインパクト産駒

ステファノスは過去に2着と3着があるように
パワーを秘めたディープインパクト産駒は天皇賞秋で良く走ります。

スタミナ色の強い

レイデオロ、キセキ、ミッキーロケット、ダンビュライト

あたりは天皇賞秋向きとは言えませんが
当日の馬場の関係で傾向は変わってきそうなので
直前まで条件を考慮して予想を組み立てていきたいですね。

 

という事で、天皇賞秋の予想を頑張りましょう!!

 

私が2018天皇賞秋で注目している馬は
ここは鉄板級の評価を与えているあの実績馬です。

私の注目馬 → 人気ブログランキングへ

↑↑ 上をクリックして確認して下さい ↑↑

 

 

馬券の回収率を上げるための方法論や
予想力を上げる馬の見方については
無料で配信しているメールマガジンで
「回収率アップ講座」という形で情報を提供しています。

予想方法が定まらない、なんとか競馬で勝ちたいという方は
以下をクリックして申し込んで下さい。

無料メールマガジンの登録はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

MOTO

競馬歴20年を超えるベテラン戦士です。 競馬を愛し、馬を愛し、騎手を愛して競馬を楽しんでいるので、競馬場で馬や騎手に罵声を浴びせるようなファンは嫌いです。 エンターテイメントとしての競馬の素晴らしさを伝えるべくブログを書いています。